転職面接でキャリアプランを聞かれた場合の答え方、50代は経験とスキルを組み合わせて回答せよ – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

転職面接でキャリアプランを聞かれた場合の答え方、50代は経験とスキルを組み合わせて回答せよ

転職面接キャリアプラン

転職面接でキャリアプランを聞かれて焦ってしまう人がいます。キャリアプランは採用の合否を決める際に重要な要素の一つですから、うまく答えられないと不合格に繋がってしまいます。転職面接でキャリアプランが聞かれる理由から回答例までを解説していきます。

よくある質問:転職面接が迫っています。50代の転職ではキャリアプランについてよく質問されると聞きました。どのように回答したら良いでしょうか。
回答:50代の転職面接ではミスマッチを防ぐためにキャリアプランの質問が頻出します。模範的な回答としてはこれまでの経験とスキルを踏まえて企業に貢献するキャリアプランを提示することです。職種別の回答例もご紹介します。

転職面接までに準備必至のキャリアプランとは

キャリアプランについてはこれまで当ブログでも解説してきました。まずは転職面接でのキャリアプランの回答例を考える前に、まずはキャリアプランについて要点を押さえてください。

記事「50代会社員の転職活動に必須のキャリアプランとは?理想のキャリアを実現するためしっかりと作ろう

記事「50代からのキャリアプランはスキルの掛け合わせで考える。シニア年代で活躍し続けるために大切なこと。」転職面接でキャリアプランが聞かれる理由、企業側の意図とは

転職面接でキャリアプランが良く聞かれるのには理由があります。特に、ポテンシャル採用が中心となる20代の面接とは異なり、これまでの実績や能力が見られる50代の転職。管理職層として入社するからこそ、部下をけん引する人材として、どのようなキャリアプランを持っているのか転職面接の段階で質問されます。

求人情報サイト『ミドルの転職』が転職コンサルタントを対象に実施した「定年延長によるミドル・シニアの活用」についてアンケートでは、43%が「50代を対象とした求人が増えている」と回答する一方、「企業が50代の活用策を考えられていない」という回答も以前に引き続き高い状況です。逆に言えば、企業・求職者双方が納得するキャリアプランを提示することができれば、企業側に自らの活用策を示すことに繋がり、採用をグッと近づけることができるのです。

企業側が考えるキャリアプランと求職者の希望が合っているかを確認するため

転職面接でキャリアプランが聞かれる最も大きな理由は、求人を出している企業側の希望と求職者の希望が合っているかを確認することです。50代の採用となると、企業側には「若手を引っ張る存在が欲しい」「これまでに得た業界の知見を活かして業務をしてほしい」など直近の希望と、「将来は役員候補になってほしい」「現場のことを何でも任せられるリーダオーになってほしい」など将来的な人材配置を含めた希望があります。これら企業側の希望と、求職者側が転職後にどうありたいかという希望がマッチしているか面接の段階ですり合わせを行っているのです。年代的にも双方採用・転職で失敗したくないもの。そのため、50代の転職では企業側も慎重にキャリアプランの確認とすり合わせを行ってきます。

自律的にキャリアプランを考えている人かどうかを確認するため

二つ目の理由は、求職者が自分自身のキャリアを考えてプランニングしている人かどうかを確認するためです。ひと昔前までは「就社」とも言われ、一度就職した会社に職業人生を任せるという人も多くいました。現在では社会状況や企業の在り方も変化が見られ、社員一人一人が自分でキャリアプランを考えることが求められています。企業側としても、転職後は企業におんぶにだっこの社員を余力はありません。給与水準が高くなってくる50代社員であればなおさらです。そのため、求職者がしっかりと職務を果たし、企業を成長に導いてくれる存在であるかどうかをキャリアプランの観点から確認するために、転職面接で質問します。

明日の転職面接にも使える、キャリアプランの回答例

キャリアプランとは本来自身のキャリアやスキルを棚卸し、これからの自己実現も含めてじっくりと検討して導き出すものです。しかしながら、読者の皆さんの中には転職面接が目前に迫っているという方もいるかもしれません。そんな方のために、転職面接でキャリアプランを聞かれたときの模範回答例をお示しします。ご自身の面接準備の参考にしてみてください。

エンジニア職が転職面接で使えるキャリアプラン回答例

エンジニアとしてこれまでも常に技術の変化にキャッチアップする姿勢を持ってきました。多様な技術を学んだことで、顧客の要望に幅広く答えたり、よりよい改善策を提案できる力が身についたと考えています。周りの部下の見本になれるよう、キャリアの後半になってもこの姿勢を忘れずに貫いていく所存です。現在はAI・機械学習についても学んでおり、貴社の既存サービスにAIを組み合わせることで新しいサービスの開発は提供価値向上に貢献していきます。私は開発に関わることが向いているので、若手から頼りになる相談役として現場の第一線で仕事をしていくことを希望しています。

総合職(事務系)が転職面接で使えるキャリアプラン回答例

これまで総務畑を歩んできました。総務というのは会社の全体調整や仕組み作りをしていく仕事だと思っています。現在業務のデジタル化が企業の課題をして上がっており、それは貴社においても同様と存じます。私は現職において業務のデジタル化プロジェクトを推進する立場にありました。総務の経験を活かし、同プロジェクトをうまく取りまとめられたと考えています。私自身は今後総務のバックボーンを持ったDX人材をして活躍していきたいと考えておりますので、貴社においても、総務×デジタル化の知見を活かし、貴社業務のデジタル化、そしてDX(デジタル・トランスフォーメーション)に貢献したいと考えています。

営業職が転職面接で使えるキャリアプラン回答例

これまで営業一筋で歩んできましたが、最近はウェブマーケティングやデータ分析に関心があり、独学で学び始めました。特にデータ分析は興味深く、これまで営業にはあまり縁がないと思っていましたが、クライアントとの商談の進捗や個々の営業スタッフの稼働をデータ分析によって可視化することで、効率的な営業チームの構築に成功しました。このキャリアをさらに発展させ、創業間もない貴社において効率的に売り上げを出すデータドリブンな営業組織の立ち上げに寄与します。そして会社全体をけん引していくようなポジションに就いていきたいと考えています。

キャリアプランは経験とスキルを良く踏まえて回答すべし

20代の転職では「これから勉強します」が通用するかもしれませんが、50代となるとなかなか厳しいです。これまでの自身の経験やスキルをどう発展させて企業に貢献するのか、そして自分自身はどのような人材になりたいのかを回答するようにしましょう。

転職面接では企業と求職者の希望や展望が合っているかを確認するため、そして求職者が自立的にキャリアを考えている人かどうかを確認するため、キャリアプランについての質問が頻出します。職種やポジションごとに細目は異なりますが、いずれの場合でもこれまでの経験とスキルを踏まえたキャリアプランを回答するようにしましょう。

当スクールには50代に向けて多くのキャリア支援とプログラミングなどデジタル関連スキルの指導実績があります。実際にデジタル人材としての転職に成功した方もいます。関心がある方は無料カウンセリングにお申し込みください。

無料e-Book 「中高年が今すぐ登録すべき在宅ワークの情報ソースリスト」

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング