【中高年のためのプログラミング教室】タイプ別おすすめ!プログラミング&IT学習方法 

前回のブログ  「【中高年のためのプログラミング教室】体験セミナーに参加する4つのきっかけとは?」 では様々な動機でプログラミングやITの学習が気になりだした中高年・シニアの方々のタイプをご紹介しました。

今回はそのタイプ別に、お勧めのIT・プログラミングの学習方法をご紹介しましょう!

タイプ1.   プログラミングが気になっていた人

いきなりアプリ開発を目指すのではなく、まずはプログラミングの全体像と概念をゆっくりと知ることから始めることがお勧めです。 この段階で書籍で独学で始めようとするといわゆる「環境設定」で挫折してしまうので、宣伝になってしまい恐縮ですが、まずはコードの出てこない拙書「教えて♪プログラミング」(高橋与志著 リックテレコム)をざっと読んで、全体像のイメージとアルゴリズムの基礎(逐次実行、分岐、繰り返し)やデータを扱う3つの道具(変数、関数、配列)のイメージを持ちましょう。

そうなると、手を動かしてみたくなると思いますので、環境設定を行わなくても気軽に手を動かすことができる無料のウェブ教材がありますので、Progate,  CodeCademyなどに触ってみてはいかがでしょうか。

ここまで行くと、独学するにせよ難関の「環境設定」をする必要があります。 ここから先は、超初心者向けのスクールに入るか、エンジニアの先生の家庭教師をつけるのがお勧めです。 

中高年・シニアの方々は元々PCの操作が不慣れでITリテラシーが高くない方が多いので、むやみに書籍などで(つまらないところで)挫折して欲しくないのです。それはきっと書籍の著者の方も本意ではないはずですので。

あるい程度慣れていらっしゃる、過去に多少勉強したことがある、という方で、どうしても「もう少し独学がしたい」という方にはドット・インストールという動画学習サイトをお勧めいたします。 

でもこれらの学習サイトでは、「誰かが作った」サンプルアプリをなぞることはできても、自分で作りたいアプリを作る方法と原則は身につきにくいと思います。  やはり、費用をかけてでも早い段階で先生について「作りたいものを作りながら学ぶ」ことが結局は近道になると思いますよ。

 

その2.ウェブサイトくらいは作れるようになりたい人

日頃、どんな人でもウェブサイトを見ない日はないのではないでしょうか?  皆さんにとって最も身近なITの1つがウェブサイトなのだと思います。そんな背景もあって、「とりあえずウェブサイトを作れるくらいにはなりたい」という人は非常に多いです。

そういうタイプの方は、PCの操作といったITリテラシーもそんなに高くないことが多いので、コーディングなどの必要のないWordPressがお勧めです。

WordPressの場合、

・ レンタルサーバーを借りる(6ヶ月で4-5千円程度)
・ WordPressをインストールする

という操作が必要で、これは超初心者の中高年の方々にはちょっとハードルが高いです。できれば、単発のセミナーに参加するなどしてどなたか詳しい方に指導してもらいながら行なうのが良いと思います。 指導者がいれば、1時間未満で終わる作業です。

当スクールで使用しているロリポップサーバー(GMOグループ)http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1NWD8C+58QIMQ+348+64Z8Y
ですと、「WordPress簡単インストール」という機能があって、ボタン1つでインストールが終了するのでとても楽です。TechGardenSchoolではだいたい30分程度で上記の作業が終了します。 


WordPressを設置したら、次にブログタイトルやトップ画像など最低限の体裁を整えましょう。 テーマ(デザインのテンプレート)はデフォルトではいっているWordPress純正のもの(Twenty Fourteenなど)を慣れるまでの間そのまま使って良いと思います。 このあたりも最初は
単発のセミナーに参加するなどしてどなたか詳しい方に指導してもらいながら行なうのが良いと思います。 指導者がいれば、1時間未満で終わる作業です。 

かなり丁寧に解説された書籍やウェブ教材もありますが、超初心者の中高年の方々の場合、「PC操作などのITリテラシーの壁」がありますので、人から直接教わったほうが早くて確実でしょう。


これでブログやウェブサイトを更新しながら学んでいく準備ができたことになります。 


ここからやっていくべきことは以下の2つです。

・ ブログ記事を投稿することに慣れる
なんでも良いので、まずは記事を書くことに慣れることが大切です。 「なんでも良い」というと、かえって皆さん何を書いていいかわからなくなってしまうようなのですが笑。 日常のちょっとしたことや、週末にやったこと、から始まって、徐々にご自分の好きなこと、関心のある事柄に関して書くようにしてみてください。

PCを立ち上げる → WordPressの管理画面にログインする → 管理画面から記事を書く → 公開する

この一連のプロセスを自分ひとりで実行できる習慣を作ることが第一段階です。 1記事600文字を目安に、まずは10記事書いてみてください! 


・サイトの見た目を整えていく
ブログ記事を書いていくと、人から見られることを意識するようになるので、「見られても恥ずかしくないサイトにしなきゃ!」という意識が働くようになります。 とりあえず、見た目を良くするには、

「良質な画像」を使う

ことと、

「サイトの信頼感」を増す

事が大切です。  今は超初心者の段階ですから、最低限以下のことをやってみましょう。

PhotoAC, ぱくたそ などの無料写真ダウンロードサイトからブログ記事のコンセプトにあった画像をダウンロードして、トップ画像や投稿記事に使ってみましょう。

サイトに固定ページを導入して、「このサイトについて」「ブログの著者について」「プロフィール」「お問い合わせ」などを書ける範囲、公開できる範囲で各ページを整えていきましょう。

上記だけでもかなり違いますよ!  


でも超初心者の中高年・シニアの方々には少し難しいかもしれません。 

そうお感じになられましたら、是非一度TechGardenSchoolの無料体験クラス・説明会にご参加くださいね!  心理的なハードルがかなり下がります。

 

その3.  発信したい内容や活動がある!

発信したい内容や活動がある方は、ある意味とてもやりやすいといえます。 そのような方の場合にも、活動の拠点となるウェブサイトをWordPressで構築し、ブログ記事の投稿などを通じて発信活動を開始されることをお勧めいたします。

「やりたいことがある!」方の場合特に、「XXX解決アプリを作りたいんです!」と意気込んでプログラミングの勉強とアプリ開発を同時に目指される方がいらっしゃいます。 何を隠そう、7年前の私がそうでした。 一見理想的なきっかけと行動内容に思えるんですが。。。。

こんな落とし穴があるのであまりお勧めできないんです。 (失敗経験者は語る!  T_T)

ー プログラミングの勉強が基礎的すぎて、作りたいものがとっても遠く見えてしまい挫折。
ー アプリ開発の経験がないので、プログラミング以外の開発作業(アプリ申請作業、セキュリティやDB設計)には全く歯が立たなくて挫折。
ー かっこいいデザインを夢見がちで、自分の作っているものがしょぼく見えてしまい挫折。
ー で、結局エンジニアやデザイナーを探してイベントをはしごしたり、ビジネスコンテスト参加の準備に時間をとられ勉強できない。

でも最大の難点は

★ 最初に自分が思いついたアイデア「XX解決アプリ」にどうしても固執してしまい、顧客の本当の声が聞けない!

ということなんですよね〜  これ、本当にアルアルで、頭では顧客インタビューや本当のニーズの確認の必要性をわかっていても、なかなか実行に移せない意外な盲点です。

「人は既に作ってしまったものに固執する」

これ私も含めて本当なんです!


そこで、自分の思いに縛られてしまう前に、ブログやウェブサイトの運営を通じて、

ー 自分の「本当に助けたい人」は誰なのか?
ー その人の抱える「本当の課題」は何なのか?
ー その課題を解決し、お金が確実にもらえる「解決策・サービス」はどんなものか?

を検証したり、アイデアを複数評価していくことがお勧めなんですね〜   思いついたアイデアを全て実行に移して実験していたら、お金も時間もエネルギーもいくらあっても足りなくなりますよ (← 私の7年前の失敗体験からの結論)。

 

その4.  なんとなく定年後に備えたい

定年まで後5年。準備を無理なく始めたい。 こんな方が増えています。 残りの「少なくない」人生の時間をどう有意義にすごすか、社会と向き合っていくかを考え、準備できる時代になったんですね! とても素晴らしいことだと思います。

こういった方々にお勧めなのが、「自分の棚卸し」です。  

ー 好きなこと
ー 得意なこと
ー 過去の仕事の経験
ー 嫌だったこと、悩みなどの過去の「自分の痛み」

これらが、今後の活動の羅針盤になります。  この棚卸しの作業、自分のことは中々自分ではわからないようで、見ているとどうもお一人では難しいようで、誰か第三者との会話だったりアドバイスをもらいながらやるのが効果的です(「好きで稼ぐ! あなたポジション」を見つけるサービスが当スクールにございます。ご興味のある方は、お問い合わせください)。

ブログやウェブサイトを構築して、記事を投稿し続けるのも、これらを見つけていくためのきっかけとして大変効果的です。最初は、少しでも興味、関心のある出来事や話題についてドンドン記事を書いていくことがお勧めです。そのうちに、自分が書きやすいテーマや切り口の記事数が多くなっているのに気がつくとおもいます。 その内容を整理したり、深掘りすることで、「自分の棚卸し」が自然と進んでいくのです。

そして、あなたのブログ記事に共感してくれる読者の方々は、あなたの将来の活動やビジネスの潜在顧客になってくれるのです!

 

きっかけや動機は違っても、結局目指す所は一緒。「ITを使って、自分らしく輝く、稼ぐ」です。 TechGardenSchoolは、様々なタイプの方々お一人お一人と向き合って最適なアプローチをご提案していく独自の手法を持っています。

少しでもITが気になったら、あなたも一度無料体験クラス・説明会に遊びにいらしてください。 お会い出来るのを楽しみにしております。

無料メール講座  「50歳からプログラミングでビジネスを始める 7つのステップ」

* indicates required

無料体験から始めて、自分に合ったクラスや目標を探していきましょう!
近い目標の生徒さん達と共に、効率よく学ぶことが出来ます。

無料見学お申し込み

合わせて読みたい記事

エンジニアには聞けない超初心者のギモン(5) Git管理って何ですか? 〜 先生、恋もGit管理できますか!?

2014年10月8日

顧客開発入門 第一回クラス

2012年2月21日

HTML5/CSS/Javascriptで一度に作る!ウェブ・スマホデザイン

2011年12月28日

梅クラス修了にあたって

2014年10月25日