0から在宅副業で月5万円稼ぐおすすめの仕事は?確実性と将来性で副業プログラミングが最適 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


ささいな疑問でも
お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可
※営業のお電話はご遠慮ください。

無料電話相談はこちら


ささいな疑問でも
お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可
※営業のお電話はご遠慮ください。

0から在宅副業で月5万円稼ぐおすすめの仕事は?確実性と将来性で副業プログラミングが最適

50代が在宅副業で5万稼ぐ方法

最近副業という言葉をよく聞きます。実際にみなさんの周りにも副業をされている方がいて、いろいろな話を聞いているかもしれません。

ナレッジソサエティ(バーチャルオフィスを運営する会社)が2021年5月に20~30代の会社員2401人を調査したところ、副業をしている人は24.2%に上るという結果が出ています。

これまで全く副業をしたことがないという人に、どのスキルででどうやって仕事を見つければ毎月在宅副業で5万円稼ぐことができるかお教えします。

よくある質問:よくある質問:これまで副業をしたことがありませんが、ゼロから始めて在宅で5万円収入を得られる方法を教えてほしい。

回答:昨今、在宅副業のハードルがぐっと下がりました。5万円は計画的に進めれば十分に到達可能な目標です。習得期間・確実性・将来性の観点からプログラミングを学んでクラウドソーシングで案件を獲得し稼ぐ方法が最もおすすめです。

在宅副業で月5万円は計画的に進めれば誰にでも達成できる

これまで会社員(サラリーマン)をしてきた方にとって、月5万円を自分一人で稼ぐと聞くと、とても大きい壁のように感じてしまうことが多いようです。

確かに副業で月5万円を稼ぐことは簡単ではありません。どれくらいの時間を割けば良いかというと、時給1,000円で換算すれば50時間、時給2,000円で換算すれば25時間を費やす必要があります。

また、そもそもそれだけの量の仕事(案件)を自分で獲得してくる必要があります。ですが、近年このハードルが圧倒的に下がってきています。以前は企業が副業人材に案件を発生すること自体が稀でしたし、特に優れた能力を持った人だけがレアケースとして業務の委託を受けていました。

現在は副業が一般化し、企業から外注に出される案件数もその仕事の種類も大幅に増えています。そのため、副業として案件を受けるためにはどんなスキルや技能(知識)が必要で、どうすればコンスタントに仕事を獲得できるのかというノウハウを知っていれば、誰でも副業として5万円程度稼ぐことが可能な時代です。

新型コロナウイルス感染拡大以降は在宅での仕事も急速に広がりましたので、副業の仕事も当然在宅ワークが主流となっています。

在宅で月5万円稼ぐハードルが下がった理由

在宅での副業で月5万円稼ぐハードルが下がった要因は大きく二つあります。

一つはクラウドワークスやランサーズに代表されるクラウドソーシングが浸透したことです。現在は上記2つのサイトのほか、個人間で必要なスキルや人材のマッチングをするサイトや、自身のスキルを時間単位で売りに出せるサイトなどもあり様々です。

自分の副業形態にあったものを見つけることが良いですが、最初はクラウドワークスなどの大手クラウドソーシングから始めるのがベターです。大手だけあって案件数が豊富なこと、発注者と副業人材の間にクラウドワークスの事務局が入っていて金銭トラブルなどに巻き込まれないように設計されていることが理由です。

こうした安心な制度を整えたこともあり、クラウドソーシングの利用が企業間に広がりました。

在宅副業で5万円を目指せるようになったもう一つの要因は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本社会にリモートワーク(テレワーク)が浸透し、通勤時間の削減や業務効率化が実施され、以前よりも自由に使える時間が増えたことです。

東京都産業労働局の2021年6月21日報道発表では、都内の従業員30人以上の企業を調査したところ、テレワーク実施率は64.8%に上ったという結果が出ています。

これまで難しかったスキルアップを図ったり資格を取得する余裕が生まれたとともに、副業に割ける時間も生まれました。このように現在は在宅ワークをしながら副業で5万円収入を増やす大きなチャンスが到来していると言えます。

月5万円を稼ぐ在宅副業にプログラミングがおすすめな3つの理由

副業でおすすめされる仕事としては資格を取得して行う士業、好きなことや趣味を活かした物販・アフィリエイトなどのネットビジネスが挙げられることが多いですが、様々な観点を考慮するとプログラミングを習得してウェブ制作やアプリ制作の仕事を獲得し副業とすることが最もおすすめです。

3つの観点で説明していきます。

習得期間

プログラミングスクールは今やあふれるほど多く開校され、選ぶ方が難しい時代になりました。ライバルが多い状況はスクールに競争をもたらし、各スクールともわかりやすい教材、効率的な学習方法を日々研究しアップデートしています。

そのため、現在はウェブ制作であれば1ヶ月〜、アプリ制作であれば3ヶ月〜習得できるカリキュラムが多く見られます。これが士業の場合は業務開始までの期間がかなり長くなってきます。例えば行政書士の場合は半年〜1年程度が目安とされ、資格取得後も開業のための準備に時間が必要です。

確実性

クラウドワークスを一度ご覧になっていただけるとわかると思いますが、ウェブサイトの一部の改修から新規の制作まで、数多くの案件が次から次へと出されています。

今やウェブサイトは1社に1つではなく、1事業や1サービス、そして販促などのキャンペーンごとにも制作する時代です。アプリについても同様です。オンライン化されているこの流れは、コロナ後の新しい生活でもさらに加速していくと考えられますので、今後も安定的にプログラミング関連の多くの案件が出されるでしょう。

一方、物販の場合は売れるか売れないか見込めない段階から在庫を抱えるリスクがあったり、アフィリエイトの場合は思うようにアクセス数やコンバージョン数を伸ばせずに収益を上げられないまま挫折する人が多い現状があります。

将来性

2021年には新しい省庁としてデジタル庁が設立されました。IoTと言われ、あらゆるものがインターネットで繋がれていく時代、その仕組みを構築したり制御するプログラマー・エンジニアの需要はますます増えていくとされています。

独立行政法人情報処理推進機構社会基盤センターのIT人材白書によれば、2030年で最大79万人のIT人材が不足すると推計されています。プログラミングができるIT人材は稀少な存在とされ、活躍の場が広がっているでしょう。

今は副業として始めても、将来は本業になっていたり、本業に匹敵するくらいの仕事になっている可能性もあります。

在宅で副業ができる時代、まずは5万円を目指してスタートを

副業としてプログラミングを操り、まずは在宅ワークで5万円を目指しましょう。5万円はウェブサイトの一部改修なら1〜2案件こなすことで到達できます。ランディングページのコーディングであれば1案件で達成可能です。

月々の収入が5万円増えれば、多くの余裕ができることは間違いありません。その後は5万円のペースを続けつつ本業を頑張ってもよいですし、副業で10万円・20万円を目指すことや、技術力を上げて本業を目指すなど、各自の目標に応じて選択してください。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」