Codecademyの始め方、使い方 – TECH GARDEN SCHOOL 好きで稼ぐ!「超初心者」専門ITスクール

logo

Codecademyの始め方、使い方

  • DATE : 2012年01月31日

今日はCodecademyの始め方を日本語のチュートリアル式に解説しますね。 まずは、下の写真をクリックしてトップページにアクセスしましょう。


右の緑のボタンをクリックして開始!

このようにコンソール画面がハイライトされます。最初はなにがなんだかわからないかもしれませんが、大丈夫。>の部分にカーソルを合わせて、”XXX” と任意の文字を「半角英数」で入力します。全角はエラーになりますので、今後「全てを半角英数」で直接入力してください。(実際のプログラミングでもめちゃくちゃ重要です! わかっていても何人もの生徒さんが、全角でスペースをいれてしまい、バグ探しに四苦八苦します(笑))

入力してEnterを押すと緑色の矢印が出て、出力を返してきます。

次の問題は、文字列の長さを返す関数の練習です。例えば、”Yoshi”.length”と入力してEnterを押すと、文字列「Yoshi」の文字の数、5を返してきます。 面白いでしょ?

今度は四則演算の練習です! 2+2 や 2/2 と入力して遊んでみましょう。

ここまでくると、導入のセクションは終わりです。お疲れ様でした! Start the next page のリンクをクリックして正式なレッスン画面に行きましょう。

こちらが、今後あなたが通常見るようになるレッスン画面です。このあたりでアカウントを作りましょう!

アカウントの作り方は2通りあります。 1)メアドを入力する方法 2)Facebookアカウントでログイン する方法です。とっても簡単でしょ? ちなみに私は最初1)で作り、後日2)も行うことで、Facebookのプロフィールの写真や情報を使えるようにしました。 

最初の問題はわかりにくいけど、Enterを押すだけです! この要領で先の問題に進んでいきます。

文法などを間違えると、赤字でエラー表示が! このへんも実際にEditorを使ってプログラミングしているみたいでとってもリアル! わからない場合は「Show hint」ボタンを押すとヒント(というより答えそのもの)が表示されるので安心です。

スクリーン右上の「Courses」をクリックするとこの画面が出ます。この画面、1項目が1週間分で毎週毎週増えていきます。 項目にある「Lesson」ボタンを押すとLessonの画面に行きます。既に解き終わった問題も、再び見たり、繰り返し解いたりすることができます。

右に自分が解いた量に応じて、Codecademyから送られたバッジが表示されます。なんか嬉しんですよね(笑)。

右上の「Profile」をクリックすると自分の進捗がチェックできます。 

毎週このようなメールが送られてきて、今週解くべき課題をお知らせしてくれます! ひ〜って(汗) がんばりましょうね!

まだまだ色々お知らせしたいことがあるけど、今日はここまで。次回をお楽しみに! 

中高年専用に開発されたメソッドを無料体験!
あなたに合ったコースをご案内します。

無料体験クラスお申し込み

無料メール講座50歳からプログラミングで
ビジネスを始める7つのステップ