国も補助金で支援する社会人の学び直し。有効活用すれば最大で費用の70%が支給される可能性も。

無料電話相談はこちら


お気軽にお電話ください

080-4364-8185 (代表直通)

※時間帯により取れない場合もございますが、その場合必ず折り返しさせて頂きます。
※非通知不可 ※営業のお電話はご遠慮ください。

国も補助金で支援する社会人の学び直し。有効活用すれば最大で費用の70%が支給される可能性も。

社会人学び直し 社会人の学び直しを国が補助金制度を作ってまで支援しています。みなさんがビジネスで活躍していくために、学び直しは必須です。上手に補助金制度を活用していきましょう。

個人の学び直しに補助金があると聞きました。できるだけ経済的に進めたいですが、どのような補助金がありますか。

現在では社会人として前線で活躍し続けていくためには学び直しが必須です。国も社会人の学び直しを支援していて、大幅な額を補助してくれる制度があります。

補助金を出すほど社会人に学び直しが必要な理由

学業を終えて仕事をしている社会人。そこに公的なお金を投じてまで学び直しを支援するには理由があります。「勉強は好きではない」という方もいらっしゃると思いますが、その理由を知れば学び直しをしないわけにはいかない、現代の事情がお分かりいただけると思います。

長寿命化と雇用の延長

国が補助金を出してまで社会人の学び直しを支援する理由の一つ目は、長寿命化とそれに伴う雇用の延長です。医療の進歩や生活環境の改善により日本人の寿命は延びており、人生100年時代とも言われています。長寿命化すれば当然高齢者の医療費や年金など社会保障にかかる金額が大きくなります、そのため、年金の支給を段階的に遅らせ、代わりに定年を延長する政策が取られています。ビジネスで使われている技術やトレンドは変わっていきますので、長く働くということは、新しいものにも対応していかないといけないということです。ここに社会人の学び直しの必要性が出てきます。

技術進展や社会変化のスピードアップ

学び直しが推奨されているのは若い人でも一緒です。これには技術の進展の高速化、それに伴う社会変化のスピードアップが要因として挙げられます。ITの世界では技術の進展にかかるムーアの法則が知られています。この法則はアメリカ・インテルのゴードン・ムーア氏が提唱したもので、半導体回路の集積密度がおよそ1年半~2年で2倍となるという法則です。半導体回路の集積密度は半導体の性能と言い換えて差し支えありません。半導体の性能向上に伴い、IT関連技術もどんどん高度化していき、それは私たちの生活を変えていきます。最近まで大学や大学院で学んでいた人でも、社会に出て数年経てば新しいことが増え、改めて学びなおす必要が出てきています。

国が実施している教育訓練給付金制度

このように技術の進展が早くなり、社会人の学び直しが必要不可欠なものとなっている時代に合わせて、厚生労働省では教育訓練給付金制度を実施しています。主体的に能力開発やキャリア形成をしようとする人を国が支援する制度で、現在に通用するスキルの習得は同時に雇用の安定と就職の促進に繋がります。

社会人の学び直しを支援するための補助金制度

教育訓練給付金制度では、厚生労働省が現在のビジネスの世界で活躍するために必要と考えるスキルを得られる講座を指定し、その講座を修了すると受講にかかった費用の一部が支給されるものです。一度受講者本人が受講費用を支払う必要がありますが、きちんと指定講座を修了すれば、後で支給される制度です。指定講座のジャンルや種類が豊富なことも特徴の一つです。

補助金をもらえるのは3パターン:3つの教育訓練

教育訓練にはそのレベルや目的に照らして「専門実践教育訓練」「特定一般教育訓練」「一般教育訓練」があります。

専門実践教育訓練

中長期的なキャリア形成に資するスキルを身につける目的を持って行うものが対象となります。支給割合は教育訓練の中で最大の受講費用の50%(年間上限は40万円)となっています。至急は教育訓練期間中に半年ごととなっています。また、教育訓練によって資格を取得し、訓練を修了してから1年以内に雇用(雇用保険の被保険者)された場合、受講費用の20%が追加で支給されます。よって最大で受講費用の70%が支給されます。対象となるのは業務独占資格などを取得する講座、これから必要とされるデジタルスキルに関する講座などです。大学/大学院/専門学校等の課程も対象となっています。

特定一般教育訓練

こちらは速やかな再就職や早期のキャリア形成に資するスキルを身につける目的を持って行うものが対象となります。最大で受講費用の40%(上限は20万円)が教育訓練を修了した後に支給されます。対象講座の例としては、業務独占資格などを取得する講座やデジタルスキルに関する講座となっています。

一般教育訓練

一般教育訓練は雇用の安定・就職の促進に資することを目的としたものが対象となります。支給額は最大で受講費用の20%(上限は10万円)と専門実践教育訓練や特定一般教育訓練に比べると少額ですが、仕事の合間を縫って無理なく進められる講座が多いことが特徴です。英語検定など語学に関する資格取得を目指すもの、簿記検定など経理の仕事に関する資格取得を目指すもの、ITパスポートなどデジタルスキルの基礎を証明する資格取得を目指すものなどが対象です。 教育訓練の詳細は厚生労働省のウェブサイトをご覧ください。

自治体が社会人の学び直しを支援する例も多数

近年ではデジタルスキルの重要性が広く認識されていることから、補助金ではありませんが、自治体が無料または非常に安価な価格で講座を開催しています。皆さんのお住いの都道府県にも見られるかもしれません。いくつか例を掲載しますので、お住いの自治体で探してみて下さい。

東京都デジタル人材育成支援事業

東京都では未経験からITエンジニアを目指す人に無料の講座を開講しています。スタンダードコースとしてはプログラミングコースとITインフラコース、ハイエンドコースとしてはアプリケーション開発コースとITインフラ・クラウドコースがあります。対象は現在休職中で35歳以下(原則)となっています。受講後は職業紹介があり、IT関連企業の正社員採用を目指します。

宮崎県地域密着型IT人材育成プログラム

宮崎県では県内企業のIT人材不足解消を目的として、現在求職中または離職中の方を対象として、オンラインでのITスキル習得の講座を開講しています。PCの基本操作やワードの使い方といった初歩的な講座から、PythonやPHPなどのプログラミングを学ぶ上級コースまで揃っています。会社説明会やインターンシップといった就職支援も受けることができ、県内企業への就職を目指します。 世の中の様々な変化についていくためには、社会人になってからの学び直しが必須の時代と言え、国レベルで補助金制度を作り支援しています。当スクールでもIT/デジタルスキルなどの学び直しを支援しています。国や自治体と異なり、当スクールの大きな特徴と言えるのは、サラリーマンとしてのキャリアアップだけでなく、起業やフリーランスとしての独立の道も支援していることです。 いきなり独立というと身構えてしまうかもしれませんが、まずは月5万稼ぐを目標に小さなステップからスタートされる生徒様も多くいらっしゃいます。デジタルスキルの学び直しや起業/フリーランスに興味がありましたらぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。

オンライン無料カウンセリング

あなたの過去のご経験、現在の状況、将来のご希望をお伺いした上で、 学習方法とカリキュラムをご提案させていただきます。 客観的かつ誠実にアドバイスをさせていただきます 強引な勧誘は一切いたしません。

【50代のためのプログラミングスクール】45歳以上の中高年・シニア 教育訓練給付制度等セカンドキャリア支援まとめ
次に読みたい
【50代会社員のセカンドキャリア】希望のキャリアを実現するための準備や支援とは?

セカンドキャリアとは「第2の人生におけるキャリア(職業)」を意味する言葉です。もとはスポーツ選手が…

無料e-book プログラミングの学び方 セカンドキャリアでの稼ぎ方

セカンドキャリアに活かすためのプログラミング学習方法や、未経験でプログラミングで在宅で稼ぎたい中高年のためのアドバイスなどをじっくり解説した1冊。