【50代会社員のための学び直し】ゴールから逆算するオススメの学び直しとは? – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

【50代会社員のための学び直し】ゴールから逆算するオススメの学び直しとは?

50代になると会社での地位も見えてきて、今後何か別なことをしたいと思うこともあるかと思います。学び直しは政府も積極的に取り入れてるプログラムですので、新たな事に挑戦するもよし、興味のあることを学び直すなど50代だからこそ出来るチャレンジをしてみましょう。

よくある質問
最近 中高年や50代の学び直し(リスキリング)という言葉をよく聞きますが、何の為に何を学べばいいのでしょうか

回答
失敗しない学び直しには目的設定が大切です。 今の職場で輝き続けたい人や新しい働き方のできる職場に転職したい人には、業務効率化スキル (エクセルVBA, Python、RPA、ノーコードアプリ開発)や 人工知能・機械学習、データ分析などがおすすめです。 副業・フリーランスを目指す人には アマチュアでも案件獲得のしやすいITスキル エクセルVBA・Python, ウェブコーディングがおすすめです。

50代の学び直しの背景と意味とは

平均寿命が伸びて人生100年時代の到来と言われてます。またテクノロジーの進化で現在の約半分の仕事は自動化されるリスクがあると言われてます。50代になって学び直しをする必要がある背景と意味について説明します。

50代学び直しの背景

日本は戦後急速な復興と成長を遂げましたが、バブル崩壊後は停滞が続いてます。そんな中アメリカ企業や今では中国企業が台頭して、家電で一世を風靡した日本メーカー、生き残ってるメーカーでさえ業態を変えながら頑張ってます。時代の変化で生き残る職業や業務もあれば消えていく会社や職業もあり、生き残ったとしても今の知識やスキルでは通用しなくなる恐れがあります。学び直しは新しい時代に合わせて生きていくことに必要です。終身雇用が定着している日本の会社は海外では珍しい雇用慣習です。昨今では早期退職を募る会社や派遣社員を増やす会社などが増え、終身雇用を守っていくのは難しい時代になっていきます。どの会社に入るのかより、何の仕事をするのかという方が大事になっていきます。逆にいうと会社に縛られずにキャリアアップ出来る余地があるので、そのために必要な知識やスキルを身につけることが学び直し(リスキリング)です。

50代学び直し(リスキリング)の意味

学び直しを辞書で調べると、「以前に学んだものをもう一度学ぶこと。特に社会人が学校教育で学ぶ内容の知識を勉強し直すこと」と書いてます。しかしながらここでいう50代の学び直しの意味は、学校教育で習ったものを勉強し直すことだけではなく、社会人になってから経験したことの深掘りや今後の社会で通用する新しい知識やスキルを身につけるための新たなキャリのために勉強することを意味します。

失敗しない学び直しには目的設定が大事!

50代の学び直しは若い頃とは違いなんでもかんでも手をつけるのではなく、キャリアプラン、ライフプラン、マネープランから逆算した明確な目的を持つことが失敗しない条件です。
それではどのような目的を持てばいいのかピンとこない人もいるでしょうが、子供の教育・結婚、ご自身の住居や旅行などの計画(ライフプラン)、生活や入院・介護などライフイベントにいくら必要で(マネープラン)、仕事や社会貢献活動をどのようなスタイル・組み合わせで何歳くらいまでのキャリアを想定するのか(キャリアプラン)を自分で考えることが必要です。 ここでは上記プランから逆算した場合に想定される働き方から学び直し(リスキリング)について考えてみます。

ライフプランの参考記事
ライフプラン表の作り方解説!簡単3ステップで始める将来設計

マネープランの参考記事
【50代会社員マネープラン】役職定年になると退職金も減るのか?年収はどうなるの?

