50代から挑戦できる在宅派遣という働き方 職種や必要なスキルを解説

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代から挑戦できる在宅派遣という働き方 職種や必要なスキルを解説

テレワークにより在宅での働き方が一般化した現代。キャリアプランとして、退職後は在宅で働きたいと考えられている50代の方も多いと思います。      自由が効きつつ、業務委託での働き方と比較して安定度がある派遣契約は人気の働き方ですが、派遣契約でありながら在宅で働くことは可能なのでしょうか。この記事では、在宅派遣として働く方法や、必要なスキルなどについて紹介します。

50代会社員です。退職後は在宅で仕事をしたいと思っていますが、あまり負荷がかからない派遣などの形態での求人はあるのでしょうか?また、どのような種類の仕事があるのでしょうか?

近年では「在宅派遣」という新しい働き方も登場しています。在宅派遣での仕事内容は、データ加工・集計やWebサイトの制作アシスタント、プログラマーなど様々です。Excelの操作やデータ整理、プログラミングなどのスキルがあると、仕事を探しやすいといえるでしょう。

在宅派遣という働き方とは

テレワークの一般化に伴い、派遣契約で仕事を行う場合でも、在宅で仕事ができるようになりました。このような働き方は「在宅派遣」というキーワードで紹介されることもあります。例えば、人材派遣業を営むキャスター社では、リモートでの派遣人材を専門的に取り扱う在宅派遣サービス※1を提供しています。 ※1参考:キャスター社「在宅派遣」サービス    在宅派遣という働き方には以下のように様々なメリットがあります。特に退職後、一定の給与水準を確保したいものの、場所や時間にとらわれたくない方にはおすすめの選択肢といえるでしょう。   ・地方移住などライフスタイルの変化にも対応しやすい ・通勤などの負荷がかからず、時間を有効に使える ・パートやアルバイトよりも比較的給与水準が高い ・クラウドソーシングなどによる業務委託契約と比較して、安定している ・派遣契約であるために、勤務時間や勤務日、仕事内容などを自分に合わせて選びやすい

50代でも在宅派遣で働けるのか

50代からでも在宅派遣で働くことはできるのでしょうか。結論としては十分に働くことができると考えられます。    派遣により仕事をする人材は増加傾向にあります。一般社団法人である日本人材派遣協会が2022年8月に実施した調査※2では、派遣社員の実稼働者総数は前年同期比で107.6%となっています。また、近年の動向を見ても、コロナ禍による一時的な落ち込みはあったものの、派遣人材の人数は順調に増加している状況です。 このような状況を見ても、派遣人材の需要は高い状況にあるといえます。年齢にかかわらず、派遣人材として働くチャンスは十分にあります。    ※引用:一般社団法人 日本人材派遣協会「労働者派遣事業統計調査 2022年第2四半期(4⽉〜6⽉)」 Summary 9より ※2参考:一般社団法人 日本人材派遣協会「労働者派遣事業統計調査 2022年第2四半期(4⽉〜6⽉)

在宅派遣の職種

在宅派遣として紹介を受けられる主な仕事は以下の通りです。在宅で仕事をするという特性上、主に、コンピューターを使ってこなせる仕事が中心となります。また、近年ではIT関連の仕事需要も高まっています。    〇事務アシスタント:経理、人事、総務、営業などの業務アシスタントとして働く。 〇データ集計・整理:Excelなどを利用してデータの集計や加工、整理などを行う。 〇Webデザイン・制作:デザイナーやディレクターとしてWebサイトのデザインや制作を行う。 〇プログラマー:プログラミングによりシステムやアプリを制作する。

持っておくとよいスキル・経験

待遇を上げるために有効なスキル・経験とは

在宅派遣に限った話ではありませんが、派遣人材として働くうえでは、スキルや経験があると有利となります。具体的には、以下のようなスキル・経験が有効です。    〇事務処理能力: 派遣人材として働く場合、多くのケースにおいて、PCなどを利用した事務処理能力が必要となる。仕事の内容にもよるが、重要な能力といえる。 〇各領域の経験: 過去に人事担当として採用経験があったり、営業経験があったりすると、その経験を生かした仕事がしやすい。経験を生かせるような仕事の選択がポイント。 〇ITスキル: PCの操作はもちろん、ExcelやPowerPointなどを使えるスキルが必要。加えて、プログラミングやデザインなど、より高度なスキルがあると良い待遇の仕事を受けやすい。

スキルが不足していると感じる場合は

退職後は派遣人材として在宅で働きたいと考えているものの、自身のスキルが不足していると感じる場合、どの領域のスキルを伸ばしていくべきでしょうか。そのような方におすすめなのが、ITに関するスキルです。 IT人材は不足傾向にあり、在宅派遣の求人募集を見てもITに関する求人は多い状況にあります。また、ITに関する仕事は在宅でも行いやすいという特徴があります。具体的には、上述したデータ集計・整理の仕事やプログラマーなどの仕事は在宅派遣として働きやすい分野です。    例えば、大手人材派遣会社のPASONAでは、データ入力・分析の仕事において、ExcelやVBA・Python・RPAなどのスキルレベルを上げることによって時給が上昇することを紹介しています。 ※3参考:PASONA「Excelスキルを活かして働く」    さらに、Excelなどのスキルは比較的習得しやすいこともメリットです。また、BIツールの利用やVBAによるマクロ作成などができると、より自身の価値を高めることができるでしょう。 加えて、プログラミング能力があれば、良い待遇で在宅派遣の仕事をすることもできます。プログラミングの習得ハードルは高いものの、挑戦する価値はあるでしょう。

まとめ

この記事では「在宅派遣」という新しい働き方を紹介しつつ、必要なスキルやスキルが不足していると感じられる場合の対応方法について紹介しました。    テレワークの拡大傾向は今後も続くと思われます。ITに関する業務は在宅でも仕事がしやすいため、地方移住や趣味の時間の確保など、自由度を高めたいと考えている方にはおすすめできます。

50代会社員が在宅派遣を目指すならTechGardenSchoolがおすすめ

ITに関するスキルを身に付けたいと考えているものの、独学で学ぶのは難しそうと思っている方も多いのではないでしょうか。そのような方におすすめしたいのが、スクールの活用です。    当スクールでは、50代の方が在宅派遣として好待遇で働くために有効なスキルの習得が可能です。基本的なITリテラシーの習得に加え、ExcelによるVBAマクロの作成なども学べます。さらに、ご希望に応じてプログラミングやWebサイトの制作など、高度なスキルも習得可能です。    在宅のお仕事を見つけるためのオススメのサービスを紹介する無料e-book「中高年が今すぐ登録すべき 在宅ワークの情報ソースリスト」も提供しているため、まずは一度読んでみてはいかがでしょうか。

在宅ワークを見つけるためのおすすめの無料コンテンツもあります!

無料e-book
中高年が今すぐ登録すべき
在宅ワークの情報ソースリスト

TechGardenSchoolの「中高年のためのジョブハンティング」クラスで生徒様に登録をおすすめしているサービスのリストを特別に無料で公開させていただきます。

次に読みたい記事

 
次に読みたい
在宅介護しながらできる仕事なら業務効率化・自動化プログラミング:エクセルVBAがオススメな3つの理由

将来、親やご家族の介護を考えた時に、「仕事は続けられそうだろうか? 支障をきたさないだろうか?」 …

次に読みたい
0から在宅副業で月5万円稼ぐおすすめの仕事は?確実性と将来性で副業プログラミングが最適

最近副業という言葉をよく聞きます。実際にみなさんの周りにも副業をされている方がいて、いろいろな話を…