50代からのマネープランは自分でも作れる!作り方を知り、シミュレーションや表での可視化を通して自分のマネープランを具体化しよう

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代からのマネープランは自分でも作れる!作り方を知り、シミュレーションや表での可視化を通して自分のマネープランを具体化しよう

マネープラン作り方 マネープランは自分でも作ることができます。作り始める前に、マネープランとは何か、どんな考えをもって作るのかを学びましょう。そして一度シミュレーションをしてみると、より自分のこととしての実感が湧いてくるでしょう。

マネープラン作りをやってみたいと思いますが、自分でできるような作り方やシミュレーションもしてみたい。

マネープランは自分で作ることができます。マネープランの概要や作り方を学んだら、シミュレーションや表の記載をして具体化していきましょう。

マネープランとは

お金の面に注目しながら人生の生活設計をすることをライフプランニングと言い、そこで作られた計画を生活の計画をライフプランといいます。マネープランはライフプランとほぼ同じ意味で使われますが、ライフプランよりもよりお金の面にフォーカスを当てたい時に使う言葉です。人生の設計をせずにお金のことだけ計画を立てることはできませんので、マネープランを作る際にもライフプランニングが必要になってきます。

マネープラン作りが必要な理由

マネープランが必要とされるのはなぜでしょうか。このブログの読者に多い50代の方は、これから収入や支出の大きな変化を経験すします。例えば収入面では、定年退職によって給与所得が無くなる、もしくは再雇用などにより収入が下がることがあります。支出の面では、両親の介護や医療に係る支出、住宅のリフォームもあるかもしれません。このようなさまざまなライフイベントに対し、必要なお金が足りないという状況を避けるために、あらかじめしっかりとしたマネープランを作って備えておくことが大切なのです。

最近では働き方や生き方の価値観が変化している

また、上記の他に、最近では働き方や生き方の価値観が変わってきていることも影響しています。例えば企業人として定年までは現在所属している企業で勤め上げることが良しとされてきたところですが、仕事の比重を減らして家族との時間を増やしたり、東京や大阪の都会を離れて地方で暮らすという選択肢をとる人も増えてきています。特に、新型コロナウイルスの拡大以降は、会社にリモートワークが導入されたり、余暇の過ごし方が変わるなど、人々の生活に対する価値観の変化を加速させる結果となりました。こうした価値観の変化によって働き方や生き方を変える場合にも、実際に生活していく上で必要なお金を考慮しなければなりませんので、マネープランが必須となってきます。

マネープランの作り方

それではここからは50代からのマネープランに着目しつつ、より根幹となるライフプランを作成する方法を解説します。いきなりライフプラン作成に着手してもなかなかうまくいきませんので、最初はマネープランがどのようなものか概要を把握し、次に具体例を見てみるのが良いでしょう。

マネープランの作り方その1:ライフプランの全体像やライフプランを作るために必要な項目を知る

当ブログでも多くの記事でライフプランについて解説をしています。最初に読んでいただきたいのは、記事「50代からのライフプランニング、必要なお金を計算してライフプランニングを立てよう」です。この記事では、当ブログの読者に多い50代の方にとってなぜライフプランニングが大切なのかを解説しています。続いては記事「ライフプラン表の作り方解説!簡単3ステップで始める将来設計」をご覧ください。この記事では、実際にご自身でライフプランニングを進める際に必要な知識や考え方について解説しています。最後に、記事「ライフプランを検討する際にカバーしなければならない支出項目は?三大支出から想定外の支出まで。」をお読みください。この記事では、ライフプランを検討する際のベースとなる基本支出項目について解説しています。ここまでお読みいただければ、ライフプランの全体像や検討すべき項目、おおよその金額目安が付いている状態となるでしょう。

マネープランの作り方その2:マネープランの具体例を知る

記事「50代サラリーマン男性ライフプランシミュレーションをやってみた」では、50代のサラリーマン男性をモデルケースに、ライフプランのシミュレーションを行っています。シミュレーションにおいては、全国銀行協会のシステムを活用していますので、お金の面を中心に、マネープランを検討する形となっています。実際にどんな項目を検討するのか、将来の収支の過不足がどの程度なのか参考になりますので、ぜひ読んでみてください。
次に読みたい
50代サラリーマン男性ライフプランシミュレーションをやってみた

ライフプランについて色々と学び、いざ自分のライフプランシミュレーションを行おうとしたものの手が止ま…

マネープランの作り方を学んだら、実際に手を動かして作ってみましょう

マネープランを作る準備は整いました、いざ、実際にご自身のマネープランを作ってみてください。作り始める際には表で考えると整理しやすいです。記事「50代からの生活は表で考える:ライフプランことはじめ」で解説しています。
次に読みたい
50代からの生活は表で考える:ライフプランことはじめ

50代のあなたでもライフプランを考える意義は十分にあります。特に、社会情勢が変わっている現在だから…

マネープランを作り、将来の収支に不安があったら

マネープランを検討した結果、このままでは収支が不安という方も多いと思います。また、マネープランはあくまでも現時点での計画ですので、今後想定外の支出が発生する可能性もあります。そのような場合に備えるためには、収入や資産を確保することが必要となってきます。

金融資産を確保する

近年は政府も盛んに国民の金融資産設計を推進しており、NISAやiDeCoなどの仕組みも整備されています。日本人はこれまで金融リテラシーが低いとされてきましたが、ここ10年ほどで資産運用を始めたという方も多いのではないでしょうか。もちろん金融資産の運用は将来への良い備えとなりますが、元本割れのリスクも存在することや、一定期間運用する時間が必要なものです。これから運用を始めるという場合には、不足分全てを賄いきれないかもしれません。

不動産を購入し賃貸収入を得る

マンションや一軒家を購入し、賃貸運用をすることで資産構築することも可能です。しかしこれも不動産物件購入の際にローンを組んだり、うまく借り手が見つからない場合や、災害リスクなどもあり、これだけでマネープランの不足分全てを補おうとするのは不安なところがあります。

必要な金額を稼げるスキルを身につける

マネープランをシミュレーションしたところ、月数万円不足するという結果だった場合、月に数万円稼ぐことで、収入が支出を上回る状況を作ることができます。月の支出より少しでも多く収入を確保し続けることができれば、大きく稼がなくとも、問題は無いのです。フルタイムで勤務し続けなくても、フリーランスで働くことができれば、自分のペースで必要な分だけ稼ぐことができます。 マネープランを作った結果、収支に不安が出ることもあると思います。そのような場合には、収入を増やすか、支出を減らすかの工夫をして、収支のバランスをとっていく必要があります。支出は想定外のことが起こり得ますので、定年後も収入を確保できると安心です。 テックガーデンスクールでは趣味と実益を兼ねてプログラミングやウェブスキルを学び、在宅で月5万稼ぐことを目標に多くの方が通っています。今から始めて月5万円は遠い目標ではありません。関心がある方はぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。

次に読みたい定年後のお金に関する記事

次に読みたい
年金だけでは老後資金が足りない!収支のバランスを取る方法として50代から稼ぎ続ける選択肢を準備しよう!

老後2,000万円問題や、意外と年金が少ないという話が聞こえてきます。実際どれくらい年金が貰えて、…

お金とITスキルに関する無料コンテンツもどうぞ!

メール講座 「50代会社員がプログラミングで 月5万円稼ぐ方法」 メルマガからのご入会で 最大¥79,060割引!

無料e-book セカンドキャリア デザインフレームワーク

セカンドキャリアのゴール設定(目標月収など)や重視したいスタイル(在宅、フリーランスなど)を決めた上で、勉強内容とそのゴールを設定することができます。