目的1 : 今の職場で輝き続ける

70歳定年法の流れに乗って、働き慣れた今の職場でお荷物シニアにならずに、第一線で輝き続けたい方も現実には多いと思います。 そのためには、1)業界や職種での専門性を高め、体系的に学び直す 2)どの世代とも快く働けるコミュニケーション、共感力を磨き直す ことが土台として必要になります。 特に職場の老害とならないよう2)コミュニケーション力 については十分な注意が必要です。 その上で、更にあなたの人材価値を高めるために学び直すのであれば、ITを学んで業務効率を上げることができるDX人材を目指す、 英語を学んでビジネスの守備範囲を広げる、など今の自分が置かれている状況を考えて、今後何をすれば自分が会社で輝き続けることが出来るかを考えてみましょう。

目的2: 新しい働き方のできる職場に転職

今の職場でも悪くないが、出来れば「在宅OK」「地方の仕事」「複業OK」などの新しい働き方のできる職場で心気一転したいという方もいます。しかしながら転職しても思うような仕事やポジションが手に入るのか、どのような上司なのか、収入はどうなのかと不安は多いかと思います。
そのような方は、今まで培ってきた業界や職種での豊富な経験に、プログラミングやITリテラシー、英語や資格などの付加価値を加える学び直しを50代のうちから始めて競争力を高めておくことをおすすめします。

目的3: 副業から始めて、フリーランスを目指す

「定年後はフリーランスになりたいけれども、現実的には副業から始めてまずは月5万円を目指したい」という50代会社員が増えています。 フリーランスで生活ができるレベルまでには時間と辛抱が必要ですので、まずはクラウドソーシングなどに登録して仕事獲得を目指す、というのはオススメの考え方です。

クラウドワークスのサイトに行くと、IT関係に限らずアンケートやライティング、データ入力や資料作成など文系会社員でもとっつきやすい案件も多く存在しますので、今あなたが持っているスキルで納品可能な案件に応募し続けるのが良いでしょう。 この段階では単価が安くても良いので実績5件を目指します。 今まで自力で直接稼いだことがない50代会社員にとっては、クラウドソーシングにプロフィールを登録したり応募すること自体が立派な「学び直し」と言えます。

次の段階では、ウェブ制作などあなたに最適な案件分野を見つけて、より高い単価の仕事にレベルアップするためのスキルの「学び直し」を行うのが良いでしょう。

このようにフリーランスとしての視点を獲得できれば、 ITの外注先に適切に発注できるようになったり、業務委託契約の勘所がわかるようになるなど、現在の勤務先や新しい職場で様々な面で貢献できるようになるはずです。

参考記事
中高年がクラウドワークスを始めて最初にやるべきこと

目的4: 好きで稼ぐ!

「定年後は今までできなかった、好きなこと、やりたかったことで稼ぎたい」という中高年の方も一定数いらっしゃいます。ビジネスの大小に関わらず、自分のアイデアをマネタイズするには更に時間と辛抱が必要となりますので、生活費は別の手段で確保した上で取り組むのがおすすめです。 今まで素手で稼いだ経験なしに早期退職して退職金を元手に起業する、という行動はリスクが高いので全くおすすめしません。

この場合も、「好きで稼ぐ!」ための方法論を試行錯誤しながら実践していくこと自体が貴重な「学び直し」と言えます。 具体的には、

1) あなたポジションの獲得 ー 誰のどんな課題を解決するかを決めて、競合のいない場所でビジネスモデル化する
2) 集客の仕組みづくりと最初の1000円を稼ぐ ー メルマガなどで潜在顧客を獲得し、お金を払う顧客に育てる

というものですが、小さい規模でもこれができるようになれば、「サラリーマンしかいない」現在の勤務先や新しい職場でのビジネスに貢献することはとてもかんたんですし、コンサルタントになることも視野に入ってきます。

目的5:好きなこと、趣味を深めて生きがいを作る

ゲームに夢中になっているうちにプログラミングをやるようになったというように、自分の好きなことや趣味には時間を忘れていつまでも出来るものです。お金や仕事になるかどうかといった実利は一旦忘れて、今現在の趣味や好きなことを改めて勉強し直すプロセス自体が生きがいになれば、人生の満足度は確実に上がることでしょう。 最終的には急がば回れで、趣味と実益を兼ねた仕事に「結果として」結びつくことは良くあることですし、最も高くて遠い場所に行けるのはこのタイプの人だと思います。

50代会社員におすすめの学び直しとは?

