シニアが通うべきパソコン教室の条件とは?【千代田区半蔵門のシニア専門プログラミングスクール】

中高年のためのプログラミング教室 TECH GARDEN SCHOOL

中高年こそプログラミング

シニアが通うべきパソコン教室の条件とは?【千代田区半蔵門のシニア専門プログラミングスクール】

今、パソコン教室はシニアに大人気です。
趣味として始める方はもちろん、自身のキャリアに新たな一面を加えるべく教室に通い始める方も少なくありません。
そして、そんな人気に呼応するかのようにパソコン教室も続々と増え続けています。
これからパソコン教室に通ってみようかな、とお考えされている方の中には、一体何を基準に教室を決めればよいのか判断がつかなくて困っている、というシニアの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
テックガーデンスクールは千代田区半蔵門の通いやすい立地とオンラインの組み合わせで様々な生徒さんを迎え入れてきました。
今回は、これまで多くの生徒さんを見てきた経験から、シニアがパソコン教室を選ぶ際に着目したいポイントをお伝えしようと思います。

シニア向けのパソコン教室 どんな種類がある?

講義形式かマンツーマン形式か

講義形式の場合、受講生の平均レベルに合わせてクラスが進んでいきます。
そのため自分のレベルに合うパソコン教室を見つけられれば良いのですが、特にシニアにとっては教室についていけなくなってしまうリスクが伴うのがネック。
その点、マンツーマン形式であれば自分のペースに講師が合わせてくれますので、ついていけない、という心配はなくなります。
但し、マンツーマン形式の教室の受講料は講義形式の教室と比べると割高になりやすいため、一概にどちらの方が良い、と言い切れるものではありません。

レベルはどこからどこまでカバーしているのか

一言でパソコン教室、と言っても教えている内容は様々。
通常のパソコン教室は、パソコンの電源の入れ方、マウスやキーボードの使い方から始まり、写真をメールに貼ったり、ワード・エクセルの使い方を教える、といったスタイルが普通ですが、最近の社会のIT化・DX化の流れを意識して、当スクールのようにプログラミングをメインで教えている、という教室もあります。
自分の現在地と身につけたいスキルを照らし合わせて、最短で自分の目的に辿り着けるパソコン教室を見極めたいですね。

月謝制かチケット制か

月謝制の場合、毎月決まった回数受講できるようになっているため、同じ曜日、同じ時間帯で通われる方も多く、その分パソコン仲間もできやすくなり習い事感覚で教室通いを継続しやすいと言えるでしょう。
逆に普段忙しくされているシニアの方で、隙間時間を有効活用したい、というケースでは単発で教室に通えるチケット制がオススメです。

オンラインか対面か、サポートがあるか

昨今すっかりオンライン形式の教室が市民権を得ましたが、パソコンを習うにはまだまだ対面の方が望ましい場面があるのも確か。教室にはオンラインのみ、対面のみ、オンラインと対面の組み合わせなど様々な形式があります。そしてオンラインの場合でもチャットやビデオミーティングなどで個別サポートがある場合と無い場合があります。最も効率的かつ時代にあっているのは、知識習得をオンラインで提供し、実践を対面サポートで実施してくれる教室ではないでしょうか。

シニアがパソコン教室を選ぶ際にチェックすべき5つのポイント

①同じ質問を何度でもできる環境が整っているか

特に今まであまりパソコンを触ってこなかったシニアの方にとっては、耳馴染みの無い専門用語だらけの教室についていくのは決して簡単なことではありません。
そこで重要なのが、教室のシステムとしてきちんとフォロー体制を準備しているかどうか、という点です。
予習が前提で講義が進んでしまったり、理解が追いついていないのに質問できるタイミングが無いまま講義が進んでしまったりすると、その講義の時間は丸々無駄な時間になってしまいます。
また、そのような状況が続いてしまえば「やっぱり自分にはできないんだ」とパソコンに苦手意識を植え付けられたまま退会してしまうような事態にもなりかねません。
特にパソコン教室に通い始めて日が浅い段階では、きちんと学習進度を確認しつつ同じ質問を何度でも質問できるような環境が(講師の裁量ではなく)教室のシステムとして用意されているかどうかが、シニアがパソコン教室選びをする際の最初のチェックポイントになります。

