50代プログラミング副業は「経験x業務効率化プログラミング」の3段階アプローチがオススメ!

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

50代プログラミング副業は「経験x業務効率化プログラミング」の3段階アプローチがオススメ!

プログラミング50代副業

50代の皆さんにとって、副業は今の収入を増やすだけでなく、定年後の収入を確保する意味でも重要です。プログラミングはそんな50代の皆さんのこれからの副業にうってつけですが、未経験だとハードルが高いのも事実。

今回は50代未経験から始めるプログラミング副業の正攻法についてお伝えします。

50代でもプログラミングを身につけ副業収入を得ることが可能なのか知りたい。可能であれば最適な学習方法も知りたい。

案件受注は年齢ではなくスキルが見られるため、スキルがあれば50代でもプログラミングによる副業収入を得ることは可能。 プログラミングスクールに通えば50代からでも効率的に副業に必要なスキルを身につけることができます。そして、スキルマッチサービスやクラウドソーシングを利用し、ご自身のこれまでのキャリアとプログラミングを掛け合わせて仕事を獲得しましょう。

結論 :50代プログラミング副業は「経験x業務効率化プログラミング」の3段階アプローチがオススメ!

50代の副業には、定年後も在宅で働けて高収入も期待できるプログラミングがおすすめです。50代がプログラミングを副業にしていくためには、まずは現在の保有スキルで副業を始め、ITスキルを掛け合わせて差別化を図る段階的なアプローチが有効となります。ITスキルを高めれば、いずれはITスキルだけでも稼げるようになるでしょう。プログラミングの副業でいち早く成果を出したい方は、プログラミングスクールやメンター・家庭教師などの活用も効果的です。

プログラミングを副業にするメリット・デメリットとは?

プログラミングを副業にするメリットは、PC1台あれば在宅でも働くことができ、定年後も年齢に関わらず活躍するチャンスが広がっている点です。また、スキル次第では高収入が期待できます。


一方、プログラミングを副業にする場合、習得するまでにある程度時間がかかる点がデメリットであるといえます。未経験者がいきなり稼ぐことは難しく、本業のない土日などの時間を使って勉強していくことが必要です。また、人によっては独学での習得が厳しい可能性もあり、スクールなどを活用したほうがよいケースもあるでしょう。

50代未経験からでもプログラミングで副業はできる?

なぜ50代で副業を始めるのか

生命保険文化センター「生活保障に関する調査」令和元年度では全体の84.4%が老後の生活に不安を感じている、という調査結果が出ています。そして、その理由のトップが「公的年金だけでは不十分」という老後資金に関する不安です。

50代は子育ても一段落して教育費が浮いた分を貯蓄に回すなど、老後資金を現実的に考え始める年代。定年後を見据えて動けるうちにもう少し収入を確保しておきたい、という方も少なくないのではないでしょうか。

経済産業省の「労働市場の構造変化の現状と課題について」(平成31年4月)によれば、転職は年齢的にハードルが高いこともあってか、50代を含めたミドル・シニア層の副業希望者数は年々増加しています。

プログラミングの副業は50代未経験でも可能

健康面・体力面の不安も出てくる50代の副業としては、やはり在宅でできる仕事の方が安心ではないでしょうか。それでいて、定年後も続けられる仕事であればなお良いですよね。 未経験で在宅でも出来る仕事となると、アンケートモニターやデータ入力、ウェブライターなどが代表的です。

しかし、これらは誰でもすぐに始められる分、競争も多く、収入もあまり高くありません。そこで候補に上がるのがプログラミングです。プログラミングは未経験者がいきなり始められる仕事ではありません。 一方で、一度勉強すれば、その分高収入が期待できます。では、どれほどの学習時間でプログラミングを身につけることができるのでしょうか?

