50代のセカンドキャリアにプログラミング学習がおすすめの理由

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代のセカンドキャリアにプログラミング学習がおすすめの理由

50代は働き盛りの労働者であると同時に、定年後の働き方・生き方を考え始めなければならない年代でもあります。50代の行動がその後自分自身を構成する基盤となり、セカンドキャリアを築くきっかけになるでしょう。一方で、50代のときに具体的な目標設定やアクションができなかった場合、その後の生活に何らかのデメリットが発生する可能性もあります。特に現状の給与や待遇に満足できず、将来に漠然とした不安を感じている人は、セカンドキャリアの構築が重要なポイントになり得るでしょう。50代になって今後のことを考えるのなら、セカンドキャリアを真剣に構築してみるのが重要です。

50代からセカンドキャリアを考えたいけど、具体的に何をすればいいのか分かりません。

終身雇用が確実でなくなり、定年退職の年齢も上昇している昨今の事情を考慮すると、自分だけのセカンドキャリアの将来設計をすることが大切です。その際にポイントになるのが、セカンドキャリア=転職ではないこと、需要が長く続くスキルが在宅で稼ぐ上で重要であることです。IT・プログラミングスキルが好例と言えるでしょう。 スキルを学ぶ上では、50代のセカンドキャリアを念頭に学べる環境を探すことも大切です。

50代がセカンドキャリアを考えるべき理由

50代はセカンドキャリアについて、真剣に考え始めるべき年代だと言えます。セカンドキャリアは「第2の職業」とも呼ばれ、定年退職や子育てがひと段落したタイミングで新たに就職する仕事を指します。50代はちょうど定年退職が近くなる年代であり、子育ても落ち着き始める時期です。そのためセカンドキャリアについて考えるのに、最適な時期だと言えるでしょう。

人生100年時代で労働期間が延びている

昨今は「人生100年時代」という言葉が使われるようになり、労働期間が延長される傾向にあります。そのため50代になっても定年後の安定した生活を手に入れるため、さまざまな工夫を凝らす必要があるのです。その1つがセカンドキャリアの構築であり、新しい人生を始めるための準備となるでしょう。

例えば今現在肉体労働をしている人は、定年後も同じ仕事を続けられるとは限りません。年齢に合わせた仕事に転職し、健康面に無理のない形で働くことが求められます。しかし、定年退職してから新しい仕事を始めようとしても、簡単に再就職できる保証はありません。むしろ年齢によって就職できないケースが増加すると予想されるため、定年後の生活が不安定になる可能性も懸念されます。

50代がセカンドキャリアを構築するのに必要な準備

50代がセカンドキャリアを構築する際には、いくつか必要とされる準備があります。事前に準備を進めておくことで、定年退職の時期が近くなっても焦らずにセカンドキャリアに移行可能です。将来の不安を払拭するためにも、以下で50代から始めておくべきセカンドキャリアの準備について確認してみてください。

将来設計を組み立てる

50代がセカンドキャリアについて考える際には、まず具体的な将来設計を組み立てます。「定年後に何をしたいのか」「どんな仕事に興味があるのか」「自分に向いている仕事は何か」といった、ポジティブな要素を中心に計画を立てるのがポイントです。ネガティブな要素が先行すると、将来やりたくないことばかりがピックアップされてしまい、不安を増す結果になります。あくまで「セカンドキャリアを楽しむ」という点を基本とし、これまでできなかったことに挑戦する意識を持つのが成功の秘訣です。

将来設計は最初こそ漠然としたもので構いませんが、少しずつ具体的なものに整えていく必要はあります。例えば「52歳までに〇〇のスキルを学ぶ」「55歳までに在宅の副業を始める」「57歳までに副業で〇〇円安定して稼げるようにする」といった形で、目標を設定するのがおすすめです。セカンドキャリアにつながる目標を明確化することで、今の自分に足りないスキルや学ぶべき内容が見えてきます。

需要が長く続くスキルを身につける

50代のセカンドキャリア構築時には、なるべく需要が長く続くことが予想されるスキルを身につけるように意識します。50代からセカンドキャリアのために学んだスキルが、十数年後まで需要が保たないものだと、せっかくの努力が無駄になるでしょう。今現在需要の高いものではなく、将来的に需要の高い職業やスキルを学ぶのが、セカンドキャリアを考える際の基本です。

「セカンドキャリア=転職ではない」

セカンドキャリアは、必ずしも転職を意味するわけではありません。例えば個人で仕事を始めることも、セカンドキャリアの1つです。企業に所属せず、個人事業主・フリーランスとして働くことも、セカンドキャリアの可能性として考慮されます。

