50代会社員におすすめのプログラミング言語は? データ分析・業務効率化・機械学習など需要の高いスキルから紹介!

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代会社員におすすめのプログラミング言語は? データ分析・業務効率化・機械学習など需要の高いスキルから紹介!

50代になってプログラミングに挑戦する方も多いでしょう。ただ、未経験だとどのプログラミング言語を学べばよいかわかりづらいですよね。今回は、50代におすすめのプログラミング言語を学ぶ目的別に解説するとともに、プログラミング言語を学習する方法についてもまとめてみました。気になる言語があればぜひ学習してみてください。

50代でプログラミング言語を学ぼうとしているのですが、何かおすすめの言語はありますか?

職場で役立つExcel(エクセル)VBAを学んでみてはどうでしょうか。普段使っているExcel(エクセル)で簡単に業務効率化できるようになりますよ! VBAの難易度であれば50代未経験でも、書籍や動画などで独学することもできます。つまずくようであれば、メンターを探すか、プログラミングスクールに通ってみることも検討してみてください。

結論:中高年がプログラミングを学ぶならDXで求められる業務効率化・データ分析・機械学習に関する言語がおすすめ

中高年がプログラミングを学ぶなら基本的には職場のDXに役立つ言語がおすすめです。

具体的には、データ分析や機械学習に役立つPython、使い慣れたソフトで業務効率化できるExcel(エクセル)VBAなどが適しているでしょう。

プログラミング言語を学ぶのが難しそうであれば、プログラミング不要で使えるビジネス向けデータ分析ツールなどもあるので、学習を検討してみてください。

50代におすすめのプログラミング言語を知る前の基礎知識

プログラミング言語選びを間違えると、あとで他の言語を学び直す必要が出てしまうことがあり、非効率です。おすすめのプログラミング言語をご紹介する前に、プログラミング言語の基礎知識を解説します。

基礎知識1.プログラマーにも種類がある

プログラマーにもさまざまな種類があります。

たとえば、ホームページの目に見える部分を制作するフロントエンドのWebプログラマーや、スマートフォン向けのゲームを開発するゲーム系プログラマー、電化製品の制御プログラムを開発する組み込み系プログラマーなどが挙げられます。

プログラマーの種類によっておすすめのプログラミング言語が変わってくるので、自分がどのようなプログラマーになりたいのかをイメージしてプログラミング言語を選択することが重要です。

基礎知識2.プログラミング言語の種類は多い

プログラミング言語は、時代とともに新たな種類が生まれ、廃れていく種類もあります。

種類の数は膨大であり、古く学んだこともあるかもしれないアセンブリやCOBOL、幅広いジャンルの開発に使えるJava、グーグル社が開発したGoなど、挙げ出すと切りがないほどです。

目的にマッチしないプログラミング言語を学ぶと貴重な時間が無駄になります。定年後の目的を明確にしてプログラミング言語を選ぶことが重要です。

おすすめのプログラミング言語を選ぶ前に把握したいプログラミング言語のデータ

続いて、おすすめのプログラミング言語を選ぶ前に把握しておきたいプログラミング言語のデータもご紹介します。

TIOBEプログラミング言語ランキング

オランダのソフトウェア評価の専門会社TIOBEソフトウェアによると、2024年3月におけるプログラミング言語の上位ランキングは下記の通りです。

プログラミング言語2024年3月順位
Python1位
C言語2位
C++3位
Java4位
C#5位

1位となっているPythonはAIの分野で特に注目されているプログラミング言語です。

科学技術分野向けのライブラリ(プログラムに使えるコードの集まり)がたくさん提供されており、50代でも難しい計算処理を簡単に実行できます。

本記事もおすすめのプログラミング言語として紹介しているので、詳細は後述の内容もご確認ください。

求人数・案件数

プログラミング言語の種類によって求人数や案件数が変わってきます。

求人数や案件数が少ないプログラミング言語を学んでしまえば、結果として収益につなげにくくなるでしょう。

indeedなどでプログラミング言語名を検索すれば、具体的な求人数などを確認できます。気になるプログラミング言語をいくつか検索して、なるべく仕事が多そうな言語を学習しましょう。

年収

プログラミング言語によっては、求人数・案件数だけでなく、平均年収も変わってきます。

たとえば、近年はAIに関連する給与水準が高くなっており、AIに関するプログラミング言語を学べば、年収を高められる可能性があります。

学ぶプログラミング言語を変えるだけで、平均年収が100万円以上変わるケースもあります。

プログラミングスクールが言語の年収を比較して調査結果を公開することもあるので、最新の年収情報を把握したうえで言語を選びましょう。

中高年の未経験者がプログラミング言語を選ぶ基準

中高年の未経験者だと、どのプログラミング言語を選べばよいか、自信を持てないでしょう。プログラミング言語を選ぶ基準を3つに絞ってまとめてみます。

知名度が高く習得しやすい

知名度の低いプログラミング言語だと、書籍やネットの解説情報が少ないです。わからないことを解決するのが難しく、結果として習得しづらいです。

その一方で、知名度の高いプログラミング言語であれば、同様の観点から不明点を解決しやすくなりますし、スクールでも授業を受けられます。プログラミング言語を検索して教材が見つかりづらいようであれば、選ばないようにしましょう。

副業案件として獲得しやすい

定年後にプログラミングで収入を得たいのであれば、50代のうちから副業案件を獲得できるようなプログラミング言語を選びましょう。

最近ではプログラミングスクールが副業案件の獲得までサポートするカリキュラムを提案してくれることもあります。プログラミング言語も選ぶときの参考にしてみてください。

仕事で活用できる

50代からプログラミングを学んでも、副業するのは厳しいと思う方もいるかもしれません。仕事で活用できるプログラミング言語を選ぶことで、現在の業務でも活かせ、セカンドキャリアや副業といった選択肢が広がります。

Excel(エクセル)は、業務で使うケースが多いでしょう。Excel(エクセル)と親和性の高いプログラミング言語などを学べば、すぐに職場で業務効率化ができる人材になり、会社に貢献できるようになります。

中高年におすすめのプログラミング言語と関連スキル・ツール

中高年の未経験者がプログラミング言語を選ぶ基準をお伝えしました。引き続き、中高年におすすめのプログラミング言語を目的別に解説します。プログラミング言語を学ぶのが難しいときに検討したい関連スキル・ツールも紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

業務効率化

プログラミング言語を利用する代表的な目的が業務効率化です。業務効率化に役立つプログラミング言語や関連スキルを紹介します。

Excel(エクセル)VBA

Excel(エクセル)VBAは、エクセルで行うデータ処理を自動化できるプログラミング言語です。たとえば、毎月行っている請求書作成や売上データの整理などを簡単に行ったり、グラフ作成ボタンを押すだけで、特定のセルに入力されている数値や軸の名称などを処理してグラフを作成できるようになります。。

Excel(エクセル)VBAでできる副業・転職の事例を知りたい方は「Excel(エクセル)VBAとは? マクロでできること・メリット、学習方法、関連資格などを解説【業務改善事例や副業・転職の仕事例も!】」の記事をご覧ください。

RPA

RPAは、Robotic Process Automationの略称であり、パソコンやシステム、アプリで行う業務を連携して自動化するスキルをさします。50代の方が学べば実務を自動化できる専門家として職場で重宝されるでしょう。ノーコードなので、プログラミングを学ぶのが難しい方でも使いこなせます。

RPAを用いた業務の詳細は「【RPAx50代会社員 最強説】RPAフリーランス案件には実務経験豊富な50代会社員が最適」の記事をご覧ください。

データの分析・活用・取得

最近ではデータの分析・活用・取得にプログラミング言語を利用する方も増えています。データの分析・活用・取得に役立つプログラミング言語や関連ツールを紹介します。

Python

Pythonは、データ分析用のライブラリが豊富に用意されているプログラミング言語です。ライブラリを利用して簡単にデータ分析を始められます。基本的な手法でスクレーピング(Webやデータベースからデータを抽出する方法)を行うことも可能です。データ活用経験が薄い50代の方でも使いこなせる可能性があります。

データ分析スキルを習得するメリットについては「Pythonでデータ分析を始める!50代でもDX人材として活躍するために」の記事をご覧ください。

BIツール

BIツールとは、ビジネス向けデータ分析ツールです。データの集計や分析、可視化する機能を備えており、分析結果をビジネスに活用できます。プログラミング不要で利用できるので、Pythonが習得できなかった方でも活用できるかもしれません。

BIツールの活用事例については「Power BIならDX化に必要なデータ分析が可能〜セカンドキャリアにも役立つ!」の記事をご覧ください。

人工知能・機械学習

市場価値を急激に高めたいのであれば、人工知能や機械学習に関するプログラミング言語を習得するのもよいでしょう。人工知能や機械学習に関するおすすめのプログラミング言語をご紹介します。

Python

機械学習はコンピューターに膨大なデータを学習させて人工知能を作るための技術です。

Pythonは機械学習に適したプログラミング言語として知られています。機械学習で使われるライブラリ、フレームワークが揃っており、ほかの言語よりも使いやすい傾向です。

コードもシンプルで理解しやすいので、50代の方でもプログラミングの基礎を学びやすいでしょう。

アプリのローコード開発

アプリ開発に興味があるけれど、プログラミング言語を学ぶのが難しい場合は、ローコードツールの学習も検討してみましょう。アプリ開発に役立つローコードツールをご紹介します。

MS PowerPlatform

MS PowerPlatformは、Microsoftが提供する業務効率化プラットフォームです。プラットフォームに含まれるPower Appsを活用すれば、独自のアプリをローコードで開発できます。Power Automateを使えば、承認のメールを自動で送ったりといった処理のプロセスを作成したりもできます。

MS PowerPlatformを学ぶメリットの詳細については「MS Power Platform まとめ :業務効率化・自動化におすすめの5つのツールを徹底解説!」の記事をご覧ください。

Web制作

プログラミング言語を学べばWeb制作の副業にもチャレンジできます。Web制作を始めるのにおすすめのプログラミング言語と関連ツールをご紹介します。

HTML、CSS、JavaScript

Web制作では、Webサイトの骨格を作るHTML言語、Webサイトのデザインを調整するCSS言語、Webサイトに動きを加えるJavaScript言語が必要になります。

HTMLは少し学ぶだけでホームページの形を表示させられるので、学習成果がわかりやすいです。50代の方でも楽しみながら学習しやすいので、まずはHTMLから学ぶのがおすすめです。

WordPress・PHP

WordPressはプログラミングスキルがなくてもサイトを構築できるツールです。WordPressはPHP言語でカスタマイズすることもできます。WordPressをカスタマイズできるコーダーは少ないので、Web制作の副業の幅を広げたい方はPHP言語の習得にも挑戦してみるとよいでしょう。

WordPress向けプログラミング学習の手順については「50代初心者のプログラミングは需要の高いWordPressがおすすめ!」の記事をご覧ください。

プログラミング言語と関連スキル・ツールの習得方法

続いて気になるのがプログラミング言語と関連スキル・ツールの習得方法でしょう。主な習得方法について解説します。

独学する

プログラミング言語や関連スキル・ツールは書籍や動画、学習サイトなどを活用して独学でも学べます。

書籍や動画

書籍で学習する場合は実践が不可欠です。開発環境を準備する方法や実践課題まで掲載された本を選びましょう。文字だけだと理解しづらい場合は、YouTubeなどで動画を見るのもおすすめです。無料ですが、実際にコーディングの過程などを映像で確認できます。

学習サイト

開発環境を設定せずブラウザで気軽に学べる学習サイトもあります。ブラウザ内でコーディングの課題をクリアしていくサイトが代表的です。開発環境の準備で挫折してしまった方や開発環境を準備する時間がない方は活用を検討してみてください。

主な学習サイトを知りたい方は「【50代向け】Progateとドットインストールの違いと挫折しにくい学習法を解説!」の記事をご覧ください。

メンターをつける

最近ではメンターを探して個人授業をしてもらえるサービスも増えています。メンターをつけて学習すれば、エラーなどで詰まってしまったときに、すぐ相談ができたり、独学でうまく結果が出ないときに、学び方について軌道修正できます。

プログラミングスクールで学ぶ

誰でもメンターを名乗れる時代であり、メンターの評価はわかりづらいものです。企業が運営するプログラミングスクールであれば利用者が多く、先生の口コミや評判も確認しやすいです。信頼できる先生のもとで学びたい方は、プログラミングスクールも検討してみてください。

まとめ

50代におすすめのプログラミング言語をさまざまご紹介しましたが、人によっては収益につなげるのが難しい場合もあります。

まずはプログラミングの効果を実感するために、比較的簡単に学習できて職場のDXに役立つExcel(エクセル)VBAを学び、身近な業務の効率化に挑戦してみてください。AIによる自動化などに興味が湧いてきたら、機械学習に適したPythonも学んでみるとよいでしょう。

ホームページ制作に興味がある方は、HTMLやCSS、JavaScriptなどを学びましょう。HTMLは難易度が低めなので、50代の方でも学習しやすいです。

いずれのプログラミング言語も独学でつまずくリスクがあります。プログラミングスクールであれば、いつでも先生に質問して疑問点を解決できます。挫折してしまいそうであれば、プログラミングスクールの利用も検討してみてください。

50代で学びたいプログラミング言語が見つからないならTechGardenSchoolに相談!

TechGardenSchoolは、主に50代会社員を対象としているプログラミングスクールです。業務効率化や機械学習、アプリ開発、Web制作など、さまざまな目的に応じてプログラミングを学べます。
キャリア教育のエキスパートがヒアリングをして、それぞれのセカンドキャリアに最適なプログラミング言語を提案します。無料カウンセリングを受け付けているので、これから学ぶプログラミング言語に迷っている方は、ぜひ一度TechGardenSchoolまでご相談ください。

50代からプログラミング言語を学ぶのに役立つ無料コンテンツもあります!

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

オーダーメードカリキュラム診断

あなたのなりたい姿から逆算して
あなただけの学習プランを診断します。
簡単3分で完了!

次に読みたい
未経験50代会社員でも業務効率化プログラマーなら、転職も副業も可能:50代のための勉強法も解説

TechGardenSchool代表の高橋です。 当スクールの体験クラスにご参加いた…

次に読みたい
【中高年・シニアのためのプログラミング学習ガイド】中高年がプログラミングの独学で躓きやすい挫折ポイント3選

具体的な独学方法については記事:「【中高年向けプログラミング勉強法】まるで体験レッ…