【再就職したい女性必見!】50代女性の再就職を成功させるコツとは

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

【再就職したい女性必見!】50代女性の再就職を成功させるコツとは

「子供が手を離れたので仕事を再開したい」 「今のうちに働いて老後資金を貯めておかないと」 家事や育児に専念するために仕事から離れた後、50代になり生活が落ち着いて、再就職を考え始める方が 多くいらっしゃるのではないでしょうか。


本記事では、そんなあなたのために、50代におすすめの仕事や探し方のコツ・あると有利な資格などを紹介していきます。

50代女性です。しばらく仕事から離れていたのですが、余裕が出てきたので無理のない働き方で再就職したいと思うようになりました。50代からの再就職活動は、何から始めたら良いでしょうか。また、成功させるコツや秘訣があれば教えて下さい。

慢性的な人手不足に加え、在宅勤務を始めとする新しい働き方が普及してきた現在、しばらく仕事から離れていた50代女性でも再就職を考える人が増えてきました。50代からの再就職では、順番が大切です。まずは、今のあなたの過去の経験やスキルの棚卸しを行い、その経験とスキルに付加価値をつけることができる学び直しやリスキリングがオススメです。目指す業界・職種によっては、資格取得が効果的な場合もあると思いますので検討してみてください。また過去培ってきた経験と新しいスキルや資格を組み合わせて、諦めずに新しい仕事に応募し続けることが大切です。

50代女性の再就職事情

厚生労働省発表の「令和3年雇用動向調査結果の概要」より、50代女性の転職入職者率を見ると、 50代前半(50~54歳)で8.5%、50代後半(55~59歳)で6.7%となっています。

40代(8%台)と比較すると特段大きな差は感じられませんが、20代・30代の10%以上の比率を見ると やはり「再就職においては年齢が若い方が有利」であり、50代の再就職は決して簡単とは言えない現状があります。
この事情を踏まえたうえで、50代女性が再就職に「成功」できるかについて、考えていきたいと思います。

引用元:
厚生労働省「雇用動向調査」 令和3年雇用動向調査結果の概要(4 転職入職者の状況 (1)年齢階級別転職入職率 )

50代女性が考える「再就職における成功」とは

再就職における成功とはズバリ「望んだ結果がきちんと得られている」事です。
では「あなたが望む成功」とは、どんな状態でしょうか。 いきなり明確にするのは難しいと思いますので、まずは50代女性が考える「再就職における成功」について 見て行きましょう。

①賃金・労働条件の充実

再就職における成功の要素として時給・年収などの「賃金」や勤務時間・福利厚生などの「労働条件」は 切っても切り離せない関係だと思います。 生活に直結する「収入」「就業環境」が希望通りである事は、仕事のやりがい以上に大切と思われている方も 多いのではないでしょうか。

②プライベート(家事・介護)との両立が容易にできる

50代女性は「家事」「育児」「介護」など、社会や家庭の中での「役割」を複数担っている事が多いです。 これらの役割と仕事との両立がストレスなくできる企業に身を置くことも「再就職における成功」の一つです。

③前職のキャリアを活用できる

休職・退職するまでの間に自分が築いてきたキャリアを活用できる企業に再就職できれば、 仕事のやりがいを感じたり、職場で活躍することで満足度が高まり、結果「成功した」と感じられます。

④無理せず働ける環境

昔より若くなったと言われている世代ではありますが、20代30代の頃のような無理は利かなくなってきているのが 50代の現状です。遅くまでの残業や気を遣う人間関係とは無縁の、適度に体や頭を働かせることができる業界・職種を選んで社会人生活を充実させることも成功の一つと言えます。

再就職を成功させる手順とコツ

では、ここからは50代女性だからこそ心がけておきたい「再就職を成功させる手順とコツ」を ご紹介していきます。

手順①自己分析を行う

まずは「自分を知ること」が大切です。 どのような経験やスキルがあるか、得意な分野は何か、不得意な事は何か、 どんどん洗い出していきましょう。客観的に捉える事で自分がどのような人材か、「自分の市場価値」が 見えてきます。

手順②働くスタイルを考える

次に「どんな働き方がしたいのか」。フルタイムで働くのか、週〇日や一日何時間などの働き方にするのか、 収入はいくら位が良いか、在宅・出社どちらをメインにするか、希望を考えていきましょう。
優先順位(ココだけは外せない)を付けていくと頭の中が整理しやすくなります。

手順③経験とスキルを活かせる業界・職種を選ぶ

「全く新しい業種や職種への再就職」というのは、正直難易度が高いです。 特に50代においては、採用する側も「即戦力」を必要としています。
あなたが今まで培ってきた実務経験やスキルを活かせる業界や職種を選ぶ事が成功への近道となります。

手順④自分のスタイルx業界・職種 に合う求人メディアに登録して、求人に応募し続ける

実は求人メディアには「得意な求人・不得意な求人」があります。 やみくもに登録するのではなく、自分の働くスタイルと業界・職種 に合う求人メディアを厳選していきましょう。
また、万が一数社不採用が続いたとしても「マッチングが上手くいかなかっただけ」と割り切り、落ち込むことなく 応募し続ける事が大切です。

コツ① 新しい働き方の職場に強い求人メディアを選ぶ

新型コロナウイルスの影響でテレワークが一気に普及、それに伴い就業形態や働く場所・時間にとらわれない 「新しい働き方」ができる企業が増えています。
非正規雇用率が高い50代の再就職とも相性が良いので、「新しい働き方」を導入している企業の求人が多い メディアを見つける事がコツの一つです。

コツ② 女性やシニア活用に積極的な企業選び

女性やシニアの採用・活用に前向きな企業を狙うのもおススメです。
書類審査や面接を通過しやすいのはもちろん、女性管理職の登用に積極的だったり、時短勤務やテレワークなど 柔軟な働き方ができる環境が整っている可能性が高いです。

コツ③ 正社員にこだわらず、パート・派遣を狙う

50代の再就職では、正社員よりもパートや派遣の方が採用されやすいです。
正社員にこだわって探しているとその分マッチする求人が少なくなり、再就職の可能性を狭めてしまいます。 パートや派遣という働き方に絞って効率的に求人を探すというのもおススメです。

自分の市場価値を高める方法

前章の「成功させる手順」として「自己分析を行う」事をご紹介しました。 より満足できる再就職を実現するには、自己分析した自身の市場価値を知るだけではなく「高める」必要もあります。

ここでは「市場価値を高める方法」について3点、お話していこうと思います。

今後のキャリアプランを明確にする

なりたい姿ややりたいことなど「キャリアプラン」を明確にしていきましょう。 キャリアプランと現状とのギャップがわかれば、今後すべきこと・目標が見えてきます。
達成に向けたスキルアップや知識の習得などに取り組むことで、結果、自分の市場価値も 高まっていきます。

デジタルの知識・リテラシーを身につける

近年、DXの動きが活発です。
「紙の書類をデジタル文書化」「事務オペレーションをデジタル化」など、この先どの業界でも デジタル活用の必要性がなくなることはないでしょう。
IT業界に限らず、デジタルの知識やリテラシーを高めておく事は自身の価値を高める大切な要素となります。

積極的にインプットの場に参加する

勉強会やセミナー・コミュニティなどに参加する事も大切です。知識を増やすことはもちろん、他業種の方の話を 聞くことで、自分自身の新たな可能性に気づけるかもしれません。
最近はオンラインで家にいながら学んだり同じ目標を持った仲間たちと交流することも可能です。 積極的にインプットの場に参加してみましょう。

持っていると採用されやすい資格4選 

ここからは「持っていると採用されやすい資格」を4つご紹介します。
履歴書に載せる事で経験やスキルを可視化できたり、他者との差別化が図れたり、資格がなければできない仕事に就けるようになります。

①宅建

宅建とは「宅地建物取引士」の略称で、不動産取引における専門家を指す国家資格を言います。
宅建のおすすめポイントは、宅地建物取引士でなければできない「独占業務」があるという点です。
不動産会社への就職や転職、資格手当などの収入アップの可能性、さらには独立開業という道も開けます。

②簿記2級

簿記2級(日商簿記検定2級)とは、日本商工会議所の主催する「簿記検定」の2級試験のことをいいます。 難易度は「就職・転職に有利なレベルの簿記知識を有する」 で、各企業の経理・財務業務での必要性にとどまらず、ビジネスのあらゆる場面で活きてくる資格・スキルです。

③ エクセルVBAエキスパート

VBAエキスパートとはExcelやAccessの「マクロ」機能で用いられるプログラミング言語です。
日本の企業ではマイクロソフトオフィスの使用率が高いので、エンジニアだけではなく事務職の再就職の 際にも、他者との差別化が図れて有利な資格となります。

④ Pythonエンジニア認定試験

PythonとはAI技術やデータ分析などの開発で世界中で使用されているプログラミング言語の事をいいます。「Pythonエンジニア認定試験」は国内外で実施されている資格試験です。
特にIT業界を希望されている方は資格を取得することでスキルを証明することができ、選考時にプラスになることは 間違いありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は「50代女性の転職・再就職を成功させるコツ」についてお話ししました。 50代での再就職は若い世代よりも簡単でないことは事実です。

しかし、本記事でおススメしたように、ご自身の過去の経験やスキルの棚卸し、付加価値をつけるための勉強・ 資格取得、希望の働き方x業界・職種 に合う求人メディアに登録、と順番を大切にすることで、 効率良く再就職を目指す事ができます。

そして何よりも「諦めずに求人に応募し続けること」これこそが成功のカギです。 この記事が皆さまの行動のきっかけ・お手伝いになれば嬉しいです。

50代女性の再就職のためのITやプログラミングのスキル習得にはTechGardenSchoolがオススメ

50代女性が希望通りの再就職を叶えるためには、ITスキルがあると強力な武器になります。 勉強・資格取得に「Tech Garden School」の講座がおススメです。
Tech Garden Schoolは50代のセカンドキャリアや再就職を意識した、いわば「中高年のためのITスクール」で、 超初心者の中高年を長年指導しているベテラン講師陣による手厚いサポート体制が整っています。

クラス中、常時生徒の表情や画面を共有で見守ってくれたり、授業外の時間でも気軽に現役エンジニアの講師に質問できる環境なので「パソコン操作は苦手」「プログラミング未経験」と不安に思われている方も安心して受講できます。

無料カウンセリングや体験レッスンも行っていますので、まずは是非お気軽にご相談ください。

次に読みたい

次に読みたい
40代の主婦が未経験からプログラミング学習を始めて収入に繋げることは本当に可能か?

ようやく子育てが落ち着いてきて、時間的にも精神的にも少し余裕が出てくるのが40代の主婦。空いた時間…

次に読みたい
【50代からのプログラミングスクール】中高年・シニアの活用企業事例5選〜働き方改革からプログラミング習得まで〜

よくある質問:定年70歳法が施行されたことを受け、中高年・シニアを積極的に活用している先行事例を知…

50代女性の再就職に役立つ無料コンテンツもあります!

無料e-book
セカンドキャリア
デザインフレームワーク

セカンドキャリアのゴール設定(目標月収など)や重視したいスタイル(在宅、フリーランスなど)を決めた上で、勉強内容とそのゴールを設定することができます。