Power BIの公式資格とは?難易度や勉強法、50代会社員が取得するメリットを解説

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

Power BIの公式資格とは?難易度や勉強法、50代会社員が取得するメリットを解説

ビッグデータの活用が求められていく時代において必要なのがビジネスインテリジェンス(BI)ツールです。そのなかでもMicrosoftが販売する「Power BI」には公式のスキル認定資格があり、取得することで副業から本業、転職に役立ちます。そんなPower BIの資格について難易度や勉強方法、50代の会社員が取得するメリットを解説しましょう。

データ分析のスキルに興味があるのですが、おすすめの資格はありますか?50代の未経験者でも挑戦できるものが良いです。

データを可視化するためのBIツールのうちの1つ、Microsoft Power BI資格「Power BI データ アナリスト アソシエイト」はいかがでしょうか?Microsoft公認ということでアピールしやすいですし、Webサイトに無料学習コンテンツがあるなど取り組みやすいのも魅力です。データアナリストには将来性もありますので独立や転職にもおすすめの資格ですよ。

結論:データ分析やAI活用を行えるPower BIの資格は希少価値が高く、無料の学習コンテンツの利用も可能

Power BIは、ノンプログラミングでデータ分析やAI活用を行えるツールであり、DX化が必須となった現代では、将来にわたって習得する価値が高いスキルです。Power BIのスキルを証明するにあたっては、Microsoftが公式に実施している「Power BI データ アナリスト アソシエイト」の資格取得がおすすめです。

Power BI データ アナリスト アソシエイト試験の合格に向けて学習することで、Power BIを使ったデータの準備やモデル化、視覚化などを習得できます。簡単な資格ではないものの、資格取得者はまだ少ないため、副業や独立、転職などで大きな価値を発揮するでしょう。

Power BI データ アナリスト アソシエイトの勉強を行う際は、まずは無料の公式オンライン学習コンテンツを利用していくことがおすすめです。

Power BIとは?

まずはPower BIがどのようなものなのか、その概要を解説します。

データを収集・保存・加工・分析するためのツール

Power BIは、データを収集・保存・加工・分析するためのツールです。


近年、「ビッグデータ」と呼ばれる大量のデータを利用する技術が注目されています。大量のデータのなかにはこれまで気づかなかった知見が隠れており、それを見いだすことでビジネスだけでなく、疾病や犯罪の防止といった分野にも応用可能です。


しかしながら、大量のデータを扱うのは簡単ではありません。データがどこにあるのか、利用可能な形式になっているのかといった収集から、それを人間やコンピューターが分析する形へ加工したり、データを理解しやすく可視化したりとさまざまな課題が存在します。

Power BIはこのような大量のデータを簡単に扱うために開発された便利なツールです。

日商エレクトロニクス.”

「Power BI」とは?4つの特徴メリット、気になる費用を解説!”.https://cloud.nissho-ele.co.jp/blog/powerbi_merit/

プログラミングなしでデータ処理可能

Power BIの特徴の1つに、プログラミングなしでデータを処理できるという点が挙げられます。

大量のデータを扱うときは通常プログラミングが欠かせません。データサイエンティストのスキルとして、データの収集、形式の変換、分析、分析結果の表示を行なっていく必要があり、これらをプログラミングで対応していくには時間もかかります。


Power BIならプログラミングなしで大量のデータを処理することができるので、費用と時間の両面でコストを削減可能です。

日商エレクトロニクス.”

「Power BI」とは?4つの特徴メリット、気になる費用を解説!”.https://cloud.nissho-ele.co.jp/blog/powerbi_merit/

AIへの活用やDX化への応用も

Power BIはMicrosoft AIとの連携が可能です。これにより専門知識がなくても、プログラミングができなくても、AIを使ったデータ分析が可能になります。Power BIはDX化に大きく貢献できるツールといえるでしょう。


つまり、Power BIのスキルを身につければ、データサイエンティストのスキルやプログラマーのスキルがなかったとしてもDX化に貢献できます。その意味で仕事やプライベートで時間が少ない中高年が、セカンドキャリアやキャリアアップを目指して習得する価値があるスキルといえるでしょう。

日商エレクトロニクス.”

「Power BI」とは?4つの特徴メリット、気になる費用を解説!”.https://cloud.nissho-ele.co.jp/blog/powerbi_merit/

Power BIの公式資格「Power BI データ アナリスト  アソシエイト」

そんなPower BIを扱うスキルを持っていることを認定する資格が、Microsoft公式の「Power BI データ アナリスト アソシエイト」です。Microsoftの公式資格ですので、この資格を取得していればPower BIに精通した人材であることを証明できます。


DX化に積極的に取り組もうとしている企業ほどその価値を認めるため、履歴書に記載することで書類審査や報酬交渉で有利になるかもしれません。

note.”PL-300: Microsoft Power BI Data Analyst の体験記・対策”.2022-09-08.https://note.com/hiroki_momok/n/n53ec490c0338

Power BI データ アナリスト アソシエイトの概要は以下のとおりです。

名称PL-300: Microsoft Power BI Data Analyst
(Power BI データ アナリスト アソシエイト)
内容・データの準備 (25 – 30%)
・データのモデル化 (25 – 30%)
・データの視覚化と分析 (25 – 30%)
・資産のデプロイと保守 (15 – 20%)
受験料21,102円(変更の可能性あり)
問題数49問
合格ライン1,000点満点中700点以上
試験時間120分
受験方法(形式)オンライン
受験資格特になし
難易度中級

参照元:
Microsoft Learn「試験 PL-300: Microsoft Power BI Data Analyst
note「Microsoft 認定: PL-300 Power BI データ アナリスト アソシエイト合格体験記
Glarity「PL-300合格の秘訣:Power BIデータアナリスト試験の解説

Power BI データ アナリスト アソシエイトを取得するメリット

このPower BI データ アナリスト アソシエイトを取得するメリットを解説します。

将来性が高いスキルを身につけられる

Power BI データ アナリスト アソシエイトは将来性が高い資格です。ビッグデータの活用はまだ始まったばかりであり、多くの企業がまだ活用できていないか試行中です。低コストでビッグデータを活用できる人材は喉から手が出るほどほしい存在といえます。


また、ビッグデータの活用は今後も続くと見込まれており、将来にわたって引く手あまたの人材となれるでしょう。データ分析スキルは、DXブームの昨今だけに求められる一過性のものではなく、DXが浸透した後にも長期的に必要となる重要なスキルです。

Rworks.”Power BIとは?データ分析の基本と、Power BIの概要とメリットを解説”.2022-03-10.https://www.rworks.jp/cloud/azure/azure-column/azure-entry/25445/

希少価値が高い資格を得られる

Power BIの資格は現在、日本ではそれほど有名ではありません。たとえば同じMicrosoftの資格である「MOS」(Microsoft Office Specialist)で検索すると955,000,000件ヒットするのに対し、「Power BI データ アナリスト アソシエイト」はわずか2,820,000件と300分の1以下です。


これは逆にいえば、この資格を持っている人がまだ少ないことを意味します。一般的に多くの人が持っている資格を持っていても価値は低いですが、持っている人が少ない資格は価値が高いです。データ分析の将来性を考えると、狙い目の資格といえるかもしれません。希少価値の高い資格であるため、現在の勤務先でこれまで以上に必要とされる人材になれるだけでなく、転職や副業などにおいても有利に働くでしょう。

AXIS CONSULTING.”データアナリストの将来性【今後需要が伸びるタイプ、停滞するタイプとは】”.https://www.axc.ne.jp/media/careertips/dataanalyst_type

大企業への転職にも有利

Power BI データ アナリスト アソシエイトは副業や独立だけでなく、転職でも有利な資格です。

ビッグデータの活用やDX化は一般的に大企業ほど熱心におこなっています。このため、大企業への転職時にこの資格を持っていれば自分をより魅力的に見せることができるでしょう。


もちろん副業でもPower BI データ アナリスト アソシエイトは役立ちます。データ分析の依頼に対し、時間をかけてプログラミングをおこなう提案より、Power BIを使って短時間で終わらせる提案のほうが魅力的に映るのではないでしょうか。Power BIは、Tableauなどの類似ツールよりも大企業への導入が進んでいることからも、大企業への転職に有利な資格であるといえます。

日経転職版.”

Power BI(スキル)の転職・求人検索結果”.https://career.nikkei.com/kyujin/skl_48079/pg1/

Power BI データ アナリスト アソシエイトの魅力については、以下の参考記事でも詳しく解説していますので併せてご参照ください。

参考記事:Power BIならDX化に必要なデータ分析が可能〜セカンドキャリアにも役立つ! 

Power BI データ アナリスト  アソシエイトは50代未経験者でも合格できる?

いくらPower BI データ アナリスト アソシエイトの資格が魅力的でも、試験に合格できなければ意味がありません。50代未経験者でもPower BI データ アナリスト アソシエイトの試験に合格可能かどうか解説します。

Microsoftは「中級」に位置づけ

Power BI データ アナリスト アソシエイトについてMicrosoftは、難易度を「中級」に位置づけています。従って、決して簡単な試験ではないといえるでしょう。

ただ、MicrosoftはPower BIをより多くの方に使ってほしいがためにこの資格を用意していて、落とすために試験をおこなっているわけではありません。しっかりと対策をすれば合格は十分可能です。

Microsoft.”試験 PL-300: Microsoft Power BI Data Analyst”.
https://learn.microsoft.com/ja-jp/certifications/exams/pl-300

無料のオンライン学習コンテンツが利用可能

初心者がPower BI データ アナリスト アソシエイトに挑戦するメリットとして、無料のオンライン学習コンテンツが利用可能である点が挙げられます。


勉強を始めると高い教材を買わなくてはならないこともありますが、Power BI データ アナリスト アソシエイトの場合は無料の学習コンテンツが用意されているため、Power BIの概要を気軽に知ることができます。

もし相性が合わないと感じたら別の資格に挑戦すれば良いですし、面白そうだと感じたら有料の教材やプログラミングスクールも含め、あらためて勉強方法を検討できるでしょう。

Microsoft.”試験 PL-300: Microsoft Power BI Data Analyst”.
https://learn.microsoft.com/ja-jp/certifications/exams/pl-300

他におすすめの資格やPowerBI資格との違い

ここでは、Power BI データ アナリスト  アソシエイト以外におすすめできる資格や、Power BI データ アナリスト  アソシエイトとの違いについて解説していきます。

データ分析入門者におすすめの資格

まず、データ分析入門者におすすめの資格は「基本情報技術者試験」です。基本情報技術者試験とは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している試験であり、IT系の国家資格です。ITエンジニアの登竜門となっており、これからデータ分析を習得したい人がデータ分析の基礎やIT全般知識を学ぶのに適した資格となっています。Power BI データ アナリスト  アソシエイトが具体的なPower BIのスキルを測る資格であるのに対して、基本情報技術者試験はデータ分析を含めた全般的なITの基礎知識を証明するための資格です。

参照元:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「基本情報技術者試験」

BI系のデータアナリストにおすすめの資格

続いて、BI系のデータ分析を担当しているデータアナリストにおすすめの資格は「統計検定 3級」です。統計検定とは、一般財団法人 統計質保証推進協会が実施している、統計に関する知識や活用力を評価する全国統一試験です。試験は1級から4級までレベル別に分かれており、3級ではデータの散らばりの指標・グラフ表現や相関・回帰、確率分布といった分野が出題されます。データ分析をある程度経験してきているデータアナリストに適した資格となっています。Power BI データ アナリスト  アソシエイトがPower BIツールを対象とした資格であるのに対し、統計検定ではツールを問わず幅広い統計知識が問われます。

参照元:一般財団法人 統計質保証推進協会「統計検定3級」

AI系のデータサイエンティストにおすすめの資格

最後に、AI系のデータサイエンティストにおすすめの資格は「Pythonエンジニア認定 データ分析試験」です。Pythonエンジニア認定 データ分析試験は、Pythonエンジニア育成推進協会が実施しているPythonエンジニア向けの試験であり、Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法が問われます。PythonはAI分野に活用できるプログラミング言語となっており、AI系のデータサイエンティストに適した資格です。Power BI データ アナリスト  アソシエイトがPower BIツールに特化した資格だとすると、Pythonエンジニア認定 データ分析試験はPython言語に特化した資格であるといえるでしょう。

参照元:Pythonエンジニア育成推進協会「Pythonエンジニア認定 データ分析試験」

まとめ

Power BIはDX化に欠かせない、データ分析とAIの活用をプログラミングなしでおこなえるツールです。その意味で現在から将来にわたって習得する価値があるスキルといえます。


Power BIのスキルを証明するならMicrosoft公式の「Power BI データ アナリスト アソシエイト」がおすすめです。

Power BI データ アナリスト アソシエイトでは、データの準備やモデル化、視覚化、分析などの分野が出題され、オンライン受験が可能です。


IT資格にはデータ分析を含む全般的なITの基礎知識を証明する基本情報技術者試験などもありますが、Power BIの学習をしている人にはPower BI データ アナリスト  アソシエイトが適しています。

決して取得がかんたんな資格ではありませんが、まだまだ持っている人が少ないこともあり、副業、独立、転職で大いに役立つでしょう。


Power BI データ アナリスト アソシエイトの勉強には、まず無料で用意されている公式オンライン学習コンテンツの利用がおすすめです。無料なので気軽に学習を始められます。

Power BIの勉強ならTechGardenSchoolがオススメ!

Power BIを本格的に勉強したいと思ったらTechGardenSchoolがおすすめです。
TechGardenSchoolは中高年専門のプログラミングスクールであり、パソコンに不慣れな方でも優しく指導します。中高年の指導に慣れた現役エンジニアの講師が指導しますので、紙の上の知識だけでなく現場の声を含めた実践的な学びが可能です。
また、さまざまなスキルを共通の月謝で勉強できるのもメリットの1つ。たとえPower BIで挫折しても、ほかのプログラミング言語やウェブサイト制作などほかのスキルにスムーズに移行できます。単にスキルを身につけるだけでなく、セカンドキャリアに向けた指導もおこないますので収入までワンストップでつなげられるのもおすすめのポイントです。

ぜひ無料カウンセリングや体験レッスンでその魅力を体感してみてください。

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

次に読みたい

次に読みたい
【50代リスキリング資格】実務実績にプラスアルファできる資格でセカンドキャリアの選択肢を拡げよう!

国がDXを推進し、企業がDX人材を求めている現代では、リスキリングによってITリテラシーなど新たな…

次に読みたい
エクセルVBAエキスパートは50代会社員に必要?難易度や取得するメリットを解説

エクセルの作業を自動化するものをマクロと呼びます。実はこのマクロを作る「VBA」もプログラミング言…

次に読みたい
50代会社員はPython3 エンジニア認定基礎試験に挑戦すべき?難易度や勉強方法、メリットを解説

DX人材が求められているなか、データ分析やAIのプログラミングでよく使われる言語として人気のPyt…

当スクールでは2023年より VBAエキスパート、Python3 エンジニア認定基礎試験/エンジニア認定データ分析試験の資格取得のサポートを行うコースを開講いたします。

ご興味のある方はお問い合わせいただくか、無料カウンセリングにご参加ください。

中高年のセカンドキャリア形成に役立つ無料コンテンツもあります!

無料e-book
ゴールから逆算する
オーダーメイドカリキュラムの
作り方

ゴールやスタイルごとに逆算の考え方と優先すべきITスキルをご紹介します。オーダーメイドカリキュラム診断の内容も含まれています。

無料メール講座 「50代会社員がプログラミングで月5万円稼ぐ方法」

メール講座
「50代会社員がプログラミングで
月5万円稼ぐ方法」

メルマガからのご入会で
最大¥79,060割引!

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。