エクセルVBAでできることと学習方法:VBAでできることは数多く業務効率化が実現可能 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


ささいな疑問でも
お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可
※営業のお電話はご遠慮ください。

無料電話相談はこちら


ささいな疑問でも
お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可
※営業のお電話はご遠慮ください。

エクセルVBAでできることと学習方法:VBAでできることは数多く業務効率化が実現可能

エクセルVBAでできること

よくある質問:日々の業務を効率化するためにエクセルVBAを使いたいと考えていますが、自分の仕事にも役立つでしょうか。また、VBAの使い方はどうやって勉強するのが良いでしょうか。

回答:エクセルで行っている業務であればほぼ全てVBAで実現できます。また、その他パソコンを使って行う多くの操作もVBAで自動化できます。ですのであなたの仕事にも必ず役立つはずです。VBAをの使い方は書籍やウェブサイトなど多く見られますが、自由に使いこなすようになるためには、学習環境が整ったスクールに通うことも選択肢に入ってきます。

エクセルの様々な業務を効率化できるエクセルVBA。エクセルだけに留まらずワードやウェブの操作も可能です。労働時間の圧縮が求められる昨今、日々の業務に活かしたいと勉強されている方も多いです。エクセルVBAでどのようなことができるのか、どのよのように習得できるのかを解説します。

エクセルVBAでできることとは?

「エクセルVBAでできることとは?」という質問に対して回答すると、「普段エクセルで行っている作業はだいたいVBAでできます」ということになります。

例えば決まった文字の検索や置換、項目別にシートをコピーする、複数のシートのデータをまとめるなどです。管理業務をしていると様々な定型処理が発生すると思いますが、VBAができるようになるとルーティン業務から一気に解放されます。

そもそもVBAとは?マクロとVBAの違い

VBA(Visual Basic for Applicationsと同じくマクロという言葉も聞こえてきます。あまり意識する必要はありませんが、マクロは実行する処理そのもの、VBAは処理を実施するためのプログラムを書くプログラミング言語のことで、VBAで命令をしてマクロが実行されるという形です。

そのため、日頃の会話の中ではあまり意識して使い分けなくても問題はないでしょう。

エクセルで行う作業はVBAでできる

VBAが優れているところはなんといってもほとんどのエクセルの作業を代替できることです。

売り上げ計算をするときによく出てくる、月別に売り上げを集計して表に出力する作業。スケジュール管理表で期限切れなどによりセルの色が変わっている行や列だけ表示したり非表示にする作業。このような週次や月次でよく実施する作業をVBAであれば自動でしょりすることができます。

手動で行うよりもミスが起きるリスクを減らせることも魅力的なポイントです。

エクセルに限らずワードやウェブ操作もVBAでできる

VBAが活躍する範囲は実はエクセルだけに留まりません。例えばエクセルの表をワードへ転記すること、メールを作成・送信すること、ウェブサイトを自動で開いてデータを取得することなど、様々な応用が可能です。

デスクワークの中で定型業務や大量処理が必要な業務はかなりの領域でVBAの活用が可能です。ただしVBAは大変便利ではありますが、複雑な作業になるとしっかりとしたプログラムを書く必要が出てきます。

様々なことが実行できるエクセルVBAの効果的な習得方法

マクロを記録する機能で作ることもできますが、やはり自由度が高いのはVBAでプログラムを書く方法。

そのためには多少なりともVBAの書き方を勉強しないといけません。勉強方法には大きく分けて2パターンありますので、ご自身にあった方を選んでみてください。

エクセルVBAで実行したい操作をネットで検索する

VBAについて解説している書籍やウェブサイトはたくさんあります。VBAでどのようなプログラムを書けば良いか具体的にコードが載っているものも多いです。

自分がマクロで実行したいことがうまく見つかればこの方法でも構いません。しかし書籍などで紹介されているのは基本的なものが多いため、自分でプログラムを書かなければならなくなったとき、基礎がわからなかったり、壁にあたってしまうことが多いようです。

エクセルVBAを教えてくれるスクールに通う

VBAの仕組みから体系的に学習するためにはスクールという手段もあります。多くのプログラミングスクールがありますが、それらのスクールの中にはVBAを扱っているところも多いです。

スクールの効率的なVBA学習カリキュラムも有益ですが、最もスクールが優れている点は先生やチューターに直接質問できることです。やはりプログラミング初心者やパソコン操作に自信がない人は書籍を見ていても難しいことが多いです。

当スクールの生徒の話を聞いていても、独学をしていた時は自身の画面と書籍の写真が異なっている場合など、何が原因かわからず先に進めなくなってしまい苦労したと言います。

効率的に基礎から学び、実力として使えるVBAを身につけたい場合にはスクールへ通うことをおすすめします。

VBAで業務を効率化して時間に余裕を持とう

VBAによりエクセルの作業を自動化できたら、どれくらい時間に余裕が持てるでしょうか。

例えば月別の売り上げ集計に30分、表の作成に30分、ワードなどの資料への転記に30分かかっていたとすると、この一連の作業をVBAで自動化することにより1時間30分が生み出せることになります。

スタッフを多く抱えている営業部門などでは日毎のスタッフの行動や売り上げなどを進捗管理している場合、このような集計作業を毎日1時間自動化できるだけで月に20時間ほど余裕が生まれます。1日8時間労働と計算すると、2日半削減できたことになります。

余裕になった時間は残業の削減になったり、戦略や仕組みを考える時間にしたり、部下と向き合う時間を増やしたり、より高度なことや組織運営にかける時間に使えます。VBAにできることはVBAに任せ、部署全体に目を行き渡らせる余裕のある上司を目指してみるのはいかがでしょうか。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」