データ分析在宅案件はクラウドワークス・Indeedがオススメ!集計・可視化業務に必要なスキルはExcel(エクセルVBA)/Python/BIツール

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

データ分析在宅案件はクラウドワークス・Indeedがオススメ!集計・可視化業務に必要なスキルはExcel(エクセルVBA)/Python/BIツール

DX化の進む近年、ビジネスにおいてデータ活用や自動化などの業務効率化の取り組みが進んでいることから、データ分析・業務効率化ができる人材のニーズが高まっています。その中で、たとえ専門的なスキルを保有していない方でも、データの収集や加工、自動化など、データ分析や業務効率化に関する副業ができる環境が生まれています。

本記事では、 データ分析でできる在宅の仕事や必要なスキル、スキルや仕事の獲得方法について解説します。

50代会社員です。セカンドキャリアを見据えて、今後ニーズが高まっていきそうなデータ分析スキルを身につけたいと思っています。できれば在宅でデータ分析の仕事がしたいのですが、在宅でできるデータ分析の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。仕事の獲得方法や必要なスキル、スキルの習得方法などを知りたいです。

在宅でできるデータ分析の仕事には、Excel(エクセル) VBAやPython、Power BIに関する仕事などさまざまな種類があります。在宅での仕事を獲得するためには、データ分析スキルをはじめ、オンラインツールの利用スキルやスケジュール管理スキルなども必要です。データ分析スキルの習得においては、まずはツールを1つ決めて実践中心で学んでいくことが効率的です。ある程度慣れてきたら、クラウドワークスの案件に応募してみるとよいでしょう。

結論:実績を積み、集計・可視化業務の在宅案件に応募し続ける。

在宅でできる案件を探すには、クラウドワークス・Indeedがおすすめです。また、最近では在宅専門の派遣会社(「在宅派遣」㈱キャスター)もあります。

データ分析を行ううえでは、Excel(エクセル)VBA/Python/BIツールといったプログラミング言語やツールを利用し、勤務先でのスクレイピングによるデータ集計やグラフ化による可視化を行ったり、Python3 エンジニア認定分析試験挑戦すると学習しながら実績を積むことができます。  

これら実績をアピールしながら在宅案件に応募し続ける必要があるので、案件の新着メールが飛ぶように設定するなど、クラウドワークスやIndeedなどの新着情報を常にチェックできるような環境を作っておくことも大切です。

データ分析でできる在宅の仕事紹介 

はじめに、家にいながらでもできるデータ分析の仕事をいくつか紹介します。ここでは、クラウドワークスで掲載されているデータ分析の案件を基に、仕事内容や単価の目安などを解説します。

Excel(エクセル) を使ったデータ分析

まずはExcel(エクセル)を使ったデータ分析の仕事です。たとえば、かんたんなものであればデータ入力作業やピボットテーブルの作成、グラフ作成によるデータの可視化などが挙げられます。また、Excel分析モジュールを活用したデータ分析もあります。

いずれも難易度は低く、始めやすい仕事であるといえるでしょう。時給単価は1,000円程度が目安です。

【難易度の目安】低

【単価の目安】低〜中

Excel(エクセル) VBAを使ったデータ分析

Exce(エクセル)l VBAを使ったデータ分析の仕事です。たとえば、GoogleアナリティクスやGoogle広告、HubSpotなどの各種ツールからダウンロードしたデータをExcel VBAを使って集計する作業があります。

データを日次や週次、月次、年次などの単位でまとめて集計する仕事であり、Excel VBAにある程度慣れればそこまで難しくない作業であるといえます。単価は案件によっても異なりますが、時給案件の場合でおよそ1,000~1,500円程度が目安です。

【難易度の目安】中

【単価の目安】低〜中

Pythonを使ったデータ分析

続いてPythonを使ったデータ分析の仕事です。仕事の一例として、製造業やヘルスケア業界などのクライアントに対して、Pythonを使ったデータ解析支援の仕事などがあります。

データ分析の仕事は、特定の成果物の納品ではなく定常的なデータ解析支援であるケースも多く、その場合は固定報酬制ではなく時給単価制となっています。Pythonを使ったデータ分析の時給単価においても、そこまで難易度の高くない案件であればおよそ1,000~1,500円程度が目安です。

一方で、Pythonは10万件以上の大規模データ集計やビッグデータの成形などにも活用できるため、高難易度かつ大規模な案件の場合はより高い報酬を得ているエンジニアも存在します。

【難易度の目安】中〜高

【単価の目安】中〜高

Power BIを使ったデータ分析

Power BIを使ったデータ分析の仕事もあります。たとえば、Power BIを活用してWebアクセスデータ・マーケティングデータの分析や可視化を行う仕事などです。

Power BIに関する案件は、データの可視化だけでなく、前工程のデータ収集や加工も含めた依頼となっているケースもあります。その場合は、PythonやSQLなどの関連スキルも複合的に求められるため、案件の難易度は高くなります。その分、時給単価もおよそ1,500円 〜 4,000円程度と高めの目安となります。

【難易度の目安】中

【単価の目安】中〜高

Tableauを使ったデータ分析

BIツールに関する仕事として、Power BI以外にTableauを使ったデータ分析の仕事もあります。たとえば、ECモールやメーカーのデジタルマーケティング支援として、Tableauを使ったダッシュボード作成やデータ分析、レポーティングなどです。

Tableauの案件についても、データの可視化だけでなく課題抽出やマーケティング施策検討、プロジェクト進捗管理といった幅広い業務が含まれている傾向にあります。その分、案件の難易度は高くなりますが、報酬も時給単価でおよそ2,000円 〜 5,000円程度と高めの目安です。

【難易度の目安】中

【単価の目安】中〜高

Googleアナリティクスを使ったデータ分析

Googleアナリティクスを使ったデータ分析の仕事もあります。仕事の例としては、Googleアナリティクスでのレポート作成や質問対応、課題抽出、ECサイトの連携設定などです。

Googleアナリティクスの案件の場合、スポット対応となっているケースが多く、レポート作成や質問対応など1件あたりの報酬となっている傾向にあります。たとえば、レポート作成1件で2,000円~3,000円程度、メールでの質問対応1件で300円程度などがおおまかな目安です。

Googleアナリティクスは、現行のUA(Universal Analytics)から次世代バージョンのGA4(Google Analytics 4)に切り替わっている段階にあります。そのため、UAとGA4の仕様の違いなど覚えるべき事項が多く、難易度は中程度以上であるといえます。

【難易度の目安】中

【単価の目安】中〜高

在宅でのデータ分析の仕事を獲得するために必要なスキルとその学習方法

在宅でのデータ分析の仕事を獲得するために必要なスキルの全体像は以下になります。

データ分析の3本の柱

1)ビジネススキル (意思決定)

データ分析を行うためには、土台となるビジネススキルが重要です。ビジネススキルにはさまざまな要素がありますが、たとえばビジネス上の目標を達成するための課題形成スキルや意思決定スキルなどが挙げられます。

【学習方法】

50代会社員であれば豊富な実務経験を有しているため、すでに実務経験に基づくビジネススキルを培っていることと思います。そのうえで、課題形成力や論理的思考力、意思決定力などをより磨くためのビジネス書を読むことで、さらなる知識・スキルの補強ができるでしょう。

2)分析スキル (データの組み合わせ、切り口を決める、可視化方法を決める、 統計)

データ分析の仕事においては、やはり分析スキルは不可欠です。具体的な分析スキルとしては、データの組み合わせやデータの切り口の選定、データの可視化、統計スキルなどがあります。

【学習方法】

分析スキルを高めるうえでは、まずは職場でかんたんなデータを使って実践してみることが効果的です。たとえば、部署内の従業員のデータを使って、年齢別や職歴ごとにデータを組み合わせてみたり、グラフ化してみたりするなどです。そのうえで、わからない部分は書籍や動画を使って理解を図るとよいでしょう。

3)ITスキル(可視化)

ITスキルも大事なポイントです。たとえば、BIツールなどを使ったデータの可視化スキルなどがあります。

【学習方法】

データを可視化するためのBIツールなどを1つ選定して、無料トライアルなどを活用して実際に触れてみることが有効です。そして実践中心で学んでいくなかで不明点などが出てくると思いますので、公式のチュートリアルやテキストなどで学習していくとよいでしょう。

在宅でできるデータ分析の仕事の獲得方法

50代会社員の皆さんが独学やスクールなどにお金と時間を費やして一生懸命上記のスキルを身につけたとしても、お仕事を獲得するために決定的に足りないものがあります。それは「実務経験」と「実績」です。 

それがないと、クライアントや求人側に採用リスクが高いと判断されてしまいます。特に完全在宅の仕事の場合、教育や指示できる機会がほとんどないので、タスクだけを安心して任せられる人材でないと採用されないでしょう。

ここでは、「実績」をどのように積めばよいのかを中心に、その後の在宅の仕事の獲得方法についても述べていきます。

実務経験と実績を積む方法

1)勤務先の業務で活かす

データ分析の実績を積むかんたんな方法は、身につけたスキルを勤務先の業務で活かしてみることです。たとえば、あなた自身が管理者になっているExcel(エクセル)ファイルのデータを使って、Excel(エクセル) VBAによるデータの自動加工などに挑戦してみるとよいでしょう。

2)資格を取得する

資格取得も実績面で効果的です。データ分析に関する資格を取得することで、一定レベル以上の分析スキルを備えた人材であることを客観的にアピールできます。

3)コンテスト・コンペに応募する

コンテスト・コンペに応募する方法もあります。たとえば、インターネット上で募集されているコンペ案件に応募するなどです。もし採用されなかったとしても、応募に向けて準備していく過程で実務経験を積むことができます。

4)クラウドワークスで簡単な案件を獲得する

クラウドワークスには、在宅で行えるさまざまなデータ分析の案件が掲載されています。

簡単なデータ入力やグラフ作成などの案件を獲得して実績にするのも非常におすすめです。

上述の1−3)が間接的・擬似的な実績である一方、クラウドワークスでの案件実施実績は、「本当のデータ分析の仕事」と言えるので、とても説得力があります。

また、クラウドワークスの仕事は基本在宅なので、在宅でクライアントとコミュニケーションができ納品できるITスキルやビジネススキルの証明にもなるのが強みです。

まずはクラウドワークスに掲載されている案件を調べてみることで、具体的な仕事内容をイメージして、気になる案件を見つけたら積極的に応募してみることが重要です。

実績がない最初のうちは、低単価でも良いので初心者歓迎の案件に応募し、経験を積むことがポイントです。徐々に慣れてきたら、より高単価な案件にも挑戦してみるとよいでしょう。

50代が完全在宅の仕事を獲得する方法

1)履歴書と職務経歴書を用意する

まずは履歴書と職務経歴書の準備です。今までの勤務先での専門的な業界知識・実績を十分にアピールしましょう。豊富な業界知識・実績は、50代会社員の大きな強みです。それをベースに、学習したデータ分析スキルや実績のアピールも加えると相乗効果が出ます。

①  今までの勤務先での業界での専門知識と実績をアピール

② データ分析のスキルと実績を中心にアピール

③  求人先の業界と職種、業務内容に①②の相乗効果があることをアピールできるように書く。


2)完全在宅に強い求人サイトに複数登録する

履歴書と職務経歴書を用意できたら、完全在宅ワークに強い求人サイトに複数登録しましょう。求人サイトにはさまざまな会社がありますが、国内最大級かつ案件数の多いクラウドワークスには必ず登録しておきましょう。

3)常に案件をチェックし、応募数を増やす

求人サイトに登録したら、常に案件をチェックすることが大切です。たとえば1日のなかでチェックする時間帯や検索条件を決めて、気になる案件があれば積極的に応募してみましょう。クラウドワークスであれば、毎日多くの新しい案件が出ています。

まとめ

データ分析に関する仕事は、フリーランスや副業も含めさまざまな案件が出ており、在宅でできる仕事も多くあります。

在宅でのデータ分析の仕事を獲得するためには、データ分析ツールを扱うスキルやコミュニケーションツールの操作スキル、スケジュール管理スキルなどが必要です。データ分析スキルを習得するうえでは、まずはツールを1つ決めて、無料トライアルなどを活用して学習していくのが効率的です。

ある程度ツールを扱えるようになったら、クラウドワークスに出ている案件に実際に応募して経験を積んでみるとよいでしょう。

データ分析ならTechGardenSchoolがオススメ!

 

50代会社員の方がデータ分析を効率的に学習していくためには、プロのエンジニアを養成するカリキュラムではなく、エンジニアでない方でも勤務先で活用できることをゴールにした体系的な学習プログラムを備えたサービスの活用が効果的です。

 

50代会社員に特化したスクールであるTechGardenSchoolでは、データ分析を含めた業務効率化の全体像をやさしくお教えした上で、あなたの業務効率化にはどのスキル(データ分析、Excel VBA, BIツール、Python, RPAなど)が必要かをカウンセリングを通して判断し、オーダーメードカリキュラムをご提案いたします。

基礎学習の段階から、常に「データ分析を使った実践」を意識して、実践的かつわかりやすく指導しています。

データ分析の学習や実践、在宅でできるデータ分析の仕事に興味のある方はぜひご相談ください。

次に読みたい
データ分析を副業にする方法とは?50代でもできるやり方を解説

「役職定年を迎え、収入が減ってしまった」「退職後も収入を確保したい」といった理由で、副業を検討され…

次に読みたい
50代Python資格はPython3 エンジニア認定データ分析試験で決まり!:試験合格対策とセカンドキャリアでの活用法

Python3 エンジニア認定データ分析試験は、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会が運…

次に読みたい
プログラミングを学んで在宅ワークをしよう、未経験の50代やシニア、主婦におすすめ

テックガーデンスクールでは多くのIT初心者の50代やシニアに対しプログラミング教育を行ってきました…

データ分析に役立つ無料コンテンツもあります!

オーダーメードカリキュラム診断

あなたのなりたい姿から逆算して
あなただけの学習プランを診断します。
簡単3分で完了!