50代からの派遣は厳しいのか|実情と仕事を紹介してもらう方法を解説

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代からの派遣は厳しいのか|実情と仕事を紹介してもらう方法を解説

派遣法の改正や働き方改革の推進などによって、50代からセカンドキャリアとして派遣で働く人も増えています。派遣は正社員とは異なる契約内容になるため、比較的自由な働き方が実現できると評判です。そのため派遣として働きながら、定年以降の生活に備える50代の方も増加しているのです。

一方で、「50代では派遣の仕事を紹介してもらいづらい」という話も聞かれます。若手の派遣と比較して体力的な面を考慮されるなど、さまざまな理由で50代の派遣は仕事をしづらい環境にあるとも言えるでしょう。

本記事では、50代の派遣が働くのは厳しいのか、50代から安定して派遣の仕事を紹介してもらうにはどうすればいいのかを解説します。

50代から派遣は厳しいという話を聞きますが、実際に仕事を獲得するのは難しいのでしょうか。

50代から派遣を始める場合、それなりの準備とニーズを理解する必要はあります。しかし、50代だからといって必ずしも需要がないわけではなく、派遣で活躍している人も大勢います。問題は自分が派遣の場でアピールできるスキルの有無と、これから何をすべきか判断することです。50代で派遣というセカンドキャリアを目指すのなら、まずは必要な情報を集めることから始めてみましょう。

50代の派遣が「厳しい」と言われる理由

50代が派遣で働く際には、「仕事をもらうのが難しい」「働き続けるのが厳しい」という話がよく聞かれます。50代という年齢と、派遣先が求める条件がマッチしづらいことから、どうしてもスムーズに仕事を確保できないケースが増えるのです。もちろん、50代の派遣に全く仕事がないわけではありません。むしろ50代までに獲得したスキルと経験を活かして、高待遇で活躍している派遣も多いです。50代の派遣が厳しいという事実はありますが、ニーズを理解して必要なスキルを身につければ活躍することは可能となっています。

派遣先が50代派遣の採用は厳しいと判断する理由

派遣先の条件次第で、50代でも働くことは可能です。しかし、多数の企業が50代の派遣に対して、採用は厳しいという判断を下しています。
なぜ50代の派遣が採用されづらいのかを、以下で解説します。

体力面に不安がある

50代の派遣は若手の人材と比較して、体力面に劣る傾向にあります。派遣先は体力のない人材を雇用して仕事に遅れが出ることを懸念し、50代を採用枠に入れないケースも多いです。また、50代の派遣人材は運動能力の低下によって、ケガの不安が付き纏います。「採用してすぐにケガをして働けなくなった」といったケースも考慮して、採用を避けることもあるでしょう。特に重労働の仕事に関しては、採用がより厳しくなることが予想されます。

長期雇用を目的としている企業も多い

昨今は人手不足解消のために、派遣を採用するケースも増えています。一時的な戦力としてではなく、長期的に契約を更新して働いてほしいというニーズもあるのです。50代の派遣は年齢的に数十年後の雇用が難しいため、企業の人事戦略に合わないと判断されることもあります。近年は派遣で働いて職場に慣れてもらってから、正社員として雇用するパターンも増加しています。正社員雇用を前提とした派遣採用の場合、50代の立場では需要を満たせない可能性が高いでしょう。

人間関係を考慮して採用を躊躇するケースも

50代の派遣を採用すると、より若い人が上司になるケースも多いです。事業担当者の性格によっては派遣に指示を出しづらくなるケースもあるため、年齢を制限している派遣先もあります。年齢の高い派遣のなかには、自分より年下に命令されるのが嫌だという人も少なからずいます。そういった形で派遣とのトラブルを経験している企業は、50代という高めの年齢を避ける可能性があるでしょう。

50代の派遣は人手不足のIT業界で働くのがポイント

50代の派遣が活躍するには、人手不足に悩むIT業界をターゲットにするのがおすすめです。IT業界は人材不足が長期化し、現在も解消の見通しは立っていません。むしろ「みずほ情報総研株式会社」が行った「IT 人材需給に関する調査」によると、IT人材の人手不足はさらに加速すると予想されています。最悪のシナリオでは2030年に79万人ものIT人材が不足する恐れがあるため、関連企業は今からあらゆる採用方法で人材を確保しているのです。50代の派遣でも採用されやすいため、今後もIT業界は要チェックとなります。

