クラウドワークスではプロフィールの充実が重要。50代なら実績や経験でアピールする

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

クラウドワークスではプロフィールの充実が重要。50代なら実績や経験でアピールする

中高年がクラウドワークスを始めて最初にやるべきこと

50代は人生における転換期です。ITビジネスを始めるために、40~50代からプログラミングを学ぶ人も増えてきています。また、クラウドソーシングサイトに登録して、学びながらお金を稼ぐ人も少なくありません。

中でも「クラウドワークス」は初心者が副業でも始めやすい環境が整っている便利なサイトです。しかし、最初に何をすれば良いか、ポイントを掴まないまま登録や検索をしても結局受注できないまま終わってしまうでしょう。

この記事では、中高年がクラウドワークスを始めるにあたって最初にやるべきことについて紹介します。

この記事を読みながら実践すれば、一気に次のステップに進めるでしょう。また、具体的にクラウドワークスで効果的に稼ぐには、クライアントに必要な実績やスキルを示したり、高単価の案件をこまめに探すなどコツやポイントがあります。以下の記事で詳しくまとめていますので併せて参考にしてください。

参考記事:50代からクラウドワークスで稼ぐ方法 |ポイントと注意点を解説

結論:中高年がクラウドワークスを始めて最初にやるべきことは「プロフィールの作成」。プロフィール欄の充実が受注率アップの鍵

クラウドワークスで仕事を受注するためには「プロフィールの充実」が不可欠です。他のワーカーと差別化し、自身の得意分野や強みをわかりやすくアピールして、クライアント(発注者)に「あなたに仕事をお願いしたい」と思わせるプロフィールを作成しましょう。

クラウドワークスではプロフィールが重要と言われる理由

まずはプロフィールを充実させよう

クラウドワークスを始めとするクラウドソーシングサイトで仕事を受注するには「プロフィールが最も重要」と言われてます。その理由はなぜか、ご紹介していきます。

プロフィールで信頼されなければ仕事は獲れない


クライアント(発注者)はあなたの経歴も性格も知りません。あなたが「今までどんなことをしてきて、どんな仕事ができるのか。依頼した仕事をきちんと最後までやってくれるのだろうか」という判断をあなたが書いたプロフィールだけで行います。
唯一の判断材料であるプロフィールが曖昧な書き方であったり魅力的に映らないものであればやはり受注は難しいと言えます。

プロフィールはクライアント(発注者)に向けて書くもの

「プロフィール」と聞くと自己紹介のようなものを想像する方が多いのではないでしょうか。クラウドワークスにおけるプロフィールはクライアントに向けて書くものです。クライアントが希望している人材にどれだけ自分がフィットするか、どんなことができるのかを書きましょう。クライアントがどんなことを知りたいか、どんな人に仕事を任せたいかという目線でプロフィールを作成していくのがコツです。

プロフィールの書き方のポイント

次にプロフィールの書き方についてコツやポイントを挙げていきます。

クライアント(発注者)の不安を取り除く

クライアントはあなたのプロフィールだけであなたが信頼できるかどうかを判断します。クライアントとの円滑なコミュニケーションができることを示す、納期を守ることができることをアピールするなど、クライアントの不安を取り除くような書き方をしていきましょう。

プロフィールは実績が1番重要

実績はプロフィールの中で最も重要な要素です。過去の仕事でどれだけ成功したか、どれだけのプロジェクトを完了したかを示しましょう。

クライアントは実績を通じてあなたのスキルや信頼性を判断しますので、具体的な成果やプロジェクトの数をなるべく明確に記載することが大切です。



自分に依頼するメリットを明確に書く

プロフィールでは「自分に依頼すると得られるメリット」も書いていきましょう。あなた独自のスキルや経験、過去の成功事例など「自分にしかない強み」をアピールすることで、他の希望者との差別化を図ることができ、クライアントがあなたを選ぶ決め手となるでしょう。以下に詳しくポイントを挙げていきます。

①経歴

まずは経歴欄を充実させましょう。過去の仕事でどのようなスキルや経験を積んできたかをアピールします。どのような仕事に精通しているのか、どのようなプロジェクトを成功させた経験があるのかを具体的に記載しましょう。長すぎず、重要なポイントを選んで記載します。特に、受注したい仕事に関連する経歴を強調することが大切です。

②得意なジャンル、強み

得意なジャンルや強みを書いていきます。自分が得意とするジャンルやスキルを明確に示しましょう。例えば、プログラミング・デザイン・翻訳など、自分の得意分野を具体的に記載すると、その分野で依頼をしたいクライアント(発注者)の目に留まりやすくなります。

③強みの証明になる情報

経歴だけでなく、実績や資格、受賞歴など、強みを裏付ける情報を追加しましょう。

クライアント(発注者)発注者に自信を持って仕事を受注できるように、具体的な実績を示します。

資格を持っている、本業で数年間その業務に携わってきたなど、わかりやすく書くことがコツです。

④ ユニークな価値

自分のユニークな特徴や提供できる価値を強調しましょう。例えば、特定の業界での専門知識や、クライアントに提供できる独自の視点をアピールすれば、他の受注希望者との差別化を図れるでしょう。

可能な業務:何ができるのか

どんなことができるのか明確に書きましょう。例えば、ウェブデザイン、コンテンツ作成、プログラミング、翻訳など、自分ができる業務を具体的に記載します。

幅広く書くことで受注の確率は上がりますが、大げさに書いたり、できない事を「できる」と書くのは後々トラブルになる可能性があるので避けましょう。


稼働時間:どれだけ仕事に時間を割けるか

週に何時間、どの時間帯に作業できるかを記載します。クライアントから依頼された仕事を納期内に完了することが最も重要ですので、無理のない範囲で書くことをおすすめします。副業で行う場合、自身のタイムスケジュール管理としても活用できるでしょう。
時間に柔軟性がある場合はアピールポイントになりますので併せて書くことをおすすめします。

中高年の人が陥りやすいプロフィールのNGな書き方3選

ここからは中高年の方が陥りやすい「プロフィールのNGな書き方」について3点ご紹介します。NGポイントに注意しながらプロフィールを完成させていきましょう。

①自信なさげに書く

プロフィールは自己アピールの場です。クライアント(発注者)は即戦力や経験がある人にお願いしたいと思っていますので自分のスキルや経験は自信を持って伝える事が大切です。

「あまり経験がないのですが」「学んだばかりですが」「◯◯に関してはできますが(限定している)」このような自信の無さがにじみ出ているプロフィールを見ても発注者から依頼は無い、と心得ておきましょう。

「自信を持って書けることがない」と思われてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実績やスキルの棚卸しをしてみると必ず一つ二つ、得意な事や力を入れてきた分野など書ける事が出てきます。
学校を卒業してから今まで、どんな仕事をしてきたか、何を得意としてきたか箇条書きでも良いので書き出してみましょう。

②意気込みだけ書く

「頑張ります」「一生懸命やらせてもらいます」といった意気込みだけの表現は避けましょう。発注者は意気込みよりも成果を求めています。自分の実績やスキルをアピールすることを意識しましょう。具体的な実績やスキルを示すことで、クライアントに信頼感を与えられます。

③若者と同じような内容のプロフィールを書く

若者と同じような表現やスタイルではなく、中高年ならではの強みをアピールしましょう。経験、知識、洞察力など、中高年だからこそ持ち合わせている価値を明確に伝えることで、クライアントに訴求力を持ったプロフィールを作成できます。
元々の実績や経験を強調したり、自分のやってきた「業界、業種×求められる業務」で差別化できるように文章を考えていきましょう。

【実践】クラウドワークスのプロフィールを編集

クラウドワークスのプロフィール編集を実践しよう
それでは、実際にどのようにプロフィールを編集したらよいのか、項目ごとに見ていきましょう。

クラウドワークスのプロフィールで入力するのは以下の3カ所です。

・ワーカー情報編集
・ポートフォリオ・経歴登録
・スキル登録

その他、本人確認やNDA(秘密保持契約)、振込先口座の登録方法についてもご紹介していきます。

ワーカー情報

「ワーカー情報」には、職種や仕事カテゴリといった基本的な情報を入力します。ここで「必須」とされている項目を入力完了することで、初めて発注者が閲覧する「クラウドワーカーを探す」画面の一覧に情報が掲載されます。
情報が掲載されていないと発注者はあなたを見つけることができません。

「ワーカー情報」の入力を完了しておけば、内容が完璧でなくても、クライアントからスカウトメールが届くケースがあります。まずは最低限の情報だけでもしっかり埋めていきましょう。

基本的な情報のほか、仕事ができるかどうかを示すステータスや稼働時間、時間単価、自己PRも入力必須です。

ワーカー情報の入力をきっかけに、どのくらいの時間を副業に充てられるのかを考えてみるのがおすすめです。その点が明確であれば、希望の案件に応募するかどうかの判断基準にできます。

そして、ワーカー情報編集で1番大切なのは自己PRです。自己PRは、プロフィール画面の本文にあたります。自分がどういった人間なのか、何ができるのかをしっかりアピールしましょう。

ただし、何でもいいからただ書けばいいというわけではありません。文章がずらっと続くと読みにくいため、記号や改行で読みやすく工夫することも大切です。

「自分の公開ページを確認」でクライアントからどのように見えるかをチェックし、読みやすさの確認をしておきましょう。

その他、プロフィール写真の選び方も大切です。クラウドワークスでは必ずしも人物写真を掲載する必要はありません。本人の写真を設定することは個人情報の流出につながるので掲載写真は慎重に選びましょう。後ろ姿や上手に顔を隠した写真をおすすめします。

また自分の雰囲気や人となりが分かるような似顔絵のアイコンもおすすめです。無関係の動物や植物、キャラクターのアイコンではなく、オリジナルアイコンを選びましょう。他のワーカーと差別化ができます。

ポートフォリオ・経歴

ポートフォリオ・経歴には、これまでの経歴や仕事の実績を記入します。職務経歴書をイメージして、これまでの仕事でどのようなことを経験したのかアピールしましょう。

しかし、これまでの経歴すべてをアピールすることが正しいとは限りません。50代になると、職歴や実績でアピールできる部分も増えてきます。

経歴のすべてを網羅して長くなりすぎると、最後まで目を通してもらえなくなる可能性が高まります。管理職経験をアピールしすぎると、業務委託として仕事を依頼しにくいなと思われる可能性もあるでしょう。

クラウドワークスは本名での活動が必須ではありません。そのため、経歴をすべて書く義務もないのです。

受注したい仕事に役立ちそうな経歴や実績だけに絞り、ピンポイントでアピールすることをおすすめします。

スキル登録

スキル登録では、スキルのレベルと経験年数を入力します。

スキル名は詳細を入力したほうが良いでしょう。たとえば、「プログラミング」と大分類を書くよりも、「PHP」「JavaScript」「Python」といった具体的なプログラミング言語を書くことをおすすめします。

レベルを自己申告したうえで、備考欄に「仕事で○年間利用していた」「スクールで基礎から学び、アプリを制作した」など、レベルの裏付けとなる事実を記載するとよいでしょう。

ワーカー情報の職種はひとつしか選べませんが、スキルはいくつでも登録できます。仕事に役立ちそうなスキルは、幅広く登録しておきましょう。

本人確認・NDA(秘密保持契約)

本人確認すると、クライアントからの信頼度が高まります。匿名で登録できるクラウドソーシングサイトの場合、クライアントには実在する人物かどうかの不安が残ります。

仕事を依頼した後で連絡がつかなくなったりすると困るからです。「本人確認済み」であれば確かに実在するという証明ができるため、クライアントも安心してあなたに仕事を依頼できるでしょう。

本人確認には、以下の書類が使えます。

  • ・パスポート
  • ・運転免許証
  • ・健康保険証+住民票
  • ・住民基本台帳カード
  • ・特別永住者証明書


*住所の確認ができないため、2020年2月4日以降に発行されたパスポートは使えません。健康保険証は、記号・番号・保険者番号を隠して提出する必要があります。

参照:【共通】本人確認に使える書類について|CrowdWorks

また、本人確認完了後、NDA(秘密保持契約)を結びましょう。クラウドワークスとNDAを締結することで、より機密性の高い「NDAオプション」がついた仕事を受注できるようになります。
プロフィールにNDA(秘密保持契約)情報を記載することで、発注者との信頼関係を構築できるでしょう。

他にも、プロフィールにインボイス情報を追加することで、クラウドワークスでの仕事において支払いや請求に関するスムーズなコミュニケーションを図ることができます。自分のインボイス設定をプロフィールに記載して、クライアントと円滑な取引を行いましょう。

振込先口座の登録

振込先口座の登録も大切です。実際に仕事を受注する前に必ず登録しておきましょう。

登録方法は以下の通りです。

・ログイン後プロフィール設定へ移動: ダッシュボードまたはアカウント設定から「プロフィール」を選択します。

・銀行情報の入力: 「振込先口座」で、銀行名、支店名、口座番号、口座名義人など必要な情報を入力します。

・確認と保存: 入力した情報を再確認し、間違いないことを確認します。変更が必要な場合はここで修正して保存してください。

・本人確認: クラウドワークスはセキュリティのため、振込先口座の登録には本人確認が必要です。指示に従って本人確認を完了させてください。

・設定確認: 登録が完了したら、振込先口座が正しく設定されていることを確認してください。

プロフィールは定期的な見直しが大切

プロフィールを充実させるために、定期的な見直しとアップデートが重要です。以下に、具体的なポイントを説明します。定期的な見直しを通じて、クライアントにアピールできるプロフィールを作りましょう。


作成して終わりにせず、定期的に見直し磨いていく

プロフィールは一度作成したらそれで終わりではありません。定期的にプロフィールを見直し、最新の情報を反映させましょう。

仕事の経験やスキルが増えた場合、その都度プロフィールに追加してブラッシュアップさせることが大切です。

対応した仕事を追加する(経歴に追加)

仕事を受注した際には、その実績をプロフィールに追加しましょう。クライアントは実績を見て信頼度を判断します。

どのような仕事を受注したか、どのような成果を出したかを具体的に記載しましょう。


スキルを追加する

新しいスキルを習得した場合もプロフィールに追加しましょう。スキルが増えればその分、新たな仕事を受注できる可能性が高くなります。

言語、ツール、プログラム、デザインなど、クライアントにわかりやすく記載していきましょう。

求められるスキルや人物像を目指し、取り入れる

希望のクライアントが求めているスキルや人物像を把握しましょう。それに合わせてプロフィールをアップデートしていきます。

コミュニケーション能力、納期厳守、柔軟性など、クライアントが重視するポイントを意識してプロフィールを編集することがコツです。

柔らかい文章を心掛ける

クラウドワークスのプロフィールは柔らかい文章を心掛けよう
クラウドワークスでの仕事探しはWeb上でほぼ完結します。職歴やスキルに目を通してもらえるよう、まずは最初に見る自己PRを工夫しましょう。

自己PRでは、柔らかい文章を心掛けることをおすすめします。Web上で応募や業務が完結するクラウドワークスでは、テキストコミュニケーションがすべてです。

誤解を生む表現がないように気を付けたり、どう読まれるかを意識したりすると、文章で好印象を与えられます。文字だけだと温度が伝わりにくいため、冷たく感じられない言い回しを意識しましょう。

プロフィールを入力して終わりではなく、「自分の公開ページを確認」でクライアント目線でもチェックしてみてください。

  • 改行や記号を使って文章を読みやすく工夫する
  • コミュニケーションが取りやすいと思われる柔らかな文体

内容に加えて上記2点に気を付ければ、履歴書や職務経歴書代わりのプロフィール画面から仕事につながりやすくなりますよ。

まとめ

仕事の場では自己紹介が重要

今回はプロフィール作成の重要性、効果的なプロフィールの書き方、NG例、具体的なプロフィール欄の編集方法についてご紹介しました。

就職や転職の面接において、履歴書と職務経歴書がなかったら採用が難しいように、クラウドワークスでのプロフィールも同じくらい重要です。

クラウドワークスのプロフィールは、あなたの「名刺」と言える存在です。仕事を受注するためには、仕事探しの前にまずプロフィールを充実させましょう。クライアントに選ばれるための履歴書づくりが、中高年がクラウドワークスを始めて最初にやるべきことと言えます。

プロフィール画面でしっかり自分をアピールできていると感じてから、案件に応募してみてください。

クラウドワークスはメールアドレスがあれば簡単に登録できますので、まずは会員登録から始めてみましょう。

≫ 無料でクラウドワークスに登録する ≪