現在は副業を解禁する企業が増え、副収入の確立を推奨するケースも珍しくありません。そのため50代からでも、セカンドキャリアのために個人事業主やフリーランスとして働くノウハウを身につけることも難しくなくなっています。セカンドキャリア=転職という認識をあらためて、さまざまな働き方を想定するのが重要です。

在宅で稼ぐ能力を身につけるのがポイント

50代がセカンドキャリアを考える際には、在宅で稼ぐ能力を優先して身につけるのもポイントです。定年以降の年齢になると、健康面や体力面で不安が出るようになります。そのため会社への通勤が苦しくなったり、体力的に厳しくなったりするリスクがあります。その点、在宅ワークができる仕事であれば、余裕を持って業務を担当可能です。通勤にかかる体力と時間を節約できるため、仕事に集中しやすくなるでしょう。

新型コロナウイルスや積極的なDXの普及によって、在宅ワークを導入している企業は増加しています。会社に出社せずに自宅だけで仕事ができるケースも、珍しい事例ではなくなっているのです。50代からセカンドキャリアを構築する際には、在宅で稼ぐ能力を身につけることを意識してみましょう。

50代のセカンドキャリアにはプログラミングを活かしたIT事業がおすす

50代がセカンドキャリアを築くのなら、プログラミングスキルの習得がおすすめです。プログラミングを学んでIT系企業で活躍できれば、定年後も新しい働き方を実現しやすいでしょう。プログラミングスキルは専門性の高い技術のように思われますが、学習環境を整えて中長期的な視点で学び続ければ、決して習得は難しくありません。

「50代だからIT系は採用されない」といったこともなく、むしろ年齢に関係なく採用の可能性がある業界となっています。IT事業やプログラミングに興味があるのなら、セカンドキャリアとして本格的な学習を始めてみてはいかがでしょうか。

プログラミングは「50代に向けたカリキュラム」を提供している環境で学ぶ

プログラミングを学ぶ方法は多数あり、「独学」「専門スクールでの学習」「実際の職場での育成」などさまざまです。50代という年齢を考慮すると、1からプログラミングを学ぶ場合には専門スクールでの学習がおすすめとなります。

その際には、「50代向けのカリキュラム」を提供しているプログラミングスクールを選ぶのがポイントです。年齢に関係なく基礎的なスキルのみを教えるスクールでは、セカンドキャリアに活かせるレベルの能力を育めない可能性があります。そのため「セカンドキャリアを意識してプログラミングを学びたい」というニーズを理解し、そのための専門的な学習環境を整備しているスクールを選ぶのが最初の一歩です。

まとめ

定年退職が近づきや子育てがひと段落した50代こそ、「第2の職業」とも呼ばれるセカンドキャリアについて考えるべきタイミングと言えます。 人生100年時代で労働期間が延び、終身雇用が確実でなくなった昨今の事情を考慮すると、自分だけのセカンドキャリアの設計を行うことが大切です。

その際にポイントになるのが、セカンドキャリア=転職ではないこと、需要が長く続くスキルが在宅で稼ぐ上で重要であることです。IT・プログラミングスキルが好例と言えるでしょう。 スキルを学ぶ上では、50代のセカンドキャリアを念頭に学べる環境を探すことも大切です。

50代からセカンドキャリアを構築するなら「TechGardenSchool」

50代からセカンドキャリア構築を目指してプログラミングを学ぶのなら、「TechGardenSchool」がおすすめです。IT初心者でも1から学べる環境と、セカンドキャリアに活かせるだけの能力を育めるカリキュラムが、将来設計を具体的なものとするでしょう。

気軽に相談が可能な「オンライン無料個別カウンセリング」も実施しているので、まずはTechGardenSchoolでどんなことが学べるのか、どんなセカンドキャリアを描けるのかを、ぜひ無料個別カウンセリングでお確かめください

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

次に読みたい

次に読みたい
【50代からのプログラミング】50代からプログラミングを学ぶ方の必勝勉強法とその後のキャリア

TechGardenSchool代表の高橋です。 当スクールの体験クラスにご参加…

次に読みたい
【中高年・シニアのためのプログラミング学習ガイド】中高年がプログラミングの独学で躓きやすい挫折ポイント3選

よくある質問:中高年が独学でプログラミングを習得できますか? またどのように独学するのがおすすめで…

50代のセカンドキャリアのための無料コンテンツもあります!

無料e-book
プログラミングの学び方 
セカンドキャリアでの稼ぎ方

セカンドキャリアに活かすためのプログラミング学習方法や、未経験でプログラミングで在宅で稼ぎたい中高年のためのアドバイスなどをじっくり解説した1冊。

メール講座
「50代会社員がプログラミングで
月5万円稼ぐ方法」

メルマガからのご入会で
最大¥79,060割引!