テクノロジーの変化で新たな仕事が生み出され、仕事に求められるスキルが変わっていく中で、生涯学び続ける姿勢が重要になってきます。しかしながら日本はデジタル競争では世界に遅れを取っており、ITニーズが拡大する中でIT人材の逼迫が目に見えている状況です。時代の変化を意識しつつ常に学び続けるマインドを持ちましょう。

学び直し1:今の職場での専門性を高める

あなたの今の勤務先の業界、業種における専門性を高める学び直しをまず検討して損はないと思います。専門性を高めるには1)より深く学ぶ 2)仕事の幅を広げる という考え方があります。例えば、あなたが自動車メーカーの営業職だったら、 1)デザインやブランドにおける行動経済学を学び、自動車の購買心理に応用する。 2)電気自動車とCO2削減の関係や、半導体のサプライチェーンについて学んで顧客の疑問に応える。また、英語を学んで日本の駐在外国人にも営業できるスキルを身につける ようなイメージです。

学び直し2: スキルを証明し、実務に直結する資格取得を目指す

資格は新たな職場に移る時には履歴書に書けるので書類審査上有利になりますし、今の職場でも専門性をアピールして自分の社内でのポジションを守ることに役立ちます。 また、資格取得という目標があれば、勉強を継続する励みになり挫折しにくくなります。

1) 実務直結で転職に有利なおすすめ資格
簿記2級、宅建、電験3種 など

2)スキルや素養を証明するIT系資格
VBAエキスパート、ウェブデザイン技能検定(国家資格)、ウェブ解析士 など

参考記事
50代から取得して収入につながるおすすめの資格と勉強法、50代だからこそ資格取得すべし

50代からのリスキリングに役立つ資格とは?

学び直し3: 経験xITでDX人材を目指す

50代の強みとはなんと言っても経験です。どのような仕事であれ30年の経験は必ず役に立つはずですので、その経験を活かしどの業務でも適用できる業務効率化を図るエクセルVBAやRPAなど学ぶことで、DX人材として今の職場でも輝き続けることができますし、転職の際も即戦力として有利になります。

学び直し4:副業・フリーランスを目指す

クラウドワークスにある案件では、非IT系の分野だと、経理データの入力処理や仕分け、記事ライティング、文字起こし、資料作成などがおすすめです。

IT系の分野ですと、未経験の50代中高年が月5万円を目指せるのは、ウェブページのコーディング、エクセルVBAやPhytonでの自動化、動画制作など、アマチュアでも納品可能な領域の仕事です。 データサイエンティスト、人工知能エンジニア、システム・アプリ開発関連の案件はプロ領域の仕事ですので、この分野でフリーランスを目指すのは大変難しいのでおすすめしていません。

学び直し5:好きで稼ぐ!

好きで稼ぎたいのであれば、入り口としてWordPressによるブログサイトの構築と運用を学ぶのがお勧めですです。
自分のブログサイトを構築して、趣味の記事を執筆していくと、自然とその分野のファンが集まるようになり、将来あなたの作った商品を販売できる土台となります。 記事の内容に関連した、動画制作などもいいでしょう。自分の好きな事を動画にして自分のブログで紹介するというようなこともできます。

まとめ

色々な50代の学び直しをみてきましたが、まずは何のために学び直すのかという目的をはっきりさせてから、何を学んだらいいのかを決めればいいのです。会社に勤めるにしろフリーランスになるにしろ50代の学び直しは経験とIT技術を組み合わせて、自分の学びたい事と時代に合わせたスキルをつければきっと輝いていられるでしょう。

TechGardenSchoolなら、50代会社員の目的1から目的5までの学び直しに全て対応可能です!

TechGardenSchoolは未経験の50代会社員でも目的に応じたITスキルを学べます。プログラミング、エクセルVBA、Phyton、ウェブデザインなど自分のやりたい事を選んで勉強可能です。まずは無料カウンセリングであなたのセカンドキャリアプランをご相談ください。 あなたに最適な学び直しをオーダーメードでご提案します。
無料カウンセリングはこちらから

次に読みたい

学び直しのタイミングの理由がわかります。
50代が絶好のタイミング!今後のキャリアにも活かせるおすすめの「学び直し」を解説

おすすめ無料サービスと無料e-Book

プログラミングの学習法がわかりやすく解説されてます。
無料e-Book 「中高年が今すぐ登録すべき在宅ワークの情報ソースリスト」

無料e-Book 「ゴールから逆算するオーダーメイドカリキュラムの作り方」