例えば株式会社侍の調査では、専業プログラマーになるためには一日4時間以上勉強しても平均で17ヶ月かかる、という調査結果が出ています。 しかし、副業で収入を得ることから始めれば、最初から包括的に学習する必要はありません。   例えば中高年のためのプログラミングスクールである当校に通っていらっしゃる超初心者の社会人の方の場合ですと月2-3回土曜日のみの勉強時間という方も多いです。

この場合でも、5千円〜1万円を早速初月から稼いでいる人もいます。   なお、難しいと考えられているアプリ制作ですが、アマチュアレベルであれば大体6-10ヶ月で出来るようになります。もちろん平日も学習できればより早く習得可能です。

50代の副業はキャリアを活かせる

プログラミングを50代の今から始めるとなると、つい若い人と比べて不利になる部分ばかりに目が向いてしまいがちですが、実は50代の今だからこその強みもあります。 それは皆さんが今までの仕事で培ってきたキャリアです。プログラミングは、あくまで目標達成のための一つのツールでしかありません。

社会経験が浅いと、せっかく便利なツールを手に入れても解決すべき課題の発見に深みが無いかもしれません。社会経験を重ねた50代にとっては、ご自身が長年携わってきた業界・職種の中にプログラミングを使って解決できそうな課題が次々と見えてくるのではないでしょうか。

こうした課題の中から実際にプログラミングを利用して自分の手で解決できるものが出てくると、それがそのまま副業として成り立つ可能性も大いにあるのです。

50代未経験でもプログラミングでできる副業とは?

50代未経験でもプログラミングでできる副業としては、たとえばExcel VBAやPythonなどのプログラミング言語を使った業務効率化やデータ分析の案件などがあります。プログラミングを使って簡易的な表を集計したり、グラフを作成したりするような案件であれば、経験の浅い段階からでも挑戦しやすいでしょう。

おすすめのプログラミング副業案件事例

50代未経験の方におすすめのプログラミング副業案件の事例としては、たとえば以下のクラウドワークス案件などがあります。


参照元:クラウドワークス「【超初心者向け案件】EXCEL VBAのプログラミングを作成してください。


上記は、Excel関数を実行するための簡易的なプログラムを作成する案件の一例です。募集タイトルに【超初心者向け案件】とあるように、プログラミングに自信のない方でも応募しやすくなっています。


タイミングによっては募集終了となっていることもありますが、このような募集は都度出されているので、定期的に案件を探してみるとよいでしょう。

プログラミングスキルの習得方法と期間

続いて、プログラミングスキルの習得方法と期間について、初心者におすすめのプログラミング言語と併せて解説します。

初心者がプログラミングで副業するのにおすすめな言語

初心者がプログラミングで副業するのにおすすめな言語としては、以下が挙げられます。

(1)Excel(エクセル)VBA

Excel(エクセル)VBAは、Excelの処理の自動化や機能の拡張ができるプログラミング言語です。プログラミング言語のなかでも比較的シンプルな構文となっており、プログラミング経験がない方でも習得しやすい言語となっています。 また、事務職などExcelに馴染みがある方にとってもおすすめです。


Excel(エクセル)VBAについては、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「事務職のプログラミング習得はExcel VBAがおすすめ!習得メリットも解説

(2)Python

Pythonは、データ活用やAI開発などでも用いられるプログラミング言語であり、近年急速に需要が増えています。「分かりやすさ」や「書きやすさ」が重視されているプログラミング言語であり、初心者でも学びやすくなっています。


Pythonについては、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「50代から副業でプログラミングを学ぶならPythonがおすすめ その理由は?

