50代からのキャリアプランはスキルの掛け合わせで考える。シニア年代で活躍し続けるために大切なこと。 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代からのキャリアプランはスキルの掛け合わせで考える。シニア年代で活躍し続けるために大切なこと。

ミドルからシニアキャリアプランの必須項目

50代からのキャリアプランの書き方は、20代や30代向けの書き方とは異なります。この差を理解しつつキャリアプランを書いていくことで、転職や独立を有利に進めることができます。本記事では50代からのキャリアプランを書くための準備、そしてキャリアの可能性を広げる方法について解説します。

よくある質問:50代からのキャリアプランを書きたいのですが、どのように書けばよいか、考え方や書き方がわかりません。
回答:50代からのキャリアプランではまずこれまでのファーストキャリアでの経験やスキルの棚卸が大切です。これをベースとし、セカンドキャリアに向けて学び直しで新しい知識やスキルを身に付ける設計をすると、他人と差別化され、転職や独立を有利に進めることができるでしょう。

50代のキャリアプランは終わりではなく第二のスタートに向けたプラン

50代になって急にキャリアプランを書かないといけなくなった方、もしくはキャリアプランの変更をしようとしている方、様々な方がいらっしゃると思います。キャリアプランというと若い方の将来設計に関する解説などが多く見つかり、50代はその後半に位置付けられていることを目にするかもしれません。しかし、50代はまだまだこれからの世代です。

企業文化の変化と人生100年時代の折り返し

近年、企業文化の変化と人生100年時代という大きな二つの波が押し寄せています。日本では企業において終身雇用制度が取られ、一度入社した企業に定年退職するまで勤めるスタイルが一般的でした。ここに定年引上げや雇用の流動化が徐々に起きています。一方、個人に目を向けると、寿命の伸長により人生100年と言われる時代になりました。英ロンドン・ビジネス・スクールのリンダ・グラットン教授が執筆した『ライフシフト』が日本でも注目されましたが、100年のスパンで考えると、50代はちょうど折り返し地点。これまでの常識であった、「60歳前後で定年し、後は年金で悠々自適に暮らす」という未来像があらゆる観点から転換を迫られています。

ミドルからシニアへの移行

仕事をする年代が引き上げられ、仮に80歳まで働くとしましょう。20歳前後から働き始めて、50代はちょうどその中間にあたります。しかし、生物学的に体力面は徐々に低下していきますから、必ずしも20代や30代と同じ働き方ができるわけではありません。ミドルからシニアへの移行にあたり、これまで培ってきた経験を活かし、戦略的にポジショニングをすることが活躍し続けるコツとなります。

50代でキャリアプランがわからない人は自分の経験やスキルの棚卸を

50代で作るキャリアプランはシニア年代をどう生きていくかの戦略図です。広げた航海図の羅針盤となってくれるのはまずは自分の経験やスキルです。そして足りない部分は航海の途中で補いながら進んでいきましょう。

50代でキャリアプランが書けない理由は自分の理解が不足しているから

20代と50代でキャリアプランを書くプロセスには違いがあります。20代で書くプロセスでも過去の振り返りがありますが、未来の成長の話が多くなります。50代の場合、まずベースとなるのが過去の振り返り。自分の好みや趣向だけでなく、どんな経験をしているか、どんなスキルがあるかを掘り下げる必要があります。自身の半生を振り返り、まとめていく作業は意外と労力がかかりますが、これをせずにキャリアプランを書こうとして筆が進まないという人が多いです。しっかりと自分に向き合うことから始めましょう。

ファーストキャリアをセカンドキャリアのベースに

50代までをファーストキャリア、これからキャリアプランを書くシニア年代をセカンドキャリアとした時、やはりファーストキャリアをベースに考えるべきです。シニアになって全く新しいことにチャレンジする方もいますが、そこで生活できる程度にお金を稼ぐのには相応の時間がかかります。新しいことにチャレンジするとしても、基盤となる仕事と並行して進める形が良いでしょう。一方、キャリアチェンジではなくキャリアやスキルの掛け合わせという考え方であれば、大いに可能性が広がります。ファーストキャリアの経験やスキルに新しいものを加え、セカンドキャリアを優位に進めることができるでしょう。

学び直しで転職を有利に

キャリアやスキルの掛け合わせに欠かせないのが学び直しです。文部科学省など教育文脈ではリカレント、経済産業省などビジネス文脈ではリスキルとも呼ばれます。マイナビ転職が行った「社会人の学び直しに関する実態・意識調査」(2020年)では、学び直しを「現在している」割合が16.9%に留まるなど、あまり日本ではあまり一般的ではありません。経済環境の変化やビジネスに関する技術革新は常に起こっていますので、逆に言えば自分が学び直しをし知識や技術をリニューアルすることで他人と差別化することができます。もちろん転職の際には経験に加えて最新の知見を持っているということでアピールポイントとなります。

政府も後押しする学び直し(リスキリング)

日本ではあまり広まっていない学び直しですが、諸外国では社会人の大学再入学などの学び直しが普及していることから、国としても近年力を入れています。例えば経済産業省では「第四次産業革命スキル習得講座認定制度」という制度でITやデータなど将来重要な技術や知識を身に付けようという社会人の学び直しを支援しています。

デジタル化によるビジネス環境の変化

現在DX(デジタル・トランスフォーメーション)という言葉がどこに行っても聞こえてきます。デジタル技術の進展・普及とそれに伴うビジネス構造の転換が進んでいます。DXを推進するためには、プログラミングやデータサイエンス・AIの知識が不可欠であり、これらの知識を持っている人材は転職市場でとても優遇されます。

まとめ

50代のキャリアプランでは、ファーストキャリアの経験や知識をベースとなり、新しいスキルを学んで掛け合わせることで、大きく将来が広がります。 キャリアプランを早めに作成することで、どのようなスキルを学び直せばよいかが明確になります。多忙な50代会社員のあなたが新しいスキルの習得するのには時間がかかりますので、早めに少しづつ始めることが大切です。
TechGardenSchoolでは、、ご入会前に必ず 無料カウンセリングを受けていただき、あなたのファーストキャリアの経験や知識を棚卸ししています。それを土台にセカンドキャリアをプランニングし、学び直しのためのカリキュラムをオーダーメードしています。
このように最短距離であなたの目指す転職や副業、フリーランスとして月5万円を稼ぐためのスキルと方法をお教えしているので、安心してプログラミング学習に自己投資することができるのです。

次に読みたい記事
50代からのキャリアパス事例。厚生労働省が選定した好事例を見ながら考える新しいキャリアパス。
【50代転職成功事例インタビュー】役職定年をきっかけに正社員転職しました。 職務経歴書が非常に大事です。

テックガーデンスクールでは生徒様のこれまでの経験やスキルに、スクールでプログラミング等を学んでもらい、キャリアの掛け合わせによってキャリアプランを進化させるお手伝いをしています。気になる方はぜひ一度無料カウンセリングにてご相談ください。