②同世代の仲間がいるか

パソコン教室の中にシニア世代の仲間がいる、ということは、シニア世代でもついていきやすい環境が整っている教室である可能性が高いということです。
また、同じパソコン教室に自分と同じシニア世代がいれば、自然と仲間意識や競争意識も生まれるため、学習意欲の高まりや継続率アップも期待できます。
できれば事前にネットなどでそのパソコン教室にシニア世代がいるのか、いるのであればシニア世代が多数派なのか少数派なのか、という点だけでもチェックしておきましょう。

③継続しやすいシステムになっているか

せっかくパソコン教室に通い始めたのであれば、少なくとも当初に立てた目標を達成するまでは通い続けたいですよね。
ですが、残念ながら途中で断念してしまう方も中にはいらっしゃいます。
理由は様々ですが、やはり教室のペースについていけなくなってしまったり、チケット制の場合には忙しい時期に一定期間通わなくなってしまうと再び通う時間がとれるようになっても教室に戻りづらくなる、なんていうこともあるようです。
また、月謝制の教室でも毎月の月謝が高額ですとやっぱり継続は難しいですよね。
継続のしやすさを考えるのであれば、個別のサポートが手厚く、かつ月謝制の教室、それもあまり高額でない月謝である、というのがチェックポイントになります。

④目標達成のためにカリキュラムをカスタマイズできるかどうか

なんとなくでパソコン教室に通い始めてしまうと意外と見落としがちなのが、その教室の提供しているカリキュラムです。
自身が身につけたいパソコンスキルが習得できるカリキュラムになっているかどうかはもちろん、同時に確認したいのが、カリキュラムに不要な時間が含まれていないかどうかという点。
たとえば文字入力が出来る方がエクセルだけ習いたいと思ってパソコン教室に通い始めたのに、カリキュラムの中に文字入力の時間があったら、それはその方にとっては無駄な時間になってしまいますよね。
なるべく自身の目標に沿って過不足の無いカリキュラムを提供してくれる教室を探すべきですし、理想を言えば入学前にきちんと一人ひとりの現在地と身につけたいスキルを確認した上でどのようなプランだとどこまで対応できるのかを説明してくれる教室だと安心ですよね。

⑤仕事に直結するレベルまで到達可能かどうか

実はこれが一番重要なポイントだと思っているのですが、シニア向けのパソコン教室の多くは「年賀状作成」や「ワードやエクセルの基本的な使い方」を修得することを最終目標としており、パソコン初心者から仕事に繋がるレベルまでスキルを高めてくれる教室というのは中々見当たりません。
しかし、せっかくお金を払ってパソコン教室に通うのであれば、仕事に繋がるスキルまで身につけられるのが理想ではないでしょうか?

仕事に繋がるスキルを身につけたいシニア向けの教室「パソコン教室」+「プログラミングスクール」+「起業塾」が一つになった!  
TechGardenSchool

TechGardenSchoolはシニア専門のプログラミングスクールです。
パソコン初心者のシニアでも、ゼロから、簡単なプログラミングまで学べるカリキュラムが整っており、シニア世代が今まで築き上げてきたキャリアと組み合わせることによって仕事に直結するスキルまで修得して頂けるよう一流講師が全力でサポートしています。
今から仕事に繋がるスキルを身につけることができる教室をお探しであれば、是非一度オンライン無料個別カウンセリングだけでも受けてみてください。 無料カウンセリングの詳細はこちらです。

オンラインと対面の組み合わせでスキル向上を効果的にサポートします。教室は千代田区半蔵門にあり、通いやすい立地です。
詳細は当スクール紹介ページをご覧ください。
みなさまのご参加、お待ちしております!

執筆者プロフィール:高橋 与志(たかはし よし)
「中高年のためのプログラミング教室」TechGardenSchool代表
1967年生まれ。慶應義塾大学理工学部大学院修士課程卒。米系メーカー研究所、英系日用品メーカーを経て、日系メーカー研究所所長を歴任。イギリス、アメリカ駐在経験あり。
2011年Club86 Startup School(現TechGardenSchool)設立
英国国立レスター大学MBA取得。慶應義塾大学政策メディア研究科後期博士課程中途退学。
メンター三田会、 情報産業三田会会員 日本将棋連盟公認普及指導員、剣道2段、大日本茶道学会会員
著書に『図解  50代からのプログラミング』『教えて♪プログラミング』『めくって♪プログラミング』(リックテレコム)などがある。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book
「50代会社員がプログラミングで
月5万円稼ぐ方法」

無料メール講座 & 無料e-Book「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」