ITスキルを身に付けて40代から飛躍する。DX時代に求められる人材になるための準備とは。

中高年のためのプログラミング教室 TECH GARDEN SCHOOL

中高年こそプログラミング

ITスキルを身に付けて40代から飛躍する。DX時代に求められる人材になるための準備とは。

40代は、まさに中堅の世代です。2000年始めの就職氷河期を経験し、希望の企業へ就職することができた人もそうでない人も、この20年余りの月日の中で何かしらの経験を積み上げてきたことでしょう。2020年に発表した厚生労働省の2019年の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳で、毎年少しずつ延びているそうです。2021年時点の日本人の平均年齢は47歳ですから、40代の人にとって、人生は折り返し地点のまだ手前といったところ。自分のキャリアを見直し、これからの人生計画を練り直すのによい時期なのではないでしょうか。

将来の自分について考えたとき、さらなるキャリアアップの「武器」になる何かを身に付けたいと考える人もいるでしょう。そんな方にぜひおすすめしたいのは、ITスキルという武器です。 

ここでは、ITスキルを身に付けるべき理由やその学び方について書いていきたいと思います。

 無視できない、社会のDX化という波

 近年のコロナ禍によって、企業のDX化への動きはますます加速しているようです。

「テレワーク」「オンライン会議」「データのクラウド化」などがデフォルトになり、企業のあらゆる業務でIT化が必須となっているためです。それに伴い、DX人材の需要も大変高まっており、大企業が社員のDX研修に投資する動きが始まっています。

DXって何だろう?

そもそもDXとは何なのでしょうか。

DXとは「デジタル・トランスフォーメーション」のことで、デジタル化の最終形といえます。分かりやすいように、企業のデジタル化を図示すると次のようになります。

デジタイゼーション業務の一部にデジタル技術を導入する。

例)オンラインで商談をする。SNSを使って商品をPRする、など。

デジタライゼーション:一連のビジネスプロセスにデジタル技術を導入する。

例)カーシェアリングのサービス、定額制(サブスク)の音楽配信サービスなど。

デジタルトランスフォーメーション:デジタル技術を通じて業務や組織・社風などを 改革・改変し、全く新しいビジネスを作り出すこと

例)タイムズのTONICシステムによる新しいビジネスモデルの創造*1

デジタイゼーションデジタライゼーションの後に来るのがDXです。従来のビジネスの本質を理解した上で、デジタル技術によって更にビジネスモデルを進化させることと言ってもいいでしょう。

例えば、駐車場で有名なタイムズという会社はTONIC(トニック)と呼ばれる情報ネットワークシステムを導入することで、「月極・管理人付き」といった既存の駐車場の概念とは全く違うビジネスモデルを創り出しました。         

ここまでの説明でわかるように、ちまたで「DX化」と言われているものはほとんどがその前段階のデジタイゼーションやデジタライゼーションで、DXはおろか業務の一部にITを導入することさえ四苦八苦している企業が多いのが現実です。

 40代のキャリアアップはITスキルがカギ

 では企業がミドル世代に求めていることについて、改めて考えてみましょう。

ある転職サイトの中途採用者へのアンケートによると、「直近3年間に中途採用した40代の採用理由」の1位は経験が豊富であることで、「専門性が高い」など即戦力や実践力が求められている傾向も見られたそうです。*2

dodaの編集長 喜多恭子さんも、以下のように述べています。

2021年上半期の転職市場は、ITに関連する求人ニーズが堅調となる見込みです。新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業は長期戦に向けた準備を迫られており、IT業界やエンジニアに限らずあらゆる業界・職種でビジネスの軸をIT化・ネット化することが急務になっています。14の分野のキャリアアドバイザーの解説でも、求人の背景にDX(デジタル・トランスフォーメーション)、RPARobotic Process Automation)といったキーワードが目立ちます。」*3

これらを見ると、すべての業種・職種のDX化のためには「それまでの経験を活かしながら企業のデジタル化に貢献してくれる」人材が求められていると言えそうです。 つまり、豊かな実務経験を持ち、その業界のビジネスの本質を理解している中高年にこそチャンスがあるのではないでしょうか。

自分の経験に即したITスキルを身に付ける

とはいえ、実際にこれからDX化のためのITのスキルを習得するといっても、どこから手をつけてよいか分からない方も多いでしょう。そこで40代の皆さんにおすすめしたいのは、今までの経験に関連したITスキルを習得することです。

以下で具体的にいくつかを紹介していきます。

1)業務の効率化・自動化に必要なITスキル

  • ・エクセルVBA
  • Python
  • ・RPA

2)ウェブコミュニケーションに必要なITスキル

  • WordPress
  • ・HTML/CSS

3)ウェブサイトを分析するスキル

  • Google Analytics

1)業務の効率化・自動化に必要なITスキル

たとえば経理業務などのデータ入力の定型業務にプラスアルファするなら、業務を効率化・自動化するITスキルを身に付けるとよいでしょう。

【エクセルVBAエクセルVBAは、エクセルの入力を自動化するマクロ機能を使用するためのプログラミング言語です。経理などで実際にエクセルを使用する業務を経験したことのある人なら、さらにこのVBAのスキルを磨くことで、他者と差別化することができます。

 【Python】Pythonは今一番注目されているプログラミング言語です。注目されている理由は、コード記述のシンプルさや、一からプログラムを作らなくてもいいように用意されている「ライブラリ」というプログラムパーツのセットがあること、そして活用できる場面が多様であることなどがあります。

 たとえばWeb上にある膨大なデータのうち、クライアントや将来顧客となる消費者の特定のデータだけを取り出したい…というときにPythonはその実力を発揮します。この手法は「スクレイピング」と呼ばれ、ウェブ上から先ほどの「ライブラリ」を使って自動で特定のデータを取り出すものです。初学者向けの指南書やウェブの記事がたくさん出ていますので、プログラミングそのものの概要を学んだうえで挑戦してみるには良い言語と言えるでしょう。

【RPAまた、最近は自社の生産性を向上させるためRPAというシステムを導入する企業が増えています。RPAとはRobotic Process Automationの頭文字で、人間が行っていた定型業務を代わりに自動で行う技術のことです。実際にはWinActorUiPathといった複数のシステムの中から目的に合ったものを選ぶことになりますが、ノーコードで自動化の仕組みを作れるので、プログラミングをこれから学ぶ中高年の方々でも十分に実務レベルを目指せると思います。今いる職場でどのような困りごとがあるか、どこを自動化すればコスト削減につながるか…など導入の目的を把握している人が、さらにRPAについての知識を持てば、システム導入の際に会社とシステム業者との橋渡し役をすることができます。

 大事なのは、自分で構築できればそれに越したことはないですが、最低限橋渡し役ができるだけの知識があるだけでも十分にあなたを差別化できる、ということです。あくまでもコミュニケーション力やプロジェクトを実現させるためのマネジメント力など、今まで培った経験を今求められている場所で生かすためのプラスアルファの技術と考えると最初の一歩を踏み出しやすいですよね。

2)ウェブコミュニケーションに必要なITスキル

マーケティングや広報関係なら、ウェブページを作るためのスキル習得がおすすめでしょう。

【WordPress】WordPress(ワードプレス)は世界にあるウェブサイトの40 %が使用しているともいわれている、ウェブページ制作と運営を行うシステム(CMS)です。

複雑なプログラムを書かなくても、豊富なプラグインを使用すれば目的に合ったサイトを簡単に作れることができるのが魅力です。

 またWordPressは、この後説明するアクセス解析にも強いと言われており、検索エンジンで上位になるための分析ツールなどもプラグインで用意されているため、企業にとってありがたいCMSとなっています。

【HTML/CSS】もう一歩上を目指すなら、ウェブページを制作する言語であるHTML/CSSまで学んでおきたいですね。WordPressを使いこなす上でも、HTML/CSSを知っておいたほうが良い場面が多く出てきますし、文字の修正などの簡単な変更なら、いちいち外注業者にお願いしなくても自分でできるようになりますよ。

3)ウェブサイトを分析するスキル

【Google Analytics】 先ほどのWordPressとセットで学びたいのが、アクセス解析の知識です。

Google Analyticsは、Googleがユーザー分析のために提供しているツールのこと。無料で利用できるうえ、どのような人たちがどのようなルートで何を読んでいるか…といった分析をリアルタイムで行ってくれるため、自社サイトやECサイトを持つ企業にとってはアクセス解析のツールとして欠かせないものとなっています。Google Analyticsのことを知らずしてウェブ対策はあり得ないと言っても過言ではないでしょう。

最後に

ここまで40代の皆さんに、キャリアアップのためにITスキルが必要な理由やこれから学ぶべきITスキルなどを紹介してきました。これからの時代、いわゆる「腰掛け」と言われる人は企業で生き残ることはできず、働く人にはより業績への貢献が求められるようになるでしょう。人生の中間地点である今の時期にぜひもう一度キャリアを見直し、必要なスキルを磨く第一歩を踏み出してほしいと思います。

ITについて全く分からないので、何から学べばいいかわからない」「今までの経験にプラスすべきスキルを教えてほしい」といった方には、テックガーデンスクールの無料カウンセリングがおすすめです。強引な勧誘などは一切ありませんので、最初の第一歩を踏み出す際にぜひ利用してみてください。

TechGardenSchoolへの無料入学相談・カウンセリングへのご参加は、こちらから。↓

オンライン無料個別カウンセリング

参考・引用

  • *1タイムズ24株式会社ホームページ http://www.times24.co.jp/service/times/value.html
  • *2マイナビ「中途採用業務の実績調査」2019131日発表 
  • *3202114doda「転職市場予測2021上半期」より引用 https://doda.jp/guide/market/
  • GOZONJI「DXとデジタイゼーション、デジタライゼーションの違いとは?」https://www.realgate.co.jp/md/3088/
  • Google Analytics サイトhttps://marketingplatform.google.com/intl/ja/about/analytics/

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング

無料メール講座 & 無料e-Book「プログラミングの学び方セカンドキャリアでの稼ぎ方」

無料メール講座 & 無料e-Book「プログラミングの学び方セカンドキャリアでの稼ぎ方」