参照元

経済産業省委託事業 みずほ情報総研株式会社 「IT 人材需給に関する調査」

あくまで必要とされているのは「スキルのあるIT人材」

IT業界は人手不足解消のために派遣を含めて積極的な採用を進めていますが、誰でも歓迎しているわけではありません。基本的に即戦力として働けるIT人材を求めているため、50代が派遣で活躍するにはある程度のITスキルが求められます。これまでの経歴と組み合わせて活かせるITスキルを習得することで、50代でも優先して採用される可能性があります。

これまでIT関係のスキルを学んだことがない場合、他業界と同様に50代で派遣として採用されるのが厳しくなります。しかし、逆に言えば50代からでもIT関係のスキルを身につけられれば、派遣でスムーズに仕事を紹介してもらいやすくなるでしょう。現在IT系の知識がない人は、今から専門知識・スキルを身につけていくことが派遣で成功するコツです。

50代でもITスキルは学べる?

ITスキルと聞くと専門性が高く難しい作業のように感じられますが、多くの人がIT関係の知識・技術を年齢を重ねてから習得しています。基本を押さえた上で適切な学習環境で学び続けられれば、0からでもITスキルを習得可能です。一方で、適切な学習方法や環境を準備できないと、ITスキルの獲得は困難となります。どのように勉強するのが最適なのかを把握するのが、派遣でIT人材として活躍するための第一歩です。

ITスキルと同時に心構えも必要

50代から派遣で働く際には、ITスキルと同時に働く際の心構えも必要となります。例え上司が年下であってもきちんと仕事の指示を受け付ける、高単価に絞らずさまざまな案件を視野に入れて仕事を受ける、新しいことに積極的に挑戦して体力と知力を鍛える意識を持つなど、心構えを持つことで50代でも派遣として活躍しやすくなります。派遣先もモチベーションが高く柔軟な思考ができる人材であれば、年齢に関係なく採用することもあります。ITスキルを学びつつ、派遣として働くための心構えを今一度見直してみてください。

まとめ

50代から派遣で働くことは、厳しいと評されがちです。しかし、しっかりと準備をしてニーズのある業界を把握できれば、50代でも派遣で活躍ができます。上記で紹介したように、現在は業界全体で人手不足の解消を目指すIT系の仕事がおすすめです。ITスキルは生涯役立つ能力になり得るため、フリーランスなど派遣以外の働き方を検討する際にも活用できます。

例えば「TechGardenSchool」のようなプログラミング教室であれば、効率良く必要な知識を学習可能です。この機会に50代で派遣として活躍するポイントと、ITスキルを学ぶ方法を考えてみてください。

50代から派遣で活躍するなら「TechGardenSchool」でITスキルを学ぶ

50代から派遣での活躍を目指すのなら、「TechGardenSchool」でITスキルを学ぶのがおすすめです。TechGardenSchoolは50代の初心者でもスムーズにITスキルを学べるカリキュラムがあるため、初歩から仕事に活かせる応用までしっかりと習得できます。50代には50代の学習方法があるため、その点をしっかりと理解しているTechGardenSchoolの活用をぜひこの機会にご検討ください。

無料で利用できる「オンライン無料個別カウンセリング」で簡単な相談も可能なので、まずはお気軽にお問い合わせをいただければと思います。

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

次に読みたい記事

次に読みたい
【50代からのプログラミング】50代からプログラミングを学ぶ方の必勝勉強法とその後のキャリア

TechGardenSchool代表の高橋です。 当スクールの体験クラスにご参加…

次に読みたい
【50代からのプログラミングスクール】中高年・シニアがプログラミングを学ぶことでセカンドキャリアにつながる4つのメリットとは?

よくある質問:50代からでもプログラミングやITスキルを勉強すればセカンドキャリアに役立つような気…

50代からのプログラミングスキルの獲得に役立つ無料コンテンツもあります

無料e-book
プログラミングの学び方 
セカンドキャリアでの稼ぎ方

セカンドキャリアに活かすためのプログラミング学習方法や、未経験でプログラミングで在宅で稼ぎたい中高年のためのアドバイスなどをじっくり解説した1冊。

無料動画セミナー&体験レッスン

セミナーとレッスンがセットになってオンラインで無料で受講できます。動画セミナーなのでいつでも気楽に体験できます!