50代会社員がプログラミング学習する際におすすめパソコンの周辺機器5選 :光回線/外付けディスプレイ/マウス/外付けSSD/USBハブ

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代会社員がプログラミング学習する際におすすめパソコンの周辺機器5選 :光回線/外付けディスプレイ/マウス/外付けSSD/USBハブ

定年後のセカンドキャリアに向けてプログラミング学習を検討している方も多いでしょう。プログラミング学習を始めるにあたってパソコン以外に周辺機器も必要になります。ただ、周辺機器についてはさまざまな種類があり、プログラミング学習に何を準備すべきかわかりづらいです。
そこで今回は、50代会社員がプログラミング学習に向けて用意したいおすすめのパソコン周辺機器を紹介するとともに選び方なども解説します。ITリテラシーが高まってから楽しめる周辺機器も紹介しているので、ITに少し詳しい50代の方もぜひチェックしてみてください。

定年後に在宅ワークをするために、50代のうちからプログラミング学習を始めようとしています。パソコンはあるのですが、そのほかに必要な準備はありますか?

パソコンの周辺機器を用意しましょう。たとえば、光回線を契約してWi-Fiルーターを用意すれば自宅の好きな場所で快適にオンラインレッスンが受けられます。長時間学習で疲れないように勉強用のデスクやイスを用意することも重要です。ITリテラシーが高まったらキーボードや高性能マイク、ペンタブなどにもこだわってみると楽しいですよ。

結論:50代会社員がプログラミング学習に向けてまず用意すべきパソコンの周辺機器は5つ!

50代会社員がプログラミング学習に向けてまず用意すべきパソコンの周辺機器は下記の通りです。

・光回線環境(w-ifiルーター)

・外付けディスプレイ

・マウス

・外付けSSD

・USBハブ

これらの周辺機器を用意することで、通信速度や作業効率などが高まり、オンラインレッスンやその後の在宅ワークが快適になります。

プログラミング学習に専念できるようになれば上達スピードも高まるはずです。

中高年・シニア向けプログラミング教室が激推しする必須の周辺機器

中高年・シニア向けプログラミング教室が激推しするプログラミング学習に必須の周辺機器の詳細をご紹介します。具体的な製品例も挙げていくので、導入イメージを湧かすための参考にしてみてください。

光回線環境

ネット回線速度が遅いと学習効率が下がるので、基本的には通信速度が速くて安定している光回線がおすすめです。大容量のデータをスムーズにやり取りでき、Web会議の音声・映像の途切れも減らせます。

代表的な光回線環境としては、auスマホの料金が割引されるauひかりが利用可能です。

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターがあれば好きな部屋でインターネットを使って在宅ワークができます。ただ、製品によってはデータ送受信に時間がかかったり、映像通話が頻繁に停止したりするリスクもあります。ポケットwifiやテザリング、回線契約時に設置される無料ルーターではなく、回線速度が速くて安定した3万円くらいのルーターを検討してみましょう。

I-O DATAからはWN-DAX6000XRのようにIp6対応でネットが混雑しにくい製品が販売されています。

外付けディスプレイ

外付けディスプレイをパソコンと接続することで、マルチモニターを構築して作業効率を高められます。

作業領域が拡大されるので、1つの画面でプログラミングの学習サイトを開きながら、もう1つの画面でエディターソフトでコーディングを行えます。パソコンとディスプレイをケーブルで接続して、少し画面設定をするだけで環境を整えられるため、試さない手はありません。サイズについては、50代の方であれば13インチ以上の画面をおすすめします。

アイリスオーヤマからはDT-FF213S-Bのように前後に動かして角度調整できる製品が販売されています。

マウス

マウスがなくてもパソコンは操作できますが、マウスがあると画面のアイコンやリンクをクリックする作業が楽になります。ワイヤレスタイプだとケーブルなしでパソコンを操作できるのが便利です。デスクがスッキリするので、コーディング環境も快適になるでしょう。

エレコムからはM-Y8UBXBKのように設定なしですぐつかえる有線対応マウスが販売されており、バッファローからはBSMBW530NBKのように安心して持ち運べる耐衝撃ボディの無線対応マウスが販売されています。

外付けSSD

外付けSSDを使えばデータの処理速度を速くできます。動画や写真などのデータはHDDに保存し、実行プログラムや分析対象データなどをSSDに保存すれば作業が効率的です。

バッファローからはSSD-PUT1.0U3-BKCのようにキャップをなくす心配がないスライドタイプの製品が販売されています。

USB ハブ

USBハブがあればパソコンのUSBポートを増やせます。ポート不足を心配せずUSBメモリやワイヤレスマウスの無線接続機器、モバイルバッテリーなどをパソコンに接続できるようになります。

AnkerからはUSB-C データハブのように1つのUSBポートを最大4つのポートに拡張できる製品が販売されています。

中高年・シニア向けパソコン周辺機器の選び方

これまでパソコン周辺機器を使用してこなかった50代の方であれば、どのような製品を選べばよいのか迷ってしまいますよね。ここでは、中高年・シニアがパソコン周辺機器を選ぶときのポイントをお伝えします。

最初は高くても信頼できるメーカー・国産を選ぶ 

海外製はすぐに壊れるという口コミが少なからず見受けられます。また、外国人の掌にあわせたサイズで設計されることもあり、日本人になじまないという意見もあります。

最初は値段の安さを重視するのではなく、Ankerやエレコムやバッファローのように信頼できるメーカーや国産メーカーなどの製品を選びましょう。

レビューやネット上の評判を参考に定評のある製品を選ぶ

パソコンの周辺機器はレビューやネットで、取り付けしやすさやコードの太さなど、細かい部分の感想をはじめ満足度を確認できます。

おすすめされている定評のある製品であれば安くても使いやすい可能性があります。通販サイトでは基本的に製品のレビューや評判を確認できるので、じっくりとチェックしてみましょう。

一度に購入するより一つずつ買い足していくのがおすすめ

プログラミング学習を始めるとき、勢いに任せてたくさんの周辺機器を購入してしまう方もいるでしょう。

ただ、購入したアイテムの必要性が薄いと、無駄に学習コストが高くなってしまいます。

たとえば、マウスと一緒になんとなくマウスパッドを購入する方もいるでしょう。マウスパッドがなくてもオンラインレッスンを受けられます。マウスが操作しにくいと感じた場合に導入すればよいでしょう。

パソコンの周辺機器は、必要になったタイミングで少しずつ買い足していくように意識してみてください。

有線か無線か 

中高年・シニアは慣れるまでは有線の製品がおすすめです。無線製品はケーブルがなくて快適ですが、接続が悪くなるとストレスを感じます。

無線製品を利用する場合も接続不良に備えることが重要です。安くてもよいので、有線製品をバックアップとして用意しておきましょう。

失敗も許容する

ITリテラシーは失敗することでも身に付きます。たとえば、ワイヤレスキーボードを購入したのに接続不良が頻繁に起きて使いづらかった場合、有線のキーボードが安心だとわかります。

購入の失敗経験は誰もが通る道です。ITリテラシーを高めるための糧にしていきましょう。

在宅ワークやオンラインレッスンにおすすめの周辺機器

在宅ワークやオンラインレッスンを快適に行うためにも周辺機器が重要な役目を果たします。在宅ワークやオンラインレッスンにおすすめの周辺機器をご紹介します。

Webカメラ

Webカメラがあればカメラの高さや向きを変えられるので、自分の顔の映り方を調整可能です。在宅ワークの打ち合わせやオンラインレッスン時にカメラ映りの悩みを解消しやすくなるでしょう。

エレコムからはUCAM-C820ABBKのように自動ピント調整で遠景・近距離ともにくっきり鮮明に映せる製品が販売されています。

マイク

パソコンに内蔵されているマイクの音質が悪いと、オンラインレッスンで相手が音声を聞き取りづらくなります。マイクを使えば音声をハッキリと送信できるので、発言内容をくり返さずに済んで効率的です。

オーディオテクニカからはAT-CSP1のように手のひらサイズで持ち運びやすいUSBタイプの製品が販売されています。

スピーカー

音質の高いスピーカーを用意すれば、耳が悪くなってきた50代の方でも、オンラインレッスンで音を聴き取りやすくなります。イヤホンやヘッドホンを装着すると耳が痛くなるという悩みを解消したい場合にも最適です。

オーディオテクニカからはAT-SP95のようにノブを回すだけで電源が入って気軽に音量調整できる製品が販売されています。

電源タップ

在宅ワークで利用する機器が増える場合は、室内のコンセントだけでは不足することがあるので、電源タップを用意しましょう。デスク周りに電源タップを設置すればパソコンやディスプレイの電源ケーブル、携帯の充電器などのプラグをストレスなく差し込めます。

エレコムからはT-KM01-2420WHのように強力磁石でスチール面に固定できる製品が販売されています。

ライト

デスク周りが暗いと、画面や手元のキーボード、書籍が見づらくなり、目が疲れやすいです。ライトを導入すればデスク周りが明るくなり、目の疲れを気にせずプログラミング学習に集中できます。

アイリスオーヤマからはLDL-QFD-Wのように目に優しいLEDとワイヤレス充電対応が魅力の製品が販売されています。

デスク

ローテーブルでもプログラミングが行えますが、シニアの方だと体が疲れやすい恐れがあります。高さのあるデスクを用意してイスに座ったほうが、体は楽になりプログラミングに集中しやすいです。

サンワダイレクトからはDESKF005BRのようにスピーカーやモニター2台を配置できる製品が販売されています。

イス

寄りかかれるイスや、背もたれの角度を調整できるイスなどがあると、在宅ワークの合間に休憩がしやすくなります。疲れを減らし、作業への集中力も高められるので、イスを用意しない手はありません。

