在宅介護しながらできる仕事なら業務効率化・自動化プログラミング:エクセルVBAがオススメな3つの理由 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

在宅介護しながらできる仕事なら業務効率化・自動化プログラミング:エクセルVBAがオススメな3つの理由

将来、親やご家族の介護を考えた時に、「仕事は続けられそうだろうか? 支障をきたさないだろうか?」 「自分の体力が持つだろうか?」「支出に耐えられるだろうか?」といった様々な不安が湧いて居る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして「在宅で仕事をしながら介護できたら、時間や体力も節約できるかも」「在宅でできる仕事で家計の足しにしたい」といったお気持ちから、在宅でできるお仕事を探したいと思っている方もきっといることでしょう。

不安にかられて仕事を辞める前提で行動開始するのはオススメできません。というのも、国も企業も介護離職を防ごうとしており、育児・介護支援法など様々なサポートが用意されているからです。

まずは、国や勤務先の企業で用意されている支援策やサポート体制を知ることが大切で、今の仕事を辞めないで介護を開始できる見込みがどの程度あるかを検討してみてください。 その上で、将来に備えて在宅勤務可能な転職先を探し始めたり、在宅でできる仕事をクラウドワークスなどで獲得するためのスキルを身につけるための勉強をすることには大賛成です。

在宅で介護しながらできるお仕事としては、業務効率化・自動化のためのプログラミングのお仕事がおすすめです。 最初はエクセルVBAから始めるのが良いでしょう。

その理由は以下の3つです。

理由1. データ入力などの事務系、経理系の業務ではDX化のお仕事が多くあります。

理由2. プログラミングができると、安定した長期の仕事に応募しやすくなります。

理由3. 自分の仕事を自動化できるから、自分の時間を多く捻出しやくくなります。

この記事ではこれらを詳しく解説していきます。

介護しながら在宅でできる仕事は、今の勤務先に対して業務効率化プログラミング「エクセルVBA」で貢献するのがおすすめ

介護の必要性がでてきたら、勤務先を辞めざるを得なくなって、別の収入源を探さなければいけなくなるのでしょうか? 答えはノーです。

国は介護離職を防ぐために「育児・介護休業法」を定め、仕事と介護の両立支援制度を定めています。企業も貴重な人材に働き続けてもらうために在宅勤務制度などによって介護者をサポートする仕組みを整えており、職場の同僚や上司の理解もかなり進んでいます。

50代会社員のあなたが、もし介護の必要性にせまられたなら、会社を辞めて介護に専念するのではなく、勤務先に相談し、自治体にもサポートを求めて「国と会社に支えてもらいながら」できる範囲で仕事を続けていく方法を検討することが最初にやるべきことだと思います。 「介護しながら在宅でできる仕事」は今の勤務先の仕事であるのが理想ですし、コロナ禍を経てそれはかなりの実現可能性がある選択肢となっています。

勤務先には介護をサポートする法律を守る義務がある

「育児・介護休業法」には以下の仕事と介護の両立支援制度が定められており、介護のために労働者の柔軟な働き方を支援することが企業に求められています。

以下引用〜

短時間勤務制度等の措置 :事業主は、①短時間勤務制度、②フレックスタイム制度、③時差出勤制度、 ④介護サービスの費用の助成のいずれかの措置を講じなければなりません。

介護休業 :労働者は、要介護状態の対象家族1人につき、要介護状態に至るごとに1回、 通算して 93 日まで介護のために仕事を休むことができます。

介護休暇:対象家族が1人であれば年に5日まで、2人以上であれば年に 10 日まで、要 介護状態にある対象家族の介護その他の世話のために仕事を休むことができ ます

〜引用終

引用元:平成28年度 テレワークモデル実証事業 テレワーク活用の好事例集 仕事と育児・介護の両立のために 厚生労働省 

その他にも、法定時間外労働の制限 ・深夜業の制限 ・転勤に対する配慮 ・不利益取扱いの禁止  などが同法で定められていますので、  あなたの今の勤務先が同法に則ってどのような制度を介護者に対して設けているのかを調べることから始めてみましょう。

