50代サラリーマンのためのキャリアにつながるスキル一覧、これからの時代のキャリアで求められているスキルとは – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代サラリーマンのためのキャリアにつながるスキル一覧、これからの時代のキャリアで求められているスキルとは

キャリアスキル

キャリアを考える上で欠かすことができないスキルとの関係。時代を捉え、より市場価値が高いスキルを身につけたいものです。本記事では、キャリアとスキルの関係について、そして国を含めてどの分野のスキル習得がおすすめなのか、解説していきます。

よくある質問:50代サラリーマンです。これからのキャリアを考え、自分の武器となるスキルを身につけたいと思っていますが、おすすめのスキルはありますか。
回答:市場価値の高いスキルはあなたのキャリアを優位に進めてくれます。現在、経済界ではDX(デジタル・トランスフォーメーション)が課題とされ、国も様々な事業でDXに必要なスキル習得を後押ししています。データ分析、ウェブ、プログラミングのスキルが人材市場において争奪戦となっていて、おすすめです。

キャリアとスキルの関係性

キャリアとスキルはいずれも仕事や転職など同じ文脈で語られますが、それぞれどのような意味があり、どのような関係性にあるのでしょうか。まず、キャリアとはあなたがこれまでの職業人生で積み上げてきた実績や経歴のことです。次に、スキルとはあなたが持っている能力や技術のことです。つまり、スキルを活かして仕事を行い、キャリアを積み重ねることができる、という関係性にあります。

キャリアを優位にするためにはスキルを選ぶことが必要

時代によって求めらるスキルは変わっていきます。産業革命前、まだ馬車が走っていた時代には、馬を飼い慣らし馬車を上手に運転するスキルはとても重宝されていました。ところが産業革命が起こり自動車が登場すると、今度はハンドルを握って自動車を運転するスキルに注目が集まります。そしていつしか馬車は見られなくなります。どんなに優れたスキルを持っていても、時代に即したスキルではないと、なかなか発揮する機会が得られず、キャリアも積むことができません。これは当然収入にも跳ね返ってくる話です。

国もキャリアアップのためにスキル習得を後押し

現在はリカレント教育・学び直しなどの言葉が多く聞かれるように、社会人になった後も学び続けることが大切とされています。背景には技術革新のスピード向上により、20代の頃までに学んだ知識だけではその後の職業人生を乗り切ることが難しいと考えられていることがあります。そのため、国も、例えば文部科学省が令和3年度予算で「人生100年時代や技術革新の進展等を見据え、リカレント教育等社会人が学び直す機会を拡充」したり、さらに同年補正予算で「DX等成長分野を中心とした就職・転職支援のためのリカレント教育推進事業」を計上するなど、社会人のスキル習得とキャリアアップを後押ししています。

これからの時代のキャリアを優位にする、市場価値の高いスキルとは

前述の文部科学省補正予算でDX(デジタル・トランスフォーメーション)分野のスキル習得が支援されていたように、デジタル化の時代に活躍できる人材が今最も市場価値が高いとされています。ソニーがAI人材に新卒で730万、NECが研究職に新卒で1000万以上を用意するなど、人材の争奪戦が起こっています。
参照:新卒で年収3000万円も!激化する高度人材争奪戦

本ブログの主な読者である50代の方の中には、デジタルやITに苦手意識がある方が多いかもしれませんが、そうは言っていられない時代です。今からでも学ぶべき、あなたのキャリアを優位にしてくれるスキルを3つ紹介します。

データ活用・データ分析のスキル

IoTと言われ、あらゆるものがインターネットでつながる世界になりました。その結果として様々なデータの取得が可能となり、いわゆるビッグデータをいかに活用するかが企業やビジネスの命運を握る時代となっています。ここで活躍するのがデータサイエンティストといわれる、データの活用・分析ができる人材です。本来データ分析をしようとすると、高度な統計や機械学習の知識が必要でした。しかし、近年では専門家ではなくても、データの分析ができる様々なツールやフレームワークが登場しています。そのため、基礎的な概念や知識を習得し、ツールやデータサイエンティストの力を借りながらデータを活用しビジネスを推進できる人材が活躍してく未来になると言われています。

ウェブスキル

IoTとも関連がありますが、ウェブのスキルは今後も引き続き重宝されていきます。一人が複数のデバイスを持ち、様々なサービスがクラウドで提供されている現在、ウェブとの関係は切っても切れないものとなっています。テレワークの時代になり、日頃の業務でもウェブスキルは役に立ちますし、ウェブマーケティングの知見があればビジネスでも大いに貢献します。

プログラミングスキル

実は現在は中学や高校の授業でプログラミングを習っていることをご存知でしょうか。高校の教科書ではAI(機械学習)やデータ分析で使われるPython、ウェブサイトなどで使われるJavaScriptなど、現在プロのシステムエンジニアが使用している言語が扱われています。もちろん、国民全員がプログラマーとなる必要はありませんが、プログラミングの考え方を理解し、プログラミングによって作られたシステムがどのように動いているのかを理解しておくことは全ての国民に必要と考えられているからこそ、学習指導要領にプログラミングが加えられ、学校で教えられているのです。当然のことながら、ビジネスの世界においてもプログラミングの基礎知識は必須のものとなってきています。

テックガーデンスクールではおすすめスキルを全て学べます

50代に向けてキャリアやプログラミングの教育を行なっているテックガーデンスクールでは、ご紹介してきた3つのスキルを全て学ぶことができます。生徒様それぞれにあったオーダーメードカリキュラムを採用していますので、ご自身のキャリアプランや現在のスキルレベルに合った形でご提供しています。ご関心のある方はまずは無料カウンセリングにぜひお越しください。

キャリアアップのためには、まずは市場価値がたかいスキルを身につけましょう。50代の方にとって少し難しいと感じられるかもしれませんが、DX関連スキルは国も後押ししており、習得が推奨されます。

当スクールには50代に向けて多くのキャリア支援とプログラミングなどデジタル関連スキルの指導実績があります。実際にフリーランスとして毎月数万円稼ぐスキルを身につけた方や、デジタル人材としての転職に成功した方もいます。関心がある方は無料カウンセリングにお申し込みください。

次に読みたい

キャリアアップとスキルアップの違いや関係性、そして50代でキャリアアップ/スキルアップを実現した事例紹介

無料e-Book「セカンドキャリアデザインフレームワーク&IT学習の優先づけマトリックス」

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング