50代女性のライフプランを解説!タイプ別のライフプランについても詳しく解説 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代女性のライフプランを解説!タイプ別のライフプランについても詳しく解説

就職、結婚、妊娠・出産、育児、介護。女性の方であれば誰しも1度はこのようなライフイベントについて考えたことがあると思います。今回はライフプランの例を掲げながら、ライフイベントについて詳しく解説をしていきます。

よくある質問:女性のライフプランはどのように作成すればいいのでしょうか?そもそも、50代女性の自分がライフプランを作成したほうがよいのでしょうか?

回答:ライフプランに正解はありません。「自分はどうしたいか」「どうなりたいか」ということをしっかりと念頭に置きながら作成することの方が大切です。ライフプランを作成することにより、将来の漠然とした不安が消え、今やらなければいけないことが見えてきますので、作成することをおすすめしています。

ライフプランとは?

ライフプランとは、人生設計のことを指しています。
人生の中で就職や結婚、出産など様々なライフイベントが起こりますよね。
例えば「〇歳までに結婚して、△歳で子供が生まれて…」と誰しも一度は具体的な人生設計をしたことがあると思います。
これからの人生において、いつ、どのようなライフイベントが起こるのかを考えたり、必要になりそうな費用を予想してみたりすることで、未来に向けて「だから今、どうする?」をなるべく具体的にするための作業ともいえます。
それがライフプランです。

ライフプランとよく一緒に出てくるのが「キャリアプラン」という言葉です。
キャリアプランは働くことに関する計画とされており、ライフプランはキャリアプランも含めた人生設計を指すのが一般的です。
今回はライフプランの例とライフイベントについて紹介をしていきます。

ライフイベントと費用のイメージ

まずは女性のライフイベントの例を見ていきながら、費用感についても把握していきましょう。

就職・転職

多くの方が20代前半で経験するライフイベントが就職です。

就職によって、どのくらいの収入を得られるかで、生活にかける額も変わってきます。 自分が思い描いているライフプランを実現するために今の会社で働き続けるのか、それとも別の会社に転職するのかなどは十分に検討していく必要があります。
また、ライフプランの実現やキャリアアップのため、自己投資をしたり、自己研鑽に励むなどどこでも対応できるスキルを身に付けておくことも大切です。
そして、今の職場で出産や妊娠、介護などといった他のライフイベントにも対応が可能なのかを考えていく必要があります。

結婚

厚生労働省の発表では、女性の結婚年齢の平均は29.4歳です。
また、結婚式や新婚旅行、新居の準備などかなりまとまった額が必要となります。

挙式・披露宴・披露パーティーを合わせた総額では平均約362万円(ゼクシイ結婚トレンド調査2020)もかかるといわれています。
自分の理想年齢は何歳なのか、結婚式を挙げるのか、新婚旅行はどこに行くのかなどを想像しながら結婚についての計画を立てるようにしましょう。
また、結婚を期に退職をする可能性もあります。
仕事を続けるのか、出産や子育てに備えてほかの仕事に変更する必要があるのか、仕事はそのままで勤務形態のみを変えるのかなども考えていく必要があります。

妊娠・出産・育児

妊娠・出産・育児は女性にとって非常に重要な課題となってきます。

妊娠・出産のタイミングで女性は仕事を続けることが難しくなりますし、出産以前のように働くのも難しいということを注意しておかなければなりません。
そのうえで、子供は何人欲しいのか、いつ頃出産を希望しているか、仕事はどうしていくのかなど具体的にしっかりと考えていく必要があります。
幼稚園から大学などを卒業するまでの学費は下記の通りとなっています。

教育費の平均額(1人あたり)
すべて公立(大学は国立文系の場合) 791万円
すべて私立(大学は私立理工系の場合) 2398万円
(文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より)

上記のように、育児にはお金がかかります。
子供は何人欲しいのか、いつ頃出産を希望しているかなど具体的なライフプランを立てておくだけでも心の準備をすることができます。

介護・老後

平成30年度の生命保険文化センターの調査結果によると、介護期間の平均は54.5ヵ月、月々の費用が平均78,000円、一時的な費用が平均69万円で、合計約500万円もかかると言われています。平成30年度の国民年金は満額で年779,300円で、ひと月あたり約6.5万円ですから先述の介護費用の平均である78,000円には足りません。
老後の資金調達のために、育児中であっても働きに出た方がいいかなどは十分に検討する必要があります。

