50代からクラウドワークスで稼ぐ方法 |ポイントと注意点を解説

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代からクラウドワークスで稼ぐ方法 |ポイントと注意点を解説

将来を見据えて、50代から副業で稼ぐ方法を確立しようと考える人は増えています。しかし、いきなり個人で仕事を見つけるのは容易ではなく、満足のいく副収入を得られないこともあるでしょう。そこで注目されるのが、「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングサービスです。仕事をしたい人と仕事をしてほしい人を結びつけるシステムを持つクラウドワークスなら、50代からでも新しい収入源を確保できる可能性があります。

本記事では、50代からクラウドワークスで稼ぐ方法と、クラウドソーシングサービスならではの注意点を解説します。

50代から副業を始めたいのですが、本業で時間が限られているため仕事が見つかりません。クラウドワークスのようなサービスに興味があるのですが、この年齢から稼げるのか不安です。クラウドワークスを活用するなら、どのような準備が必要になるでしょうか。

50代からでも、クラウドワークスで稼ぐことは可能です。クライアントから求められるスキルと実績さえあれば、安定した副収入を得られるでしょう。早くから個人で稼ぐ術を身につけておけば、定年後も個人で仕事を請け負えます。まずはクラウドワークスで必要とされるスキルと、働く際の注意点を把握することが肝心です。

クラウドワークスとは?

クラウドワークスとは、株式会社クラウドワークスが運営するクラウドソーシングサービスです。仕事の発注を行っている企業や個人とマッチングできるシステムが特徴で、さまざまな案件を請け負うことができます。クラウドワークスには「タスク」「プロジェクト」「コンペ」といった仕事形式があり、それぞれ以下の特徴があります。

タスク形式:募集中の案件に応募後、すぐに仕事を開始できる。アンケートや短文の執筆など簡単な業務が中心で誰でも作業できるが、報酬は安めに設定されるケースが多い。

プロジェクト形式:案件に応募後、クライアントに採用されてから仕事を始める方法。長期案件や高単価の案件も多い一方、実績がないと採用されづらい。

コンペ形式:会社のロゴやネーミングなどを募集し、採用された時点で報酬を得られる形式。

クラウドワークスでは上記の方法で案件を獲得し、報酬を得ます。簡単な仕事から専門知識が求められるものまでその幅は広く、難易度に応じて報酬も上下します。ユーザー登録などは無料で行えるため、コストをかけずに仕事を始められる点も特徴です。

50代からクラウドワークスで稼ぐことは可能?

結論から言えば、50代からでもクラウドワークスで稼ぐことは可能です。年齢制限を設けている仕事は少なく、基本的に在宅ワークとなるため自宅にいながら全国の仕事を請け負えます。自分に合った仕事を見つけることで、安定した副業収入を確保できるでしょう。

一方で、50代からクラウドワークスで稼ぐにはいくつかのポイントがあります。

クライアントに実績を示す必要がある

クラウドワークスで案件を獲得するには、クライアントに対して自身の能力や実績を示す必要があります。仕事を安心して任せられる人材であることを示せなければ、高収入の案件を獲得するのは難しいです。クラウドワークスには自分の実績を公表するプロフィール機能があるため、過去の経験や本職の仕事について記載することで、実績を伝えやすくなります。

また、クラウドワークスには仕事の終了後にお互いを評価する機能があり、高い評価を得ることでより高単価の仕事に採用されやすくなるでしょう。評価数や高評価を得られるように仕事をしていくことが、50代からクラウドワークスで稼ぐためのコツです。

高単価案件をこまめに探すのもポイント

クラウドワークスには多くの利用者がいるため、案件数も豊富となっています。なかには生活の基盤となるような高単価の案件もあれば、お小遣い程度で収まってしまう報酬の仕事もあります。クラウドワークスで副業をする際には、高単価案件をこまめに探して、効率良く稼げるように備えるのもポイントです。長期での契約を前提とした案件を出しているクライアントもいるため、安定した収入を得たいのなら長く働ける仕事を中心にチェックすることも考えられます。

IT系案件は単価が高い

クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスでは、IT系の案件の需要が高く、報酬も高額となっています。そのためクラウドワークスで本格的に副収入を得るには、IT系の案件に応募するのがおすすめです。IT系の案件も種類が豊富で、ホームページの制作やバナー制作などを行う「Webデザイン案件」、アプリやソフトのシステムを開発する「Web開発案件」などがあります。なかでもアプリやシステムのWeb開発が可能なエンジニアは、クラウドソーシングサービスで活躍しやすい傾向にあるでしょう。

しかし、未経験からアプリ開発やシステム開発の案件を受注することは難しいため、自分のこれまでの経歴・スキルと組み合わせられるIT技術を探して、それを中心に案件をチェックしていくのがおすすめです。

例えば経理で働いていた場合には、これまでの経験とエクセルVBAなどを組み合わせて、データ入力の業務を担当することが考えられます。

IT系以外の案件では稼げない?

クラウドワークスにはIT系以外にも、ライティング、事務作業、動画編集、翻訳などさまざまな案件があります。これらの案件は初心者でも請け負いやすく、「未経験歓迎」といった条件も多いのが特徴です。しかし、初心者向けの案件はその分報酬が低く、作業量に対して納得のいくリターンを得られるとは限りません。また、単発案件であることも多いため、1つ仕事を終えるとまた別の案件を探さなければならないケースも珍しくないのがデメリットです。

もちろんこれらの案件でも、実績を重ねて良いクライアントに出会えれば安定した副収入にはなります。しかし、50代から初めてクラウドワークスに登録し、本業と並行しながら仕事をするとなると、なかなか本格的に稼ぐのは難しくなるでしょう。そのため最初から高単価の案件が多いIT系の仕事を請け負うのがおすすめです。

50代からクラウドワークスで稼ぐ際の注意点

50代からクラウドワークスで稼ぐには、いくつか注意点があります。副業として成立させられるだけの収入を得るためのポイントを把握して、クラウドワークスを始める準備をしてみてください。

ITスキルの基礎を学んでおく必要がある

先に解説した通り、50代からクラウドワークスで稼ぐにはIT系の案件を請け負うのがおすすめです。しかし、IT系のスキルを持っていない場合、案件に応募しても採用されない確率が高くなります。事前にIT関係のスキルを学び、仕事に活かせるように備えておく必要があるのです。企業に就職するのとは違い、クラウドワークスの案件ではITについての基礎などを教えてもらう機会はありません。そのためあらかじめ自分でITスキルを高め、個人で働けるレベルに成長しておくことが重要です。

50代でもITスキルは高められる?

50代からでも、ITスキルは高められます。ITスキルを身につけておけば、定年後も在宅で仕事を請け負いやすくなるため、体に無理なく収入源を確保可能です。ITスキルは独学でも学べますが、基本的には専用のプログラミング教室に通うのがおすすめです。専門知識を持つ講師によるサポートを受けつつ学習を進めることで、効率良くITスキルを習得できます。クラウドワークスで高収入を獲得する下地を得ると同時に、将来の備えにもなります。この機会にプログラミング教室に通って、ITスキルの向上を目指すのも良いでしょう。

まとめ

50代からクラウドワークスで副業を始めることで、定年後の経済的な問題に備えることも可能です。特にプITスキルは今後IT業界の人材不足が懸念されることから、需要の高い能力となっています。クラウドワークスで実績を重ねつつ、豊富な案件を請け負えるITスキルを身につけていければ、独立して本業として稼ぐことも視野に入ります。早いうちにクラウドソーシングサービスに登録し、実際に案件を獲得していくと良いでしょう。

50代からクラウドワークスを始めるならまずは「TechGardenSchool」で学ぶ

50代という年齢でも、クラウドワークスのようなクラウドソーシングサービスで副収入を得ることも可能です。特にIT系の案件に安定して採用されるようになれば、将来的にフリーランスとして本業にすることも考えられます。しかし、そのためにはITスキルを磨いて、仕事を担当できるレベルにまで成長しなければなりません。

「TechGardenSchool」ならIT関係のスキルを効率良く学べるため、この機会に詳細をぜひご確認ください。気軽に試せる「オンライン無料個別カウンセリング」も実施しているので、まずは簡単なご相談からお申し付けください。

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

次に読みたい記事

次に読みたい
【50代からのプログラミング】50代からプログラミングを学ぶ方の必勝勉強法とその後のキャリア

TechGardenSchool代表の高橋です。 当スクールの体験クラスにご参加…

次に読みたい
ITスキルがあれば定年後も怖くない?生涯活躍できるシニアIT人材になるための失敗しない4つのポイント

よくある質問:未経験50代中高年でもプログラミングやITスキルがあれば定年後も仕事を続けたり、稼ぎ…

50代からのプログラミングスキルの獲得に役立つ無料コンテンツもあります

無料e-book
プログラミングの学び方 
セカンドキャリアでの稼ぎ方

セカンドキャリアに活かすためのプログラミング学習方法や、未経験でプログラミングで在宅で稼ぎたい中高年のためのアドバイスなどをじっくり解説した1冊。

無料e-book
ゴールから逆算する
オーダーメイドカリキュラムの
作り方

ゴールやスタイルごとに逆算の考え方と優先すべきITスキルをご紹介します。オーダーメイドカリキュラム診断の内容も含まれています。