オカムラからは8VCM2A-FHR1のように体格・体重に応じてリクライニング反発力の強弱を自動調節する製品が販売されています。

ITリテラシーレベルが上がったときに沼るおすすめ周辺機器 

50代のIT初心者だと初めは周辺機器を使いこなすのが精一杯かもしれません。しかし、ITリテラシーが高まると周辺機器を使う楽しみがわかり、沼ってしまうこともあります。よい傾向ですので、どんどん気になる周辺機器に手を出して、さらにITリテラシーを高めていきましょう。引き続き、ITリテラシーが上がったときに沼るおすすめ周辺機器をご紹介します。

キーボード

キーボードはノートPCにボタンが内蔵されているので不要に思えるかもしれません。ただ、ノートPCのボタンは壊れやすいです。キーボードを別に用意しておくことをおすすめします。バネが入っていて打ち心地のよいキーボードは作業を楽しくするので、こだわって選んでみましょう。

バッファローからはBSKBU105BKのようにカーブデザインを採用した疲れにくい製品が販売されています。

一眼レフカメラ(動画配信用)

PC内蔵カメラだと動画配信やオンラインレッスンなどで自分の顔や背景などをきれいに映せないことがあります。一眼レフカメラを用意すれば光彩がよく明るい映像を送れるようになります。映像の質にこだわりたい方は導入を検討してみましょう。

キャノンからはEOSKISSX901855IS2LKのようにすべてのボタンを右側に配置していて操作が快適な製品が販売されています。

高性能マイク

高性能マイクは、声のディティールまで再現できるほか、遠くのノイズを拾いづらいです。空調音やパソコンのファンなどのノイズまでも低減できます。在宅ワークのWeb会議やオンラインレッスンに慣れてきたら、音声にこだわってみると楽しいでしょう。

オーディオテクニカからはAT2020USB-XPのように話し声の大小に関わらず安定したマイク出力レベルを維持できる製品が販売されています。

ペンタブ

ペンタブがあれば、自分の思ったことをパソコン上で文字や絵で相手に伝えやすくなります。オンラインレッスンで講師に質問をするときに役立つでしょう。

ワコムからTCTL4100/K0のようにくぼみにペンを配置できる製品が販売されています。

ディスプレイ・マイク用のアーム

ディスプレイやマイクはアームにセットすることで、より快適な使い心地を追求できます。ディスプレイ下のスペースを有効活用したり、マイクを口元に近づけたりすることが可能です。

サンワサプライからは100-LAC003のように軽い力で微調整できる製品、エレコムからはHS-DSZARMBKのようにマイクのコードをホルダーに収納できる製品などが販売されています。

まとめ

50代会社員がプログラミング学習を始めるのであれば、パソコンのほかに周辺機器が必要です。

ネット回線が遅くて不安定だと学習効率が下がったり、オンライン授業の映像が途切れたりする恐れがあります。まずは光回線を契約してWi-Fiルーターを用意して、ネット環境を整備しましょう。

外付けモニターを用意してデュアルディスプレイを構築すれば作業領域を拡大できます。ページ閲覧とコーディングが快適になるので、必ず準備することをおすすめします。

周辺機器について不明点があれば、プログラミングスクールの無料カウンセリングで質問してみましょう。

50代がプログラミングのオンラインレッスンを受けるならTechGardenSchoolがおすすめ!

TechGardenSchoolは50代を対象としたプログラミングスクールです。
定年に向けてプログラミング学習を始めたいけれど、何を準備してどの順序で勉強すればよいのかわからない方に対して、中高年IT教育の専門家がオンラインレッスンを行います。
若い現役エンジニアばかりの一般的なプログラミングスクールと違って、中心となる講師は中高年です。50代の方がプログラミング学習の準備でつまずきやすいポイントを先回りしてサポートできます。
オンラインの無料カウンセリングを実施しており、セカンドキャリアの方向性を提案するだけでなく、プログラミング学習に必要な準備についてもアドバイスいたします。
プログラミング学習に興味を持っている方や、パソコン周辺機器を準備してオンラインレッスンを受けてみたい方は、ぜひTechGardenSchoolまでご相談ください!

プログラミング学習を始めるのに役立つ無料コンテンツもあります!

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

次に読みたい
50代初心者におすすめのプログラミング用パソコンのスペックは、メモリ16GB&3世代前までのCorei5 CPU

結論:50代初心者におすすめのプログラミング用パソコンのスペックは、メモリ16GB&3世代前までの…

次に読みたい
50代からプログラミングを始める中高年におすすめのパソコンとは?【2024年 Windows編】

結論:おすすめのWindowsパソコンのスペックはメモリ:16GB、CPU:Corei5 or R…

次に読みたい
50代からプログラミングを始める中高年におすすめのパソコンとは?【2024年 Mac編】

結論  : プログラミング学習を始める50代におすすめのMacはMacBook Air M3チップ…