独学プログラミングで定年後に就職できる?事例と勉強法を紹介!

中高年のためのプログラミング教室 TECH GARDEN SCHOOL

中高年こそプログラミング

独学プログラミングで定年後に就職できる?事例と勉強法を紹介!

独学プログラミングで定年後に就職する

定年後を視野に入れ、新たにプログラミングを学ぼうと考える40~50代の方が増えています。

2020年から小学校でプログラミングが必修科目になったこともあり、これからのプログラミングはより一般的な知識となるでしょう。プログラミングに触れる機会のなかった中高年にとっては、この先に定年を控える今が学習に最適なタイミングです。

しかし、定年を迎えるタイミングで新しいことを学ぶのに、不安を感じるケースもあるでしょう。この記事では、プログラミングで定年後に仕事をする方法や事例、独学の進め方を紹介します。

プログラミングを学びたいと考える方にとって、これからの人生を考えるヒントになれば幸いです。

独学プログラミングで定年後に仕事をする方法

独学プログラミングで定年後に仕事をする方法

定年後に仕事を続ける場合、「再就職」「再雇用」「フリーランス」という3パターンが考えられます。雇用契約の有無に注目し、それぞれプログラミングをどう生かすのかを見ていきましょう。

再就職・再雇用で仕事をする

今と同じ会社で嘱託社員として働く再雇用でも、新たな職場で働く再就職であっても、企業と雇用契約を結びます。その場合、社会保険や福利厚生費など、企業には給料以外のコストがかかります。

そのため、即戦力となりにくい業務未経験の方が、学んだプログラミングだけで就職するのは難しいでしょう。これまでの経験を生かした職種で再就職・再雇用を目指しつつ、自分の強みを補強できるようにプログラミングを学ぶのがおすすめです。

現在の業務を改善する、課題解決につながるアプリを作成するなど、今の業務をプログラミングでどう発展させるか考えましょう。

フリーランスとして仕事をする

企業との雇用関係を結ばず、フリーランスとして仕事をするのも定年後の1つの道です。

プログラミングを生かして仕事をするなら、クラウドソーシングサイトで単発の仕事を探すのもよいでしょう。自分のレベルに合う仕事を探せるため、学習しながら実践を積めます。

独学でプログラミングを勉強する場合、指針がないため「これでよいのか?」と迷ってしまいがちです。クラウドソーシングサイトなら、学んで得た知識を経験で補填できます。仕事にできたという自信が、より深い理解につながるでしょう。

定年後にフリーランスとして社員と変わらない程度に稼ぎたいなら、在職中に学びながら副業レベルで仕事を始めるのがおすすめです。少しずつ学習と実践を続ければ、定年退職時にはフリーランスとして稼げる実績と自信が付いています。

定年後に学んだプログラミングを仕事に生かした事例

定年後に学んだプログラミングを仕事に生かした事例

続いて、定年後に学んだプログラミングを仕事に生かした事例を紹介します。参考にして、自分のキャリアプランを考えてみましょう。

81歳でプログラミングを学びiPhoneアプリを開発

世界最高齢のプログラマーである若宮 正子さんは、81歳からiPhoneアプリの開発を始めました。開発したゲームアプリをきっかけに、Appleが毎年開催する開発者イベントに招待され、「世界最高齢のアプリ開発者」として紹介されています。

若宮さんがパソコンと出会ったのは、60歳の定年を目前にした58歳の頃でした。まだインターネットも普及していないパソコン通信の時代に、若宮さんは独学でパソコンを習得します。そこから、シニア世代でも楽しめるよう、Excelの罫線や塗りつぶしを用いた「エクセルアート」を考案しました。エクセルアートは、マイクロソフトから「エクセルの新しい使い方」と評されています。

若宮さんは、定年まで勤めた銀行でパソコンを使う機会はありませんでした。パソコンとの関わりをきっかけに、定年後に新たな世界を築いた事例だといえるでしょう。

起業の前段階として50代からプログラミングスクールに

テックガーデンスクールのITビジネスコースに通っていた小野澤 幸司さんは、セカンドキャリアのスタートとしてスクールに入学しました。

小野澤さんは、東京で起業したいという思いを胸に、30年勤めた銀行を52歳で退職します。東京で起業するにあたって、ITやプログラミングの知識が必要だと考え、スクールでの学習をスタートさせました。