介護者をサポートする手段として在宅勤務制度を導入する企業も今後増加する

法律化こそされていませんが、厚生労働省は育児・介護と仕事の両立のために在宅勤務制度をかなり前から推奨しています。コロナ禍で在宅勤務が一般化した現在、介護者のサポートとして在宅勤務制度の活用は一層進むと予想されます。 例えば ㈱ジャパンタイムスでは、会社としてテレワークを推奨し、介護に直面した従業員への利用支援を行っています。

参考資料: 東京都 魅力ある職場づくりを目指して 家庭年ごとの両立支援ポータルサイト

実際に介護を経験した人のアドバイス

ここで実際に介護をご経験された方々からのアドバイスを見てみましょう。

以下引用〜

◆「介護に対して後悔しないために、仕事を辞める」ことはもったいない。

◆ 職場には、可能な限り「自分が介護を行っている」ということを伝えていくべきだと考える。

◆勤務先は仕事と介護の両立に向け、イントラネット等を通じて様々な情報を発信している。両立 支援制度を知らないのは、自分の責任でもあるのではないか。

◆有給休暇取得やフレックス制度の利用、出張制限を受けていても、ありがたいことに職場の上司・ 同僚にはなんとか受容されていると感じる。

◆在宅勤務がしやすい仕事内容ではある。上司は非常に気遣ってくれ、在宅勤務中の仕事には何の 問題も生じなかった。

〜引用終

引用元:平成25年度仕事と介護の両立支援事業 仕事と介護の両立モデル 介護離職を防ぐために 厚生労働省

このように、今の勤務先や職場の上司とも相談してサポートを受けることをまず考えるべきだ、という声が多く、「介護のために仕事を辞めるのはもったいない」という言葉がお気持ちを象徴しているように思います。また、さまざまな休暇制度などに加えて、在宅勤務が大きな役割を果たしていることが想像できます。

現在の勤務先に在宅で貢献しやすいスキルはエクセルVBA

では、あなたを支えてくれる現在の勤務先に在宅勤務でもしっかり貢献するためにできることは何でしょうか?

一般論になりますが、現在どの業界、どの職種でもDX(デジタルトランスフォーメーション)化が進行中です。特に業務効率化・自動化が盛んです。 定型業務を自動化し、職場に提供すれば喜ばれることは間違いありませんし、何より時間のないあなたが業務を人の1/10の時間で終わらせることができれば、その分ご家族やご自分のための時間を確保することが可能になるのです。

そのスタートとして、どの業務で必ず使うエクセルを自動化できるエクセルVBAが最適です。自信がついたらPythonやRPAなどの自動化にも挑戦すると良いでしょう。

在宅勤務が難しい職種だったり定年間近の人は、エクセルVBAを学んで 「転職+副業」がおすすめ

中には勤務先の介護サポートの仕組みが整っていなかったり、在宅勤務が難しい職種の人もいらっしゃるかもしれません。 また、定年が間近に迫っている人は、会社に支え続けてもらうのが難しい状況です。 そのような方には、在宅勤務が可能な職場への転職・ジョブハンティングと在宅で稼げる副業・クラウドソーシングを組み合わせることがオススメです。

業務効率化スキルであるエクセルVBAを履歴書に書ければ、50代会社員の転職に有利に働く

VBAやPythonなどの業務効率化・自動化スキルは転職におけるジョブハンティングにおいても有効で、良質な長期在宅の求人(パート・業務委託・契約社員など)の書類選考を通過、面接に至る可能性をぐっと高めることができます。

なぜなら、中高年でそれらのスキルを持っている人材は大変珍しい(現状ほぼいないかもしれません。50代会社員のあなたの周囲の100人中エクセルVBAができる人は何人いるでしょうか? 1人いるかいないかだと思います。)ので、履歴書にエクセルVBA・Pythonなどが記載されていたら人事部の人はそれだけで「とりあえず面接で会ってみようか」という気持ちにはなるのではないでしょうか。

ただし転職の場合、あくまでも軸になるのはあなたの今までの経験とスキルです。それにプログラミングやITのスキルを加えることによってDX人材として差別化する、というイメージを持ってくださいね。 「経理xIT」「営業xIT」「製造xIT」といった具合です。 「経験xIT」でプログラミングを転職におけるジョブハンティングに活かしましょう。

50代会社員がクラウドワークスで副業するなら、アマチュア案件の多いエクセルVBAがおすすめ

アプリ開発やデータ分析、人工知能案件などは単価は高いのですが、実務経験のあるプロでないと歯が立たないので、難しいです。

スクールで勉強したての未経験のアマチュアでも月5万円程度を目指せそうなプログラミング分野としては、エクセルVBAとウェブコーディングがありますが、ウェブコーディングは今の勤務先や転職に役に立つ機会が少ないのでフリーランス向けだと思います。

今回のような介護に備えたい50代会社員のケースの場合、 勉強すればどこでも使う機会のあるエクセルVBAでクラウドワークスの案件に挑戦するほうが効率が良いでしょう。

他の在宅のお仕事と比較してもエクセルVBAの圧勝

「在宅でできるお仕事は他にもあるのでは?」 と思った方も多いのではないでしょうか。 ここでは、それらを上述したものと比較してみたいと思います。

一般に在宅でできる仕事と言われているリストと、介護に備えたい未経験50代会社員にとっての実現可能性を以下の軸で比較した表を作ってみました。

・実務スキルを習得可能かどうか

・副業・フリーランス での可能性

・転職 で活かせる可能性

・今の職場 で活かせる可能性

◯ :  実現可能性高い      X :実現可能性低い

この表の◯の数を見ると、介護に備えたい未経験50代会社員が、これから実務スキルを習得可能で、「副業・フリーランス」「転職」「今の職場」の全てで活かせるスキルは

  • 自動化 (エクセルVBA・Python・RPA)
  • ノーコード開発による業務アプリ開発
  • データ入力 経理・記帳代行

大体この3分野であることがわかります。 ノーコード開発はこれからの注目分野ではあるものの、現状では数字を扱い、エクセルを多用するデータ入力・経理分野、すなわちエクセルVBAが活かせる分野が有望であると言えます。

このように、業務で多用するエクセルを自動化するためのプログラミング言語であるエクセルVBAを学習、習得することがセカンドキャリアの上記4つの選択肢全てに役立つわけですから、学習して損をすることはないと断言できる言語です。

結論 :エクセルVBAを学べば「今の勤務先」「転職」「副業」の全てに対応可能だから介護に備えたい50代会社員のあなたに一押しのスキルです

今の会社にいつまで在籍するのか、定年後には何をやるのかなど、セカンドキャリアプランがまだはっきりしないなかで介護に備えたい50代会社員の方にとっては、勉強しても無駄にならず、実利も得られやすいエクセルVBAがおすすめのプログラミング言語と言えます。

50代会社員のエクセルVBAのおすすめ学習方法

エクセルVBAがオススメだからといって、闇雲に書籍や動画教材を入手して独学するのは効率が悪いやり方です。

それらの教材には一般的な基本操作が書かれており、それを体験して学ぶことはとても有益なことではあるのですが、一旦一通りの基礎が終わった後に「そこからじゃあどうする?」となって行き詰まってしまう事になりがちです。これは他のプログラミング言語の学習でも起こる超初心者の陥りやすい落とし穴と言えるでしょう。

また、忙しい50代会社員のあなたがコツコツと書籍で独学を続けられるかどうかのほうが高いハードルかもしれません。 これらの要因により「業務でこれが自動化したい」「クラウドワークスのVBA案件に応募したい」といった当初の目的の入り口にも立てずに挫折してしまうことでしょう。

業務効率化スキルを身につけるなら、実務と案件から逆算して学ぶ手法がおすすめ

このような超初心者の独学の落とし穴にはまらないようにするためには、専門家の助けを借りて、自分が勤務先で実現したい実務とクラウドワークスで応募したい案件から逆算して学ぶのがオススメです。

もちろん、エクセルVBAの最低限の基礎を学ぶ必要はありますが、全ての基礎を網羅的に勉強する必要はなく、専門家に「あなたのやりたいことにとって必要な基礎」を逆算してもらってそこだけを学ぶのが効率的です。

その上で、 あなたが勤務先の経理データの入力と集計、グラフ化を自動化したいのであれば、専門家の助けを借りながらそれを作ってみましょう。

また、あなたがクラウドワークスでAmazonのサイトのデータをスクレーピングする案件に応募したいのであれば、実際の案件を納品するつもりで専門家のアドバイスを受けながらやってみましょう。 この段階ではまだ応募する必要はありません。あくまでも実践的な自信をつけるために「模擬案件」としてトライしてみるのです。