(3)RPA

RPAとは、パソコンの操作を人間の代わりにロボットが行うツールを指します。RPAはノーコードのため、学習ハードルは低めです。また、まだ使える人も少数であるため、習得することで差別化が図れるおすすめのスキルであるといえます。


RPAについては、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「50代会社員のリスキリングには、RPAの資格(PowerAutomate/UiPath/WinActor)が転職にもフリーランス・副業にもオススメ

(4)HTML・CSS・JavaScript

HTML・CSS・JavaScriptは、ウェブサイト制作やウェブデザインなどに用いられるプログラミング言語です。一般的なプログラミングに比べると難易度は低く、初心者でも習得しやすくなっています。


HTML・CSS・JavaScriptについては、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「未経験からでも大丈夫!50代からウェブデザインの勉強をはじめよう

(5)WordPress

WordPressは、CMSと呼ばれる簡単にサイトやブログを構築できるサービスの一種であり、世界的に高いシェアを誇っています。現在ではあらゆる企業や個人がサイトやブログを運営しているため、WordPressを扱える人材の需要は高いといえるでしょう。


WordPressについては、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「50代初心者のプログラミングは需要の高いWordPressがおすすめ!

プログラミングの習得方法 

プログラミングの習得にあたっては、まずはファイル保存・整理など基本的なPC操作を覚えることが前提となります。そのうえで、プログラミング・ITの全体像を書籍などを通じて理解し、作りたいものを作りながらプログラミングを学んでいくことが効果的です。


プログラミングの習得方法については、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「【中高年向けプログラミング勉強法】まるで体験レッスン!勉強手順とおすすめの教材紹介を具体的に解説

プログラミングスクール

学習方法としておすすめなのはプログラミングスクールに通うことです。 独学でも不可能とまでは言いませんが、IT未経験となると、PythonやJavaScriptといったプログラミング言語学習に辿り着くまでにやらなければならないことも多いです。そのため、独学の場合は自発的に根気よく学習し続けられる方でなければ難しいのが実情です。

50代の今からプログラミングスクールに通うのは気が引けるという方もいらっしゃるかもしれません。 しかし人生100年時代といわれる現代。リンダ・グラットン氏の著書『ライフ・シフト』にあるように、職業人生の途中で学び直しの時期が必要になってきます。   人生100年時代において50歳はまだまだ中間地点。ようやく日本でもリスキリングという言葉が頻繁に聞かれてるようになっています。 実際、プログラミングスクールに通う中高年やシニアも増えています。

プログラミングスクールに通えば学習が習慣化しやすく、つまずく部分が出てきても先生やチューターに質問しすぐに解決できるため、結果的に独学と比べ短期間でプログラミングを習得しやすくなります。

メンター・家庭教師

メンター・家庭教師に相談することも有効な手段です。メンター・家庭教師であればマンツーマン指導を受けられるため、自分のレベルに合わせたカリキュラムで学習できます。たとえば、メンタやココナラなどのサービスを利用すれば、コスパ良く個別指導を受けられるでしょう。


メンター・家庭教師については、以下の関連記事も併せてご確認ください。


関連記事:「50代向けプログラミング個別指導:スクールなら「見守り型」マンツーマン、コスパならメンタ・ココナラがおすすめ

コミュニティ・もくもく会

プログラミングを独学で学ぶのは不安という方も多いでしょう。そこで活用したいのがコミュニティやもくもく会(みんなで黙々とゆるく自習する集まりのこと)です。


コミュニティやもくもく会を利用すれば、同じ目的で頑張っている人や指導熱心な人に会えることも多いので、情報収集やモチベーション維持のために活用するとよいでしょう。

プログラミングの習得期間

プログラミングの習得期間は、目指すレベルや現在のスキルによって大きく異なるため、一概に定義することはできません。そのうえで、たとえば「50代未経験からでもプログラミングで副業はできる?」の章でも触れたとおり、専業プログラマーになるためには一日4時間以上勉強しても平均で17ヶ月かかるという調査結果が出ています。

一方で、たとえば「副業で月1万円稼ぎたい」というレベルであれば、1ヶ月以内に達成できる場合もあるでしょう。独学ではなくスクールなどを活用すれば、初心者でも短期間で成果を出すことは可能です。

プログラミングを副業にするプロセス

ここでは、プログラミングを副業にするプロセスについて、3つの段階に分けて解説します。

3段階で考えよう!

(1)第1段階 今持っているスキルで副業する

まずは今持っているスキルで副業を始めることが効果的です。現在の勤務先で事務や経理、営業、企画などを行っている方は、それらの職種を活かしてみるとよいでしょう。たとえば、経理担当の方であれば、週3から働ける経理事務として在宅で月給5万円~10万円程度を稼ぐことも可能です。

(2)第2段階 今のスキル+ITのスキルで差別化する

次に、今のスキル+ITのスキルで差別化を図りましょう。たとえば、経理+ITを組み合わせれば、会計ソフトへのデータ入力作業を効率化するためのツール作成などが可能です。ITスキルを組み合わせることで、週3勤務でも月給10万円~20万円程度を目指せます。

(3)第3段階 ITスキルだけで稼げるようになる

ITスキルを高めていけば、いずれはITスキルだけで稼ぐこともできます。たとえばRPAスキルを磨くことで、RPAローコード開発支援などができるようになるでしょう。ITスキルを習得すれば、完全在宅で月給20万円以上を実現することも可能です。

副業案件の見つけ方

キャリアを活かして仕事を見つける

前述の通り、50代の皆さんの最大の武器は今まで築かれてきたキャリアです。学んだプログラミングを現業でも活かしつつ、実績と実務経験を自社内で積み重ねてください。 そして少しずつ社外の仕事にも挑戦してみましょう。

社外案件の探し方はスキルマッチングサービスや複業人材紹介サービス、そして知人の紹介も活用してください。   履歴書にプログラミングのスキルが記載されていれば、多くの候補者の中でも目に留まる可能性が一気に高まります。

クラウドソーシングで案件を獲得する

フリーランスのエンジニアが副業案件を探す場合、クラウドソーシングを利用することが一般的です。クラウドソーシングでは比較的簡単で低単価なものから難易度が高く単価も高いものまで様々な案件が並んでいます。  

発注する側はその人の実績と案件の内容を見比べて仕事を任せられるかどうかを判断するため、自社内の案件やサンプルサイト等であったとしても制作実績があるというのは大きな強みになります。  

そしてクラウドソーシングにおける仕事獲得では最初から大きな案件を狙わず、小さな案件をコツコツと重ねて信頼と評価を獲得しましょう。そうすると次第に案件が取りやすくなりますので、徐々に大きな案件にチャレンジしてください。

まとめ

プログラミングは、50代にとってもおすすめの副業です。プログラミングであれば在宅でも働くことができ、定年後も年齢に関わらず高収入を得るチャンスがあります。50代は長年培ってきた業界・職種の知識があるため、それらの知識とプログラミングを組み合わせることでさまざまな課題解決ができる可能性があります。

50代がプログラミングを学ぶ際は、まずは基本的なPC操作やプログラミング・ITの全体像を理解することが重要です。そのうえで、作りたいものを作りながら実践的にプログラミングを学んでいく方法がおすすめできます。

プログラミングを副業にする際は、今持っているスキルで副業を始めながら徐々にITスキルを組み合わせて差別化し、いずれはITスキルだけで稼げるようになることが理想です。プログラミングの副業で早く成果を出したい方は、プログラミングスクールやメンター・家庭教師など専門家の力を借りることも有効な手段となるでしょう。

50代の副業にはプログラミングがおすすめです。プログラミングであれば在宅かつ定年後でも働くことができ、高収入を得るチャンスがあります。また、長年培ってきた業務経験とプログラミングを組み合わせることで、さまざまな課題解決を図ることも可能です。

50代がプログラミングを副業にしていくためには、まずは今持っているスキルで副業を始め、次に今のスキル+ITのスキルで差別化をしていきましょう。そしてITスキルが高まるにつれ、ITスキルだけでも稼げるようになる可能性もあります。

短期間のうちにプログラミングの副業で成果を出したい方は、プログラミングスクールやメンター・家庭教師、コミュニティなどのサービスを利用することも検討するとよいでしょう。