【50代サラリーマン必見!】ライフプランを検討する際にカバーしなければならない支出項目は?三大支出から想定外の支出まで。 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

【50代サラリーマン必見!】ライフプランを検討する際にカバーしなければならない支出項目は?三大支出から想定外の支出まで。

ライフプラン支出

ライフプランを検討する際にはまず支出項目をしっかりと算定することが重要です。算定した支出をベースに、収支のバランスを検討していきます。支出項目としてはどのようなものをカバーすれば良いのか、終始のバランスはどう取れば良いのか見ていきましょう。

よくある質問:50代サラリーマンがライフプランを実際に検討しようとした際に、どういった支出項目をカバーすれば良いか教えて欲しい。
回答:ライフプランを検討する際には人生の三大支出と言われる「教育費用」「マイホーム購入費用」「老後資金」をはじめ、様々な項目を広くカバーしておきましょう。ライフプランを検討するとどうしても支出が収入を上回る時期が出てきます。余裕ある生活のためには老後も自らのスキルで月数万円程度の収入源を確保しておくことも検討します。

ライフプランの大切さについて

「ライフプランとは何か」、「ライフプランがなぜ必要なのか」についてはこれまでも当ブログで解説してきました。特に当スクールで多くキャリア支援をしている50代という年代は、老後を見据えてしっかりとしたプランニングをしておくべき時期にあたります。50代の方にとってなぜライフプランニングが大切なのかは記事「50代からのライフプランニング、必要なお金を計算してライフプランニングを立てよう」をご覧ください。

次に、実際にご自身でライフプランニングを進める際に必要な知識や考え方については「ライフプラン表の作り方解説!簡単3ステップで始める将来設計」や「定年後のライフプランのケーススタディと収入確保の方法」をご覧ください。

ライフプランの鍵となる支出について

本記事ではライフプランを左右する支出に焦点を当てて解説していきたいと思います。お金はもちろん収入と支出の両面がありますが、コントロールしやすいのは支出の方。どの程度の支出がかかるのか算出してから、必要な収入を逆算していくのがポイントです。

ライフプランニングで見逃せない人生の三大支出

人の一生には様々なお金がかかりますが、その中でも人生の三大支出(資金)と言われているのが「教育費用」「マイホーム購入費用」「老後資金」の3つです。それでは一つずつ見ていきましょう。
最初に「教育費用」ですが、これは子どもの教育にかかる費用のことです。本ブログの読者層である50代の方は、お子様が高校生や大学生になり、最も出費が大きくなる時期で、実際に実感しているのではないかと思います。子ども一人当たりの教育費は最低でも1千万円とも言われ、これは習い事や塾などを除き、大学まで全て国公立に通った場合です。私立に通わせるとなると総額2500万円ほどかかるとされています。特に大学生になって一人暮らしをするようになると、学費と家賃などで最も多くの費用がかかる時期となります。留学に行きたいとなった場合にも多くの追加費用がかかってきます。この時期には家計の収支がマイナスとなる家庭も多く、住宅ローンの返済に不安を覚えることも。まさに50代家庭を直撃する問題ですが、この状況がいつまで続き、いつから収支がプラスになるのか、そのためにどうするのかの検討が必要です。

※教育費については次の資料を参照:文部科学省「平成30年度子どもの学習費調査」、独立行政法人 日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査結果」

続いては「マイホーム購入資金」です。住宅の購入をせず、賃貸を続ける選択肢も増えていますが、この場合でも毎月の家賃がかかってくることにかわりはありません。教育資金については子どもの希望や受験結果にも左右されますが、マイホーム購入資金についてはいつ、いくらの出費をするのか自ら決めることができます。50代であればすでにマイホームを購入済みという家庭も多いはず。そうなった場合、ローンの返済を毎月の収支と照らし合わせることに加え、「住み替え」について検討することも一理あります。都心など住宅価格が高騰している地域にマイホームを持っている場合は、資産価値を算定し、売却することも一つの手です。子どもが社会人になって自立すると、必要な部屋数や間取りも変わってきます。コンパクトな新居に引っ越せば、毎月の支払額を下げることができるかもしれません。将来の家族の生活形態を検討し、マイホームのあり方も考えましょう。

最後は「老後資金」です。これは正直いくらあっても安心できないというのが正直なところではないでしょうか。厚生労働省の発表を見れば、日本人の平均寿命は伸びており、人生100年時代とも言われています。またインフレ(物価上昇)や増税の議論などもニュースを賑わせています。老後になると病気になったり、介護施設に入ったりとお金がかかることも多くなります。総務省統計局が毎年発表している「家計調査年報(家計収支編)」では、65歳以上の夫婦世帯において、公的年金だけでは毎月6〜7万円が不足するとされています。これを老後生活を30年として計算するとおよそ2,000万円弱となります。みなさんも聞いたことがある「老後2,000万円問題」です。ゆとりある老後を過ごすためには、できるだけ生涯現役を続け、少しでも収入を得続けるということがポイントです。

その他の支出

その他には子どもの結婚や出産にかかる費用、自営業や事業を営んでいる人は事業にかかる費用なども比較的大きな負担となりやすい費用です。各家庭の状況に応じて特有の支出もありますので、上記の三大支出以外の項目も念頭におきましょう。

「想定外の支出」もなるべく想定にいれておく

さらに、人生には想定外の支出というものが存在します。最初にあげられるのが病気です。元気な人でも突然病気になることがあり、この場合は治療と収入源のダブルパンチが家計を襲うこととなります。交通事故や労災などの事故も同様です。そして近年大規模な自然災害の発生が見られ、住居や仕事に影響が出るケースが少なくありません。災害の予測というのはできませんが、ライフプランを考える上では、ギリギリのプランを検討するのではなく、不測の支出に対応できるような余裕を持ったプランを立てたいものです。

余裕をもったライフプランのためには収入の確保が必要

日本人は金融リテラシーが低いとされ、もっと投資に資金を回したほうが良いと様々な宣伝を目にしていることでしょう。もちろん投資もライフプランを立てる上では大きな助けになってくれるものです。一方、会社員の引退後も収入源を持ち続けることも一つの手段です。計算できる収入源があると安心してライフプランを立てることができます。

プログラミングやウェブの知識を得て在宅ワークで収入を得る方法も

先に老後資金の不足が月6〜7万円であるとお話しました。会社員の引退後、必ずしも現役時代と同じ金額を稼ぐ必要がないという場合には、この不足額を埋め合わせるだけの収入を目指すというのが一つの目安です。当スクールでもフリーランスとして月5万円稼ぐことを目的にプログラミングやウェブを学んでいる人も多いです。

専門知識がなくても比較的参入しやすいウェブライティングの分野で月5万円を達成した生徒様の事例を紹介しておりますので合わせてご覧ください。
【50代クラウドワークス事例】記事ライティングで月5万円を達成しました!

ライフプランを立てる上ではまずは支出の算定から。人生の三大支出と言われる「教育費用」「マイホーム購入費用」「老後資金」をはじめ、各家庭に特有の支出や想定外の支出も含めて余裕のあるライフプランを立てましょう。余裕のためには老後にも月数万円程度の収入源を確保しておくというのがポイントです。

当スクールには50代からフリーランスとして毎月数万円稼ぐスキルを身につけることを目的として通っている方も多くいます。これまでの指導実績からあなたにあったプランをご提案できます。関心がある方は無料カウンセリングにお申し込みください。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング