プログラミングで定年後も稼げる?年齢を気にせず学ぶ姿勢を大切に!

中高年のためのプログラミング教室 TECH GARDEN SCHOOL

中高年こそプログラミング

プログラミングで定年後も稼げる?年齢を気にせず学ぶ姿勢を大切に!

プログラミングで定年後も稼ぐには?

40代、50代になると、少しずつ定年後のことに意識が向き始めるでしょう。そのなかで、プログラミングを学ぼうと考える人はたくさんいます。

定年後を視野に入れて新しいことを学ぼうと考えていても、プログラミングが定年後の仕事に役立つのか疑問に思うかもしれません。また、プログラミングを学ぶなら若いほうがよいのではないかと、年齢について悩むこともあるでしょう。

この記事では、プログラミングを定年後にどう生かせばよいかを紹介します。プログラミングと年齢の関係について解説しますので、定年後の仕事について考えるときの参考にしてください。

プログラミングを定年後に生かす3パターン

プログラミングを定年後に生かす3つのパターン

プログラミングを定年後の仕事に生かすには、主に3つのパターンがあります。今の仕事を考えたうえで、どのパターンが自分に合っているのかを考えてみましょう。

嘱託社員として今の会社の仕事に生かす

定年後の身の振り方として、今の会社で嘱託社員として再雇用されるパターンが考えられます。定年後も同じ職場で働く場合は、環境の変化がないため安心して働けるでしょう。

その際、業務内容が変更になる可能性もあります。これまでと同じ業務で、責任や負担が軽くなるケースもあるでしょう。プログラミングを学び、新たな業務に手を挙げるのもひとつの道です。

現在の業務を効率化するために、必要な知識を学ぶのもよいでしょう。現在の業務にもよりますが、汎用性の高いWeb系の知識や、Excel作業の効率化に役立つVBAなどがおすすめです。とくに現在の業務でExcelを用いた計算や集計が多い場合は、プログラミングで自動化すれば作業効率を大幅に向上できるでしょう。

プログラミングスキルを生かして転職する

定年後には、学んだプログラミングスキルを生かして新しい職場に転職する道もあります。ただし、実務未経験の状態で、エンジニアとして就職するのは難しいでしょう。

これまで積み重ねてきた今の職種での転職を目指しつつ、現在の仕事にプラスとなるプログラミングスキルを身に付けることをおすすめします。

たとえば、教育に携わる仕事をしているなら、プログラミング教育に対する新たな提案ができるかもしれません。小売りや卸売りなら、Web系のスキルを身に付ければEC展開も可能です。スキルの棚卸しをして、より自分の強みを生かせるプログラミングスキルを学びましょう

フリーランスとしてプログラミングの仕事をする

定年後はどことも雇用関係を結ばず、フリーランスで仕事をするのもよいでしょう。クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトを利用すれば、自分に合う規模の仕事を探せます。

クラウドソーシングサイトには、報酬が数十万単位の大掛かりなプロジェクトから、ある一部分だけを請け負う小さめの案件まで、さまざまな仕事があります。自分に合う仕事を選んで応募すればよいので、プログラミングの勉強中でも挑戦可能です。

クラウドソーシングで実務経験を積めば、プログラミングスキルを生かした転職にも有利となるでしょう。定年を待たずにプログラミングの勉強を始めて実践すれば、将来の選択肢を増やせます。

プログラミングを学ぶのに年齢制限はない

プログラミングを学ぶのに年齢制限はない

「プログラマー35歳定年説」を聞いたことはないでしょうか。言葉だけをとらえると、年齢を重ねてからプログラミングを学ぶことに不安を感じるかもしれません。

35歳定年説の背景には、プログラマーの長時間労働があります。長時間労働には体力が必要なため、若くないとしんどいだろうと考えられていました。現在は考え方も含め、プログラミングはより身近になったといえるでしょう。そのため、仕事との関わり方や雇用条件も選べるようになったと考えられます。

プログラミングがある種の専門知識だった時代は終わり、2020年からは小学校でプログラミング教育が必修となりました。それだけ一般的な知識となったプログラミングは、専門職でなくとも業務に生かすことができます。

AIによる自動化でなくなる仕事も増えるなか、プログラミングはまだまだ人の手が必要な分野です。何歳であっても、プログラミングを学べば仕事にプラスとなるでしょう。プログラミングを学ぶのに、決して年齢制限はありません。

プログラミングを定年後に生かすための3ステップ

プログラミングを定年後に生かすための3ステップ

続いて、プログラミングを定年後に生かすための3ステップを紹介します。

プログラミングの考え方を学ぶだけでも、仕事に対して十分なメリットがあるでしょう。ただし、プログラミングスキルを生かして仕事をしようと考える場合は、目的を定めて最短距離で進むことも大切です。そのためには、以下の3ステップで段階的に進めることをおすすめします。

1.方向性を決める

まずは、方向性を決めることが大切です。なんとなくでも構わないので、どういった方向に進むかを明確にしましょう。

一口でプログラミングと言っても、Excel VBAやJavaScript、PHPなど、さまざまな言語があります。プログラミング言語によってできることが異なるため、何をしたいかが明確でないと学ぶ言語を選べません。

実務経験のない状態で、定年後にプログラミングスキルだけを武器に就職するのは難しいでしょう。そのため、どのような仕事をするか、今の仕事にどう生かすかを考えてから、自分の価値を高められるプログラミング言語を選択することが必要です。

2.プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングを学ぶ際は、独学よりもプログラミングスクールがおすすめです。独学でも勉強できますが、仕事に生かしたい場合はプログラミングスクールに軍配が上がります。

仕事に生かすには知識だけでは不十分です。実務経験や経験から生み出される応用力が重視されます。幅広く学んで仕事に応用できない「知識だけ」の状態となるよりも、プログラミングスクールで実践的に学ぶほうがよいでしょう。

どのような言語を学ぶか決めるときなど、表面的なことを知るのなら独学で十分です。しかし、プログラミングスクールであれば、実践的な内容を短い期間で学べます。プログラミングスクールに通いながら、より深く知りたいことを独学で学びましょう。

3.ポートフォリオを用意する

プログラミングスキルを生かして仕事をする場合、自分の実力をきちんと伝える必要があります。実務経験があれば過去の実績を提出できますが、学んだばかりではアピールする材料が不十分です。

プログラミングスキルを生かした求人応募や業務請負を考えるなら、自分で作った制作物をまとめたポートフォリオを用意しておきましょう。プログラミングを学びながら作成したWebサイトやアプリ、システムをまとめておけば、分かりやすく実力をアピールできます。

勉強をしたという事実だけで評価されるケースもありますが、ポートフォリオがあればスキルの裏付けができるため、求人応募の際により安心感を与えられるでしょう。

プログラミングを学んで定年後に生かそう

プログラミングを学んで定年後に生かそう

プログラミングは、小学校の必修項目となるほど一般的な知識となりました。さまざまな業務に生かせるため、何歳であってもプログラミングを学ぶことは仕事に役立ちます。

また、ITスキル全般に苦手意識がある40~50代の方は少なくありません。定年後の転職や独立を視野に入れれば、プログラミングを学ぶことで周囲に差を付けられるでしょう。

これまでに積み上げてきた知識と経験に付加価値を与えてくれるのが、プログラミングです。プログラミングを学び、定年後の選択肢を広げましょう。

 

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book
「50代会社員がプログラミングで
月5万円稼ぐ方法」

無料メール講座 & 無料e-Book「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」