【超初心者ITスクールによる書評#63】Web制作者のためのGitHubの教科書チームの効率を最大化する共同開発ツール

Web制作者のためのGitHubの教科書チームの効率を最大化する共同開発ツールという本について書いていきます。

こちらの本は塩谷 啓 (著)、紫竹 佑騎 (著)、原 一成 (著)という方が書かれています。

webを制作するにあたって使う「GitHub」の使い方が詳しく書いてあります。実際のワークフローをイメージしながらできるので実際を理解しやすい作りとなっています。湧いてくる使い始めたころの疑問やリポジトリの作成から複数デザインの提示、「Pull Request」を使った分担作業まで丁寧に解説してあります。こういった本に求められるのはやはり理解ができるか、実際に使えるか、そして初歩的なものから本格的なものまでたくさんのことが分かりやすくみやすく載っていることが大切だと思います。

この方法を覚えると作業スピードもあがり正確性、品質もあがってくることでしょう。

また大切な要素はエンジニア目線では書かれていないということでしょうか。専門的なものは理解できるひとはよいのですが、やはり、最初の一歩を踏み出すにはわかりやすいということも重要だと思います。そういった意味でもこちらの本はとても役に立つと考えます。

この機能を使うとどんなことがよくなるかが書いてあると俄然やる気もでてきます。GitHubを覚えないとだめだけど、こんな難しいものを覚えてどういう意味あるのかな?なにかよくなるのかなと思っているあなたにおすすめです。

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール

新品価格
¥2,376から
(2015/4/21 00:42時点)

 

無料メール講座  「50歳からプログラミングでビジネスを始める 7つのステップ」

* indicates required

無料体験から始めて、自分に合ったクラスや目標を探していきましょう!
近い目標の生徒さん達と共に、効率よく学ぶことが出来ます。

無料見学お申し込み

合わせて読みたい記事

【超初心者ITスクールによる書評#6】SEO対策のためのWebライティング実践講座

2015年3月23日

【超初心者ITスクールによる書評#3】プロになるためのPHPプログラミング入門

パソナキャリアの方に聞いた「学生の内に知っておきたい5つのこと」第1回

2016年12月6日

【超初心者ITスクールによる書評#139】確実に稼げる ヤフオク! 副業入門

2015年6月15日