また、実際に介護が必要になった場合に在宅介護にするのか、老人ホームへの入居を希望するかなどによっても費用がだいぶ変わってくるため、事前にどのようにするかを考えておく必要があります。

50代女性のライフプランの例

それではここから具体的なライフプランの例を3つほど見ていきましょう。
今回は大きく分けて、「仕事」を重視しているパターン、「仕事」と「家庭」を両立したいパターン、「家庭」を重視したいパターンの3つの例を挙げています。

仕事重視のライフプラン例

最近では女性管理職などの数も増え、女性にとって活躍できる場が増えてきています。
仕事にも慣れ、チームリーダーなどを任されるようになるとさらにキャリアアップを目指したいという方も多いです。
PR TIMESによる女性管理職の調査によると、女性管理職の平均割合は2022年度現在で8.9%で過去最高、「女性管理職30%」達成企業は8.6%にものぼるそうです。

このように、以前よりも多くの女性がキャリアアップを目指して働いていることが分かります。
ただし、女性が妊娠・出産できる時期には限りがありますので、自分の理想とするライフプランやキャリアプランと照らし合わせながら慎重に計画をしていくことが大切です。

仕事と家庭両立タイプのライフプラン例

結婚や出産もしつつ、仕事もできる範囲で続けたいというタイプですこのライフプランの場合は子供が小さいうちは時短勤務をしたり、在宅で稼げる仕事を探したりするのが一般的です。
仕事に復帰するまでに仕事の感覚がなまらないように細々と仕事を続けているパターンです。
最近ではライターや文字起こしをはじめとした、時間や場所に縛られない在宅での仕事も増えてきました。
PCが1台あればどこでも仕事ができてしまうというものです。
そして子供が手のかからない年齢にまで育つと、自分のキャリアプランを叶えるために再就職に踏み出す方も多く見受けられます。

家庭重視のライフプラン例

出産や妊娠を機に、仕事を退職する「家庭重視型」のライフプランです。
夫や子供の生活を支えるために、身のまわりの世話などをしながら家庭や趣味などを充実させていきます。
会社勤めと違い、時間に縛られることがありません。
このライフプランの場合は週に数回パート勤めをしたり、最近では在宅で仕事をする方も増えています。

50代女性のライフプランに合った学び直しを慎重に見極めないと失敗する

ここまで様々なライフプランの例を見てきました。
ライフプランに正解はありません。100人いれば、100通りのライフプランがあるのです。
仕事、家庭、趣味などどれを重視するのかも人それぞれなのです。まずは自分が本当にやりたいことがなにか、しっかりと自分と向き合って考えてみましょう。
ライフプランは最初から1つに決める必要はありません。
何個も作ってみたり、何度も修正したりしていく中で、自分にぴったりのライフプランが出来上がるはずです。

そのライフプランに沿って今やるべきことを実行していくことが、より豊かな人生を送る第一歩となるでしょう。

人それぞれの状況と目指すスタイルに合わせてライフプランをデザインするとともに、学び直しとスキルアップも行いましょう。
何を学ぶべきかも人それぞれではありますが、50代女性の場合、学び直しにかける時間もそれほど多くはないと思いますので、目指すゴールに直結しやすい内容の選択が非常に重要です。
例えば今から公認会計士のような難関の資格を目指したり、実務から遠い社会人大学院などに入学するのは一般的にはあまりオススメできません。
実務直結型のスキルで今までの経験との相乗効果が期待できるものをおすすめします。
ITやDXスキルはどなたが勉強しても相乗効果が期待できる数少ないスキルの1つなので、今すぐに勉強を始めてみませんか?

50代女性のあなたのライフプランに最適なオーダーメイドカリキュラムを提供できるのはTechGardenSchoolだけ

TechGardenSchoolでは、あなたの今までのご経験や今の状況に合わせて最適なプログラミングの学習プランをご提供させていただきます。
「今の仕事を続けながら自分のペースで学んでいきたい」「早く稼げるようになりたい」、「初期費用は安く抑えたい」など一人一人に合わせて学習プランを組むことができるのもTechGardenSchoolの魅力の1つです。
また、クラウドワークスなどとも提携しており、プログラミングスキル以外の面からもサポートしているのはTechGardenSchoolだけです。

まずは一度無料カウンセリングに参加してみませんか?
ITとキャリアに関する経験豊富なカウンセリングスタッフが 真摯かつ誠実にアドバイスをさせていただきます。
無料カウンセリングはこちらからお申込みいただけます。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング