キャリアプランが見えない50代サラリーマンが不安を解消する方法

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

キャリアプランが見えない50代サラリーマンが不安を解消する方法

キャリアプラン見えない 変わりゆく社会状況や経済状況の中で将来のキャリアに不安を持っている中高年ミドル層が多くいます。不安な状況を改善するためには、キャリアプランの成功例を見たり、知人の話を聞いたり、ゆっくりとご自身のキャリアプランを具体化していくことが効果的です。

最近は経済状況の悪化やインフレなどもあり、勤務している会社の状況も変わっています。そういった変化の中で、自分の将来のことを考えても、キャリアプランが見えずに、今後どうなっていくか不安を持っています。

キャリアプランが見えないのは悪いことではありません。今キャリアプランに悩めていることをプラスに捉え、キャリアプラン作成を始めてみましょう。具体例を知ったり、実際の求人を見てイメージを膨らませることからスタートすると入りやすいです。

キャリアプランが見えない理由

当スクールで最初に面談をする際にも、キャリアプランが見えないとお話しされる方はいらっしゃいます。当スクールは50代を中心に中高年の方が生徒さんとして在籍していますが、その年代の方にとっては仕方のない部分もあります。日本でキャリア教育が開始されたのは1999年に文部科学省に設置された中央教育審議会が提言して以降、2000年代に入ってからのことです。


現在の子どもたちは学校教育の中でキャリア教育に触れていますが、50代の方々はそのような教育を受けてきていません。また、企業においても、ここの社員のキャリア開発に着目するようになったのは最近のことであるため、50代の方々はキャリアについて深く考える機会が比較的少なかったといえるでしょう。

キャリアプランが見えない状況で不安を感じる人も多い

株式会社レンズアソシエイツが2022年4月19日に発表した「コロナ禍におけるミドルマネジメントの不安」という調査では、半数以上の方が自社組織に対する不安を持っており、翻って自身の処遇にも不安を持っていることが推察できる結果となっています。キャリアプランを持っていないことに加え、新型コロナウイルスの拡大で働き方が変わったり、経済環境が変わったことで、ミドルマネジメント層の方はキャリアに不安を感じている方が多いようです。

キャリアプランが見えないときは、キャリアプランの具体例や成功例をみてみましょう

キャリアプランが見えない時には、自分のことを考えていてもなかなか良い考えが浮かばないサイクルに入ってしまっている可能性があります。キャリアプランがどんなものなのか、具体例や成功例を見て勉強することも大切です。


記事「成功する50代キャリアアップとは? :ゴールから逆算したスキルアップ成功事例」では50代でキャリアアップやスキルアップに成功した事例を掲載しています。その背景にどのようなキャリアプランを持って行動していたのかをぜひ読んでみてください。


また、記事「50代からのキャリアパス事例。厚生労働省が選定した好事例を見ながら考える新しいキャリアパス。」では定年後も見据えたキャリア作りについて解説しています。

次に読みたい
50代からのキャリアパス事例。厚生労働省が選定した好事例を見ながら考える新しいキャリアパス。

多くの企業のキャリアパスは寿命の伸長やデジタル化、アフターコロナの経済環境の変化など伴い、変更を迫…

周りに転職した人や早期退職した人がいたら話を聞くチャンス

周囲の人で転職をした人や早期退職をした人が少なからず見つかるのでは無いでしょうか。その人との関係性や、その人が転職や早期退職をした経緯にもよりますが、おそらくしっかりとキャリアプランを考えているはずですので、機会があれば、そういった方にお話を聞くのはご自身のキャリアプランを考える上でも大いに参考になります。

地方移住やニ拠点生活をしている人のキャリアプランも参考になる

多くの自治体では他の地域からの移住者やニ拠点生活者を受け入れるための窓口を設置しています。そういった窓口では、実際にその地域に移住された方やニ拠点生活をしている方とのネットワークを持っていて、新規の希望者などへの説明や面談をセットしてくれます。地方移住やニ拠点生活はキャリアの上でも大きな決断になりますので、どのようなプランを持ってその決断に至ったのか、ヒアリングすると参考になる点が多いでしょう。

キャリアプランに悩むときは、求人広告やフリーランス向けの案件を見てみましょう

キャリアプランは人それぞれですので、先ほどの事例はあくまで例となり、ご自身の場合を考えていくことになります。一方で、やりたいことが明確に見えている人ばかりではありません。どんな働き方や仕事があるのか、知らないことも多いでしょう。そういった方には実際の求人広告や案件募集を見ることをおすすめします。

求人広告を見て関心のある業界や職種を探す

求人広告は情報の宝庫です。どんな業界で、どんな職種で募集が盛んに行われているのか、経済状況をダイレクトに反映するものです。最初はあまり絞りすぎず幅広にみていってください。そして気になったものをいくつかメモしておくと良いでしょう。実際にいますぐ応募するわけではありません。あくまでキャリアプランを作る参考に見ているということを忘れずに、さまざまな求人広告をチェックしてください。

フリーランス向け案件募集を探す

フリーランス向け案件募集を見ることも勉強になります。将来的にはフリーランスという稼ぎ方も選択肢にありますので、その観点でも見ていただきたいと思いますが、注目したいのはスキルです。案件ごとに募集されるため、どんな課題やプロジェクトがあり、どんなスキルが求められているのかがとてもわかりやすくなっています。わからない用語やツールの名前が出てきたらぜひ調べてみてください。その中に自分が興味を持てるスキルやすでに取得しているスキルがあればメモしておきましょう。

キャリアプランが見えない人でも始められるキャリアプランニング

当ブログでは、キャリアプランを一から作り始める方向けの解説記事を掲載しています。


記事「50代からのキャリアプランはスキルの掛け合わせで考える。シニア年代で活躍し続けるために大切なこと。」ではこれまでの経験やスキルの棚卸しをしてファーストキャリアを今後のキャリアプランに繋げる方法を解説しています。


また、記事「50代会社員の転職活動に必須のキャリアプランとは?理想のキャリアを実現するためしっかりと作ろう」では転職活動を見据えてキャリアプランを作る方法やキャリアプランの例文を掲載しています。ぜひお読みいただきたい記事です。


キャリアの不安を解消するためには、キャリアプランを作成することが効果的です。キャリアプランを作成すれば、具体的なステップが明確になり、行動に移すことができます。いきなりキャリアプラン作りを始めるのではなく、具体例や成功例を知ったり、求人広告やフリーランスの案件募集を見ることで今世の中で求められていることや仕事の種類を知ることができます。イメージが膨らんだら、実際に自分のキャリアプランを作成していきましょう。


不安に気付いたことも良いきっかけです。キャリアプラン作りを進める上でわからないことがあれば、テックガーデンスクールの無料カウンセリングを受けてみてください。50代中高年のセカンドキャリア支援を行なってきた実績と経験からアドバイスすることが可能です。

次に読みたい
キャリアプランが思いつかない。そんなときは、今までの経験・スキルを棚卸しをし、足りない部分は学び直しで身につける

50代からのキャリアプランの書き方は、20代や30代向けの書き方とは異なります。この差を理解しつつ…

キャリア診断ができる無料コンテンツもどうぞ!

無料e-book セカンドキャリア デザインフレームワーク

セカンドキャリアのゴール設定(目標月収など)や重視したいスタイル(在宅、フリーランスなど)を決めた上で、勉強内容とそのゴールを設定することができます。

オーダーメードカリキュラム診断

あなたのなりたい姿から逆算して
あなただけの学習プランを診断します。
簡単3分で完了!