【50代の副業はプログラミング×キャリア】プログラミングがあれば50代副業が可能性大 – 「中高年のためのプログラミング教室」TECH GARDEN SCHOOL

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

【50代の副業はプログラミング×キャリア】プログラミングがあれば50代副業が可能性大

プログラミング50代副業

50代の皆さんにとって、副業は今の収入を増やすだけでなく、定年後の収入を確保する意味でも重要です。プログラミングはそんな50代の皆さんのこれからの副業にうってつけですが、未経験だとハードルが高いのも事実。今回は50代未経験から始めるプログラミング副業の正攻法についてお伝えします。

よくある質問:50代でもプログラミングを身につけ副業収入を得ることが可能なのか知りたい。可能であれば最適な学習方法も知りたい。

回答:案件受注は年齢ではなくスキルが見られるため、スキルがあれば50代でもプログラミングによる副業収入を得ることは可能。
プログラミングスクールに通えば50代からでも効率的に副業に必要なスキルを身につけることができます。そして、スキルマッチサービスやクラウドソーシングを利用し、ご自身のこれまでのキャリアとプログラミングを掛け合わせて仕事を獲得しましょう。

50代未経験からでもプログラミングで副業はできる?

なぜ50代で副業を始めるのか

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」令和元年度では全体の84.4%が老後の生活に不安を感じている、という調査結果が出ています。そして、その理由のトップが「公的年金だけでは不十分」という老後資金に関する不安です。

50代は子育ても一段落して教育費が浮いた分を貯蓄に回すなど、老後資金を現実的に考え始める年代。定年後を見据えて動けるうちにもう少し収入を確保しておきたい、という方も少なくないのではないでしょうか。

経済産業省の「労働市場の構造変化の現状と課題について」(平成31年4月)によれば、転職は年齢的にハードルが高いこともあってか、50代を含めたミドル・シニア層の副業希望者数は年々増加しています。

プログラミングの副業は50代未経験でも可能

健康面・体力面の不安も出てくる50代の副業としては、やはり在宅でできる仕事の方が安心ではないでしょうか。それでいて、定年後も続けられる仕事であればなお良いですよね。

未経験で在宅でも出来る仕事となると、アンケートモニターやデータ入力、ウェブライターなどが代表的です。
しかし、これらは誰でもすぐに始められる分、競争も多く、収入もあまり高くありません。

そこで候補に上がるのがプログラミングです。
プログラミングは未経験者がいきなり始められる仕事ではありません。

一方で、一度勉強すれば、その分高収入が期待できます。
では、どれほどの学習時間でプログラミングを身につけることができるのでしょうか?

例えば株式会社侍の調査では、専業プログラマーになるためには一日4時間以上勉強しても平均で17ヶ月かかる、という調査結果が出ています。

しかし、副業で収入を得ることから始めれば、最初から包括的に学習する必要はありません。

例えば中高年のためのプログラミングスクールである当校に通っていらっしゃる超初心者の社会人の方の場合ですと月2-3回土曜日のみの勉強時間という方も多いです。この場合でも、5千円〜1万円を早速初月から稼いでいる人もいます。

なお、難しいと考えられているアプリ制作ですが、アマチュアレベルであれば大体6-10ヶ月で出来るようになります。もちろん平日も学習できればより早く習得可能です。

50代の副業はキャリアを活かせる

プログラミングを50代の今から始めるとなると、つい若い人と比べて不利になる部分ばかりに目が向いてしまいがちですが、実は50代の今だからこその強みもあります。

それは皆さんが今までの仕事で培ってきたキャリアです。プログラミングは、あくまで目標達成のための一つのツールでしかありません。

社会経験が浅いと、せっかく便利なツールを手に入れても解決すべき課題の発見に深みが無いかもしれません。社会経験を重ねた50代にとっては、ご自身が長年携わってきた業界・職種の中にプログラミングを使って解決できそうな課題が次々と見えてくるのではないでしょうか。

こうした課題の中から実際にプログラミングを利用して自分の手で解決できるものが出てくると、それがそのまま副業として成り立つ可能性も大いにあるのです。

おすすめの学習方法

プログラミングスクール

学習方法としておすすめなのはプログラミングスクールに通うことです。

独学でも不可能とまでは言いませんが、IT未経験となると、PythonやJavaScriptといったプログラミング言語学習に辿り着くまでにやらなければならないことも多いです。そのため、独学の場合は自発的に根気よく学習し続けられる方でなければ難しいのが実情です。

50代の今からプログラミングスクールに通うのは気が引けるという方もいらっしゃるかもしれません。

しかし人生100年時代といわれる現代。リンダ・グラットン氏の著書『ライフ・シフト』にあるように、職業人生の途中で学び直しの時期が必要になってきます。

人生100年時代において50歳はまだまだ中間地点。ようやく日本でもリスキリングという言葉が頻繁に聞かれてるようになっています。

実際、プログラミングスクールに通う中高年やシニアも増えています。

プログラミングスクールに通えば学習が習慣化しやすく、つまずく部分が出てきても先生やチューターに質問しすぐに解決できるため、結果的に独学と比べ短期間でプログラミングを習得しやすくなります。

副業案件の見つけ方

キャリアを活かして仕事を見つける

前述の通り、50代の皆さんの最大の武器は今まで築かれてきたキャリアです。学んだプログラミングを現業でも活かしつつ、実績と実務経験を自社内で積み重ねてください。

そして少しずつ社外の仕事にも挑戦してみましょう。社外案件の探し方はスキルマッチングサービスや複業人材紹介サービス、そして知人の紹介も活用してください。

履歴書にプログラミングのスキルが記載されていれば、多くの候補者の中でも目に留まる可能性が一気に高まります。

クラウドソーシングで案件を獲得する

フリーランスのエンジニアが副業案件を探す場合、クラウドソーシングを利用することが一般的です。クラウドソーシングでは比較的簡単で低単価なものから難易度が高く単価も高いものまで様々な案件が並んでいます。

発注する側はその人の実績と案件の内容を見比べて仕事を任せられるかどうかを判断するため、自社内の案件やサンプルサイト等であったとしても制作実績があるというのは大きな強みになります。

そしてクラウドソーシングにおける仕事獲得では最初から大きな案件を狙わず、小さな案件をコツコツと重ねて信頼と評価を獲得しましょう。そうすると次第に案件が取りやすくなりますので、徐々に大きな案件にチャレンジしてください。

初回直接参加で 入会金¥33,000 が無料!

※カウンセリング当日の「入会お申込み&クレジットカードでのご決済」の場合に限ります。

無料カウンセリング