3-5 2次元配列の作成~中高年のためのプログラミング教室:PHPドリル~

一日一個コツコツ楽しみましょう!

今回は配列の応用編、これが理解できれば配列の考え方は身についていると思います!

Q

$fruit = array("name" => "りんご", "type" => "果物", "count" => 5);

このままだと「りんご」しか扱えません。 配列を入れ子にして、複数の食べ物を扱ってみましょう。

  • みかん

     

    • 名前(name)が文字列「みかん」
    • 種別(type)が文字列「果物」
    • 個数(count)が数値「10」
  • 大根

     

    • 名前(name)が文字列「大根」
    • 種別(type)が文字列「野菜」
    • 個数(count)が数値「2」

A

$fruit = array(
    array("name" => "りんご", "type" => "果物", "count" => 5),
    array("name" => "みかん", "type" => "果物", "count" => 10),
    array("name" => "大根", "type" => "野菜", "count" => 2)
);

配列には、数値や文字列だけではなく、配列等の様々なデータを格納することができます。

array5

まずは外側の配列を考えます。

$fruit = array(何か, 何か, 何か);

3つの食べ物を扱うので、3つの「何らかの値」を持つ配列になります。

後は、個々の「何か」がそれぞれの食べ物(内側の配列)になると考えればイメージしやすいでしょう。

 

如何でしょうか?

少しでもプログラミングに興味を持たれた方や、実際に体験してみたくなった方はまずは無料体験クラスにいらっしゃってみませんか?

無料体験クラスの詳しい内容や日時は下のリンクをクリックしてみてください!

中高年のためのプログラミング教室 無料体験クラス

皆様のお越しをお待ちしております!

「超初心者向け IT創職メルマガ 」 もいかがですか?

 

無料体験から始めて、自分に合ったクラスや目標を探していきましょう!
近い目標の生徒さん達と共に、効率よく学ぶことが出来ます。

無料見学お申し込み

合わせて読みたい記事

【超初心者ITスクールによる書評#31】オープンソース徹底活用CakePHP2.1によるWebアプリケーション開発

2015年4月13日
本2

【超初心者ITスクールによる書評#84】[カラー改訂版]バカ売れキーワード1000 (中経出版)

2015年6月5日
php%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%aa%e3%83%ab%e5%89%8d%e5%8d%8a%e5%9c%a7%e7%b8%ae%e7%89%88_%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99_25

2-7 加算子~中高年のためのプログラミング教室:PHPドリル~

2017年1月1日

【超初心者ITスクールによる書評#109】Google アナリティクス 実践Webサイト分析入門 ユニバーサルアナリティクス対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。

2015年6月9日