現在は起業した会社の代表取締を務める小野澤さんは、スクールで学んだことを生かしてコーポレートサイトをWordPressで自作しています。その結果、ITリテラシーにも自信がつき、現在のビジネスにスキルを生かせています。

プログラミングを始めとしたITスキルは、現在の業務や実現したい仕事に対する補佐としても役立ちます。小野澤さんのケースは、ITスキルを身に付けることで新たに始めることの自信となった好例です。

小野澤さんの事例に関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

独学でプログラミングを学ぶ方法

独学でプログラミングを学ぶ方法

最後に、独学でプログラミングを学ぶ方法を紹介します。ただ学ぶだけでなく、定年後の仕事に生かすためのポイントをチェックしておきましょう。

テキストや無料学習サイトで基礎を学ぶ

初めてプログラミングを学習する場合は、テキストや無料学習サイトの利用がおすすめです。どこからどうやって学べばよいのかわからない状態でも、順番に進めていく形なら学びやすいでしょう。

全体的な基礎知識を学ぶなら、資格取得を目標にするという手もあります。その場合は、IT系資格の入り口となる「ITパスポート」から始めてみましょう。

実際に手を動かしてコードを書いてみる

基礎が理解できたら、次は実際に手を動かしてコードを書いてみましょう。理論だけでなく、実践しながら学んでいくことが大切です。

知識上では理解できていても、実際にコードを書いてみると思いがけないエラーが起こることもあります。エラーの解決方法を調べながらコードを書くことで、対応力が身に付きます。

やりたいことに必要なことを調べながら、プログラムを1つ完成させてみましょう。

わからないことの解決法を考える

代表的なプログラミング言語であれば、検索すればサンプルコードやエラーの原因がわかるでしょう。しかし、時にはどう検索しても解決策が見つからないこともあります。

わからないことが解決できないと、先に進まず学習が嫌になるかもしれません。学習が止まってしまわないように、わからないことの解決法を考えておきましょう。

学びたいことが明確なら、できるようになるまでプログラミングスクールに通うのも1つの方法です。疑問をすぐに聞いて解決できる環境は、学習スピードを向上させます。

そのほか、すぐに解決できないかもしれませんが、質問に答えてくれるようなコミュニケーションサイトを探しておくのもおすすめです。

作った制作物をまとめてポートフォリオを作る

プログラムを完成できるようになったら、制作物をまとめたポートフォリオを作成しておきましょう。プログラミングを学んでも、業務経験がないと求人応募時に十分なアピールができません。

作成したプログラムやアプリ、サイトなどの目的や製作期間、使用言語などをわかりやすくまとめましょう。ソースコードの一部を、サンプルとして掲載しておくのもおすすめです。

クラウドソーシングサイトで仕事を請け負う

実際にプログラムを作成できるようになったら、クラウドソーシングサイトで仕事を受けてみましょう。クラウドソーシングサイトなら、今の自分のレベルに合わせて仕事を探せます。第三者と関わりながら仕事でプログラミングをすると、一気にレベルアップできるでしょう。

クラウドソーシングサイトでの実績は、求人応募時のアピール材料としても最適です仕事ができたという実感が、スキルに対する自信につながります。

独学プログラミングで定年後の選択肢を広げよう

独学プログラミングで定年後の選択肢を広げよう

プログラミングはより一般的な知識となり、求められるシーンもさらに増えるでしょう。定年を控えた40~50代の方にとっても、現在はプログラミングを学びやすい環境が整っているといえます。

今のうちにプログラミングを学ぶことで、定年後の選択肢が広がります。プログラミングは独学でも十分に学べますので、これからの仕事にどう生かすかを考えていきましょう。

ただし、定年後にフリーランスになることや、副業としてすぐに稼ぐことを考えているのであれば、独学ではなくプログラミングスクールがおすすめです。疑問をすぐに聞ける環境を用意して実践的な学習を進めたほうが、プログラミングに対する理解が深まります。

 

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book
「50代会社員がプログラミングで
月5万円稼ぐ方法」

無料メール講座 & 無料e-Book「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」