このような「作りたいものを作りながら学ぶ」方法をゴールから逆算して繰り返していけば、自分にとって必要なスキルだけを効率的に身につけて実戦に活かすことができるようになります。 この手法をとるためには、信頼できる専門家のサポートは必須となります。

クラウドソーシングでの実績づくりや転職の準備には時間がかかるので早めに始めよう

一つとても重要なことをお話しますね。 多くの人がプログラミングスクールを卒業したり、コースを修了してからクラウドワークスなどに登録して仕事を受託しようとしますが、 これは大きな時間ロスを招きかねません。 その理由をお話します。

例えばあなたが、エクセルVBAの勉強をしてそれからクラウドワークスのエクセルVBA の案件に応募しても100%受注することはできないでしょう。 それは 「あなたのクラウドワークスでの実績がゼロだから」 です。 あなたがどんなにスキルが高くても実績がゼロだとダメなんです。 フリーランスの世界では信頼度は実績で証明するものだからです。

そうですね、最低5件の実績は必要。 できれば10件の実績が欲しいところです。 正直実績を積む段階では、案件の価格や内容は度外視でいいと思います。 どんなに安くても、簡単なアンケートの仕事でも、何でもいい。 その最初の5件を獲得できなくて挫折してしまう人がほとんどと言ってもいいでしょう。

応募しても応募しても落とされる。 10件応募して1−2件とれればいい方です。 その下積み時代に耐えられたものだけがフリーランスを目指すための入場切符を手にすることができるのです。 この下積み時代は最低6ヶ月はかかると思いましょう。だから、クラウドワークスでの活動はエクセルVBAを勉強開始すると同時に、少しずつでも良いので並行して開始するのがとても大事なのです。

将来の介護に備えて早めに学習のスタートをするのが理想的

これまで述べてきたように、あなたのための正しい戦略のもとに、カスタマイズされた学習カリキュラムと行動計画を立ててそれを実戦すれば、将来の介護が必要な状況になってもあなたが納得できる仕事を在宅でし続けることができるようになります。

しかし、それには専門家のサポートの下での準備が必要です。 つまり1年位の時間とある程度の投資は必要なのです。 でも、その1年の投資で、あなたの今後20年位続くであろうセカンドキャリアが納得のできる充実したものになるのであれば安いものではないでしょうか。

あなたのセカンドキャリアのための戦略づくりと学習は「専門家の下で」できるだけ早く始めれば始めるほど、有利で確実に結果が出るものになることを忘れないでくださいね。

なかでもおすすめはTechGardenSchool

50代会社員に特化してエクセルVBAクラスと在宅で稼ぐための 「初めてのクラウドソーシング」「中高年のためのジョブハンティング」クラスを両方持っているのは当スクールだけだと思います。 また、当スクールはクラウドソーシングサービス大手クラウドワークスとも提携しています。

クラウドワークスに出ている案件を分析し、その案件を納品できるというゴールから逆算したカリキュラムで学習するので無駄なく最短距離で案件に応募できるようになります。模擬案件で訓練するので、初めてでも自信を持って受注することが可能です。

また、VBAやPythonなどの業務効率化スキルやアプリ開発・ウェブサイト制作などのスキルはジョブハンティングにおいても有効で、良質な長期在宅の求人(パート・業務委託・契約社員など)の書類選考を通過、面接に至る可能性をぐっと高めることができます。 なぜなら、中高年でそれらのスキルを持っている人材は大変めずらしいからです。

あなたのセカンドキャリアの戦略づくりからプログラミング学習のカリキュラムをオーダーメードして提供させていただくことが可能です。  更に詳細な情報が入手可能な以下の無料サービスのご利用もぜひご検討くださいね。

無料オーダーメードカリキュラム診断

無料e-Bookダウンロード

無料ウェビナーと体験クラス動画

オンライン無料カウンセリング

あわせて読みたい!

プログラミングを学んで在宅ワークをしよう、未経験の50代やシニア、主婦におすすめ

0から在宅副業で月5万円稼ぐおすすめの仕事は?確実性と将来性で副業プログラミングが最適

無料 e-book  「中高年が今すぐ登録すべき在宅ワークの情報ソースリスト」

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング