入っていれば安心ではない?50代で改めてライフプランを検討し、しっかりとした保険のプランを。 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

入っていれば安心ではない?50代で改めてライフプランを検討し、しっかりとした保険のプランを。

ライフプラン保険

保険は入っているから大丈夫とついつい考えてしまいますが、その保険プラン、将来の生活に合致していますか?後から過不足があったと気付いても手遅れになってしまうので、このタイミングで見直してみましょう。

よくある質問:ライフプランについて正直詳細に検討はできていませんが、自分の保険の入り方が適正かどうか知りたいです。
回答:ライフプランにおいて保険は大きな検討ウェイトを占めます。検討においては必要な補償額から逆算すべきですが、どれくらい必要かは個々の家族構成や生活によって変わります。先に保険額を検討するのではなく、あくまでしっかりとライフプランを検討してから合致する保険のプランを検討しましょう。

ライフプランと保険の関係

ライフプランとは、生活の設計図のことです。様々なライフイベントに紐付けて、特にお金の面に注目して設計をしていくことが多いです。ライフプランについてまだ詳しく知らないという方はまずは次の記事をご覧ください。

50代からのライフプランニング、必要なお金を計算してライフプランニングを立てよう
50代以降のライフイベントは大きな出費が発生、どんなライフイベント例があるか考えて働き方も準備すべし
【50代会社員必見!】年金を軸に考えるライフプラン、社会環境の変化に伴うワークスタイルや生活スタイルの変化に注意

お金を考える上で、保険は鍵となるポイントの一つです。ただし、20代や30代で立てるライフプランにおける保険の位置付けと、50代で立てるライフプランにおける保険の位置付けは若干異なってきます。本記事ではライフプランと保険の関係について解説していきたいと思います。

保険は必要な補償額から考える

保険には生命保険や医療保険など種類がありますが、いずれも必要な補償額から逆算して検討します。必要な補償額というのは、例えば子どもが大学に進学や留学により授業料や一人暮らしのためのお金がかかったり、住宅を購入するのに必要な金額、もしくは病気などで働けなくなった場合にこれまでと同じ生活をするのに必要な差分の金額などです。

考える年代によって異なる保険の位置付け

20代や30代のタイミングでライフプランを立てる際には、これから子どもが生まれたり、教育が必要であったり、もしくは住宅を購入したりと大きなお金が次々にかかってきます。また、保険加入者本人も働き盛りであり、収入も多い時期です。30代のタイミングで万が一のことがあった場合には、ご家族がその後しっかりと生活していくために、必要補償額を1億円程度に見積もることも多いです。
一方、50代のタイミングでライフプランを立てる際には、すでに住宅も購入し、ローンも返済間近であったり、子どももあと少しで大学を卒業し就職によって家計から離れるといった場合もあるでしょう。サラリーマンの場合は定年退職によって収入は年金だけとなり大幅に減少するケースも多いと思いますが、同時に必要な出費も下がっていると思いますので、補償額の見積もりも低くなり、500万〜2千万程度で見積もることがあります。

ライフプラン保険

(図)株式会社東海保険 ライフプランの作成

どれくらい補償額が必要なのかは個々人のライフプランによる

保険のパンフレットなどに掲載されている必要補償額はあくまでモデルケースの場合の例示です。それぞれの家族構成、現在の家計の状況、そしてこのあとどのようなライフイベントがあるかによって大きく補償額は変わってきます。また、仮に介護や介助が必要になった場合にどのような生活をしたいのかによっても変わってくるでしょう。すでに加入している保険があり、改めてライフプランを検討した場合に不安が出てくるケースもあります。この場合も生活を変えるのか、働く期間を長くして収入を増やすのか、保険を見直すのかなど、ご家族とよく話し合って進める必要があります。

シニア年代でも収入を増やしたい方はテックガーデンスクールがサポートします

ライフプランを検討した結果、定年後でも稼ぎ続けたいと考えた方もいると思います。当スクールでは50代の方を中心に一緒にキャリアやライフプランを検討するところからスタートし、各自の目標に即したプログラミングやAIの知識を学ぶ機会を提供しています。現在お勤めの社内でキャリアアップする方、転職に繋げる方、雇用という形ではなくフリーランスとして自分のペースで働いたり、好きなことで稼ぐことを目指す方もいます。まずは50代からの稼ぎ方を知っているスクールスタッフとキャリアについて相談した後、必要なスキルを効率よく学んでいくことをお勧めします。関心がある方はぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。

ライフプランにおいて保険は大きな検討ウェイトを占めます。検討においては必要な補償額から逆算すべきですが、どれくらい必要かはここの家族構成や生活によって変わります。先に保険額を検討するのではなく、あくまでしっかりとライフプランを検討してから合致する保険のプランを検討しましょう。