【超初心者ITスクールによる書評#40】リーン・スタートアップ

エリック・リース  (著)伊藤 穣一(MITメディアラボ所長) (解説)井口 耕二  (翻訳)のリーン・スタートアップは、著者自らが経験をした起業での失敗や会社を興すためのノウハウが詰まっている本で、スタートアップに対する定義などが的確に書いてあるので、将来的に起業を考えているビジネスパーソンには非常に役に立つ一冊です。

この本は簡単にまとめると、不確実で、将来を見通すことが非常に難しくなっている世界経済や、情勢の中で、自分の考え方にしたがって起業をするためには、どのような知恵や工夫が必要になるのかを、紹介しています。基本的には世界の情勢やイノベーションの進歩に応じて柔軟に対応する経営が必要であると書かれているのですが、それは自転車の運転のように簡単に方向を変えながら進むものであると指導しています。

この本を読んで起業を目指す人は、大切な部分をしっかりとメモをして、できるだけ早く実行することが成功するための第一歩で、このような本を読んでもただ読むだけで、何もしないのが残念な人することです。

ビジネスには様々な経営方法や顧客に対するアプローチ方法があるのですが、参考になる知識がそこにあった場合には、実行してみて、それが本当に正しいのかどうかを判断することが大切で、本を読むだけで満足してしまうことは、ビジネスマンとしてはできるだけ避けなければなりません。逆に本に書いてある有用な事柄を実行できる人は、将来的に成功する人であるとも言えます。

リーン・スタートアップ

新品価格
¥1,944から
(2015/4/15 22:47時点)

無料メール講座  「50歳からプログラミングでビジネスを始める 7つのステップ」

* indicates required

無料体験から始めて、自分に合ったクラスや目標を探していきましょう!
近い目標の生徒さん達と共に、効率よく学ぶことが出来ます。

無料見学お申し込み

合わせて読みたい記事

【超初心者ITスクールによる書評#84】[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000 (中経出版)

2015年6月5日

【超初心者ITスクールによる書評#134】会社を辞めずに年収を倍にする! ノーリスクな副業・起業・独立のためのパーフェクトガイド (講談社BIZ)

2015年6月14日

【超初心者ITスクールによる書評#115】YouTubeでビジネスを加速する方法

2015年6月11日

起業家のためのエンジニア入門文系プロデューサーのためのエンジニア